「鉄道」最新記事一覧

国内外の鉄道の最新ニュース・コラムを紹介します。

関連キーワード

ヘッドライン

「SLやまぐち号」35系客車は「ココがすごい!」鉄道ライター4人に聞いてみた

JR西日本が山口線新山口~津和野間で運行している「SLやまぐち号」に35系客車を投入し、9月2日から運行開始した。登場時から話題となり、多くの鉄道ファンらにとって魅力的に映ったかもしれない。今回は本誌でも執筆中の鉄道ライター4名を対象に、35系客車の「ココがすごい!」と思うところについて聞いてみた。

[07:00 9/24]

西鉄9000形車内で「プラレール」企画も - 「にしてつ電車まつり」10/15開催

西日本鉄道は10月15日、西鉄天神大牟田線の筑紫車両基地で「にしてつ電車まつり」を開催する。24回目となる今年は、3月に運行を開始した新型車両9000形の車内にて「プラレール」で遊ぶ新企画(小学生以下対象で事前応募制)も。当日は検車場を除くすべての工場施設を開放し、係員による解説やパネルによる説明も実施される。

[21:15 9/23]

阪神電気鉄道「鉄道の日 はんしんまつり」11/3開催、過去最大7,000名を招待

阪神電気鉄道は11月3日、尼崎車庫などにて「鉄道の日 はんしんまつり 2017」を開催する。阪神電車に関するさまざまな体験ができるイベントで、尼崎車庫での開催は今回が5回目。毎回好評のミニ阪神電車の運転や電車との綱引き・連結作業体験、洗車機通過体験など、体験型イベントを数多く設けている。

[20:40 9/23]

京阪電車寝屋川車両基地「ファミリーレールフェア」開催、"電車と綱引き"も

京阪ホールディングスと京阪電気鉄道は10月15日、京阪グループ利用者感謝イベント「ALL KEIHAN サンクスフェスタ」の一環で、京阪電車寝屋川車両基地にて「ファミリーレールフェア 2017」を開催する。沿線在住の家族に楽しんでもらうとともに、京阪電車および京阪グループに対する理解を深めてもらうことを目的に開催される。

[20:15 9/23]

京阪電気鉄道、快速特急「洛楽」秋に「プレミアムカー」連結8000系で運行へ

京阪電気鉄道は10月7日から11月26日までの土曜・日曜・祝日に「秋のおでかけダイヤ」を実施する。「秋のおでかけダイヤ」は秋の行楽シーズンに合わせて実施され、午前の京都方面へ向かう時間帯に淀屋橋発出町柳行の臨時快速特急「洛楽」を2本、午後の大阪方面への帰宅時間帯に出町柳発中之島行の臨時特急を2本、それぞれ増発する。

[20:03 9/23]

「小田急ファミリー鉄道展 2017」10月に開催 - ロマンスカーの車内見学会も

小田急電鉄は10月21・22日の2日間、海老名駅に隣接する海老名電車基地と商業施設「ビナウォーク」にて「小田急ファミリー鉄道展2017」を開催する。小田急グループの利用者へ感謝の気持ちを込めて年に一度開催されるイベントで、今年で17回目の開催となる。毎年、約3万人の来場者があるという。

[10:29 9/23]

鉄道トリビア 第423回 京王電鉄の新型車両5000系、駅間で停電しても自力走行できる

京王電鉄は9月29日から、京王線の新型車両5000系の営業運転を開始する。傾斜した先頭車、伝統色だったアイボリーを使わない車体、クロスシートに転換できる座席など、ひと目で斬新なコンセプトとわかる。そして床下にも画期的な装置が搭載されている。それは蓄電池だ。電車なのに蓄電池。5000系は電気と電気のハイブリッド電車だ……。

[10:00 9/23]

