JR東日本・JR北海道、E5系・H5系に車内荷物置場 - 訪日外国人旅行者に対応

JR東日本とJR北海道は9日、訪日外国人旅行者の増加にともなう手荷物の大型化を踏まえ、北海道・東北新幹線の車両H5系・E5系に車内手荷物置場を新設すると発表した。7月1日から順次導入し、2018年2月頃までに全車両の設置を完了する。

J東日本提供によるE5系・H5系車内荷物置場イメージ(画像左)と北陸新幹線E7系車内荷物置場の現況(同右)

荷物置場が設置されるのはE5系・H5系の2・4・6・8号車と9号車(グリーン車)デッキスペース。いずれも対象となる号車の一部座席を撤去し、荷物置場を設ける。

JR東日本は秋田新幹線E6系の13・15・17号車と11号車(グリーン車)デッキスペースにも荷物置場を新設すると発表している。2018年2月頃から順次導入し、8月頃までに全車両への導入を完了する予定。新幹線車内の荷物置場は、JR東日本・JR西日本が2015年から北陸新幹線E7系・W7系に同様の方法で設置している。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事