JR東日本「ARIGATO 107系引退記念入場券」10/7発売 - 定期運行は9月で終了

JR東日本高崎支社は、通勤形電車107系の定期運行を今月限りで終了することを受け、「ARIGATO 107系引退記念入場券」を10月7日に発売する。台紙には同車両のプロフィールを掲載するとともに、入場券の券面に各路線を走る107系の写真を配した。高崎駅で発売され、なくなり次第、販売終了となる。

[18:57 9/22]

JR西日本が「ゴルゴ13特別展」とコラボ、大阪環状線の駅にパロディポスター

JR西日本は21日、大阪文化館・天保山で10月6日から開催される「連載50周年記念特別展 さいとう・たかを ゴルゴ13」(ゴルゴ13特別展)に合わせ、大阪環状線の5駅に『ゴルゴ13』のパロディポスターを掲出すると発表した。パロディポスターはその駅や周辺の街に潜む漫画の主人公・ゴルゴを描いたデザインとなる。

[18:49 9/22]

JR西日本、D51形復活運転に合わせ「全国SLサミット in やまぐち」11月開催

JR西日本は21日、全国で運行されているSLとその沿線の魅力を発信する「全国SLサミット in やまぐち」を11月23~26日に開催すると発表した。蒸気機関車D51形が復活運転を果たす11月25日は、新山口駅構内で記念式典を開催。SLの主要停車駅で沿線地域によるおもてなしも実施する。

[18:34 9/22]

JR西日本子会社、電柱を直接つかむ「電柱ハンドリング車」タダノと共同開発

JR西日本グループの西日本電気システムは20日、電柱を直接つかむハンドリング技術を採用した新たな電柱建替車「電柱ハンドリング車」を導入すると発表した。タダノとの共同開発によるもので、国内の電柱建替車に同技術が採用されるのはこれが初めて。道路と線路の両方を走行することができ、作業箇所まで自走移動して電柱建替作業を行う。

[17:58 9/21]

「南海電車まつり」10/28開催「めでたいでんしゃ」初登場 - 臨時直通列車も

南海電気鉄道は「鉄道の日」記念行事として、千代田工場を一般開放する「南海電車まつり 2017」を10月28日に開催する。今年はピンクの車体で鯛をイメージした「めでたいでんしゃ」が初登場。鯛や海のイメージで統一した車内の様子も見学できる。当日は難波駅から会場まで、8300系による臨時直通列車も運行される。

[17:35 9/21]

西武秩父駅から臨時「SLパレオエクスプレス」10月も運行 - 乗車券9/25発売

西武鉄道は9月25日7時から「臨時SL列車 乗車券」を発売する。秩父鉄道の協力の下、10月21・22日の2日間にわたり、西武秩父線西武秩父駅から発車する臨時「SLパレオエクスプレス」に乗車できる乗車券となる。当日は西武秩父駅から秩父鉄道線内を走行し、三峰口駅で折り返して終点の長瀞駅に至る。

[16:36 9/21]

JR東日本、上越新幹線開業35周年で「とき」「Maxとき」の50%割引商品を発売

JR東日本は上越新幹線開業35周年を記念し、列車・席数・区間限定の50%割引商品を発売する。「えきねっとトクだ値」では「お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき)」、「モバイルSuica特急券」では「スーパーモバイルSuica特急券スペシャル(スーパーモバトクスペシャル)」の商品名で発売される。

[16:17 9/21]

京王電鉄「高尾線開通50周年記念乗車券」発売・スタンプラリーなど記念企画

京王電鉄は19日、高尾線が10月1日に開通50周年を迎えることを記念し、記念乗車券発売やスタンプラリー実施などの記念企画を実施すると発表した。記念乗車券は北野駅・京王片倉駅・山田駅・めじろ台駅・狭間駅・高尾駅から大人140円区間のB型硬券乗車券6枚と、北野~高尾山口間のD型硬券往復乗車券(子供)1枚のセットで、1セット1,000円。

[21:26 9/20]

JR山手線E235系、メガネに - JINS・総合車両製作所コラボ第2弾、先行発売も

ジンズは20日、JINSと総合車両製作所とコラボした「電車の素材から生まれたアイウエア」第2弾となる「E235系×JINS made in SABAE」モデルを発表した。11月9日の発売(数量限定)に先立ち、10月7~8日に東京・日比谷公園で開催される「第24回鉄道フェスティバル」にJINSが出展し、各日200本の先行発売を実施する。

[19:33 9/20]

相鉄線二俣川駅全面リニューアル、駅ビル低層階と一体化した商業施設も整備

相模鉄道は19日、全面リニューアル工事を進める二俣川駅の完成後の概要を発表した。既存駅舎の上部に2階層増築して4階建てとし、商業エリアを整備。駅前に整備される「COPRE 二俣川」商業棟の2~5階部分と駅の商業エリアを連絡通路でつなぎ、一体化した商業施設「JOINUS TERRACE 二俣川」としてオープンさせる。

[18:02 9/20]

東京メトロ「東西線早起きキャンペーン」は9/25から - 今後は通年で実施へ

東京メトロは19日、東西線における朝ラッシュ時間帯の混雑緩和対策の一環として冬季・春季に実施してきた「東西線早起きキャンペーン」について、9月25日から通年で実施すると発表した。当面の実施期間は2018年3月31日までの平日とされ、2018年4月以降も継続してキャンペーンを実施する予定としている。

[17:31 9/20]

JR東北本線黒磯~新白河間、10/14ダイヤ改正から日中の普通列車は気動車に

JR東日本が10月14日に実施するダイヤ改正(上野東京ライン・常磐線・東北本線などが対象)で、東北本線黒磯駅以北の区間は一部列車を除き、新白河駅で乗換えが必要な輸送体系に変更される。黒磯~新白河間の普通列車は現行ダイヤより下り・上り2本ずつ減便され、日中時間帯を中心に半数近くが気動車による運行となる。

[17:18 9/20]

鉄道ニュース週報 第88回 モニターツアー23時間で完売 - 大きく育て! 北海道の観光列車

「北海道にも周遊観光列車を」という構想の下、日本旅行がモニターツアーを企画した。9月15日15時に発売したところ、2泊3日コースは20分で完売、1泊2日コースは翌日14時までに完売となった。モニターツアーのため低価格という要素もあるとはいえ、このスピード感は北海道の鉄道旅行人気を裏づけている。

[10:00 9/20]

東武動物公園駅西口の駅名「子供祭り駅」に! ももクロ玉井詩織がやって来た

東武スカイツリーライン東武動物公園駅西口の駅名が、9月19日から10月18日まで「ももいろクローバーZ」(ももクロ)のライブイベント「子供祭り 2017」にちなみ、「子供祭り駅」に変更される。東武動物公園駅では9月19日、ももクロのメンバーの玉井詩織さんが登場し、「子供祭り駅」駅名看板設置記念イベントが開催された。

[21:33 9/19]

京阪特急「鳩マーク」現行3000系にも - 車体前面に液晶ディスプレイを設置

京阪電気鉄道の車両3000系の前面デザインが一新され、京阪特急のシンボル「鳩マーク」や快速特急「洛楽」の文字・マークを表示する液晶ディスプレイと装飾灯が設置された。「テレビカー」の愛称でも親しまれた旧3000系から8000系へ受け継がれた「鳩マーク」が、現行の3000系でも使用されることになった。

[19:43 9/19]

京王電鉄の新型車両5000系、デビュー前に試乗「京王らしくない」走りを体感

台風の接近する中、若葉台駅4番線ホームに悠然と入線したのは、9月29日から営業運転を開始する京王電鉄期待の新型車両5000系。9月17日に試乗会が行われ、一般の参加者らが多数乗車した。この5000系は走りのなめらかさという点で優れていると感じる。いままでの京王線の車両からは想像もできない走りだ。

[07:00 9/19]

JR東日本「Kenji」編成で仙台~気仙沼間の直通臨時快速列車、10~11月運行

JR東日本仙台支社・盛岡支社は13日、仙台~気仙沼間で10~11月にかけて直通臨時快速列車を運行すると発表した。車両はキハ58系「Kenji」編成(3両編成)で定員130名。運行日は10月9・10・17・18日と11月3・4・10・11日の計8日間。仙台~気仙沼間を東北本線・大船渡線経由で1日1往復運転し、途中駅には停車しない。

[05:04 9/19]

伊豆箱根鉄道が創立100周年 - 西武多摩川線開業100周年とコラボ企画を実施

伊豆箱根鉄道は10月4日から、西武鉄道とコラボレーションした企画電車を運行する。伊豆箱根鉄道は、前身となる駿豆鉄道が事業を継承してから今年で創立100周年。同じ西武グループである西武鉄道が運営する西武多摩川線武蔵境~白糸台間も10月22日に開業100周年を迎えることから、両社のコラボによる企画電車の運行を決定した。

[16:34 9/18]

西武鉄道「多摩川線開業100周年」イベント開催 - 伊豆箱根鉄道とのコラボも

西武鉄道は29日から「多摩川線開業100周年」のイベントなどを開催する。多摩川線武蔵境~白糸台(旧北多磨)間が10月22日に開業100周年を迎えるにあたり、9月29日から12月31日まで「多摩川線開業100周年期間」とした。期間中はオリジナルヘッドマーク(シール)を付けた電車を3編成運転するほか、さまざまなイベントを実施する。

[16:24 9/18]

西武安比奈線「休止」から約54年「廃止」から約3カ月 - 廃線跡の周辺を行く

今年6月1日、西武鉄道は安比奈線の鉄道事業を廃止したとニュースリリースで告知した。1963(昭和38)年に休止となり、復活への期待感が高まった時期もあったが、今年5月31日をもって正式に廃止となった。休止から約54年。廃止から約3カ月。安比奈線の現状は、どうなっているだろうか。

[08:00 9/18]

京王電鉄5000系、新型車両の試乗会を開催 - 若葉台駅から多摩動物公園駅へ

京王電鉄は17日、新型車両5000系の試乗会を実施した。試乗会の列車は若葉台駅から相模原線・京王線経由で多摩動物公園駅まで走行。車内では「鉄道BIG4」としても知られる岡安章介さん(ななめ45°)、南田裕介氏らによるトークイベントも行われた。新型車両5000系は9月29日から京王線を中心に通常列車で営業運転を開始する。

[16:05 9/17]

日本旅行、道北・道東方面を訪ねる観光列車モニターツアー - 10月以降実施

日本旅行と日本旅行北海道は、道北・道東を周遊する観光列車によるモニターツアーを実施すると発表した。JR北海道の協力により運行する観光列車に貸切バスを組み合わせ、鉄道から離れた見どころも訪ねる企画とする。北海道が実施する観光列車旅行者動向調査事業の一環で、日本旅行はツアーの企画・催行と旅行者動向調査を道から受託した。

[20:39 9/16]

東京メトロ、綾瀬車両基地を11/12一般公開 - 1万5,000人を招待、新規出展も

東京メトロは11月12日、綾瀬車両基地を一般公開するイベント「メトロファミリーパーク in AYASE」を開催する。事前応募制で、1万5,000人を招待する。今年は新規出展として、普段は絶対に見られない「電車のおなか」が見られる「激撮! 電車VR体験」や、ドラえもんと一緒に楽しむ「すすメトロ! 検定」のブースが登場する。

[20:18 9/16]

鉄道 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (旅と乗りもの>鉄道>鉄道)

鉄道 トップへ
国内外の鉄道の最新ニュース・コラムを紹介します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事