「新幹線」最新記事一覧

全国の主要都市を結ぶ新幹線の最新ニュース・コラムを紹介します。

関連キーワード

ヘッドライン

JR発足30周年スペシャルツアー「カシオペア」をEH500形が牽引 - 10/18発売

JRグループは17日、JR発足30周年記念「JR7社共同企画 スペシャルツアー」について発表した。観光列車コース「24の列車で繋ぐ じっくり日本列島縦断10日間」(12月5日出発)、新幹線コース「新幹線で行く 日本列島縦断3日間」(12月15日出発)が企画され、ともに発売日は10月18日。インターネットまたは電話にて予約を受け付ける。

[19:03 10/17]

鉄道ニュース週報 第92回 北海道新幹線札幌駅に再び地下ホーム案、いつまで揉めるつもりか

2031年(2030年度末)に開業予定の北海道新幹線札幌延伸について、いまだに札幌駅のホームの位置が決まらない。一度は現駅隣接案、現駅東側案の2案に絞ったものの、どちらも難ありと判明し、新たに地下駅案が浮上した。費用と利便性のせめぎ合い。どちらも必要だけど、最も欠けている要素は「リーダーシップ」ではないか。

[07:00 10/17]

JR北海道、北海道新幹線50%割引「お先にトクだ値スペシャル」期間限定発売

JR北海道は北海道新幹線が50%割引となる「お先にトクだ値スペシャル」を期間限定で発売する。通常7,260円の新青森~新函館北斗間は3,620円となる。「お先にトクだ値スペシャル」の設定期間は11月20日から12月25日まで。列車・席数・区間限定で運賃・料金が50%割引となる。

[18:32 10/13]

「JR東海鉄道倶楽部」通販サイトOPEN! 新幹線700系の座席に乗務員用時計も

JR東海は11日、鉄道用品販売サイト「JR東海鉄道倶楽部」の開設を発表した。10月12日から商品の販売を開始。サイト開設時には、東海道新幹線で活躍した700系の運転台椅子(8万円)、グリーン車座席(8万円)、行先表示器字幕(4万5,000円)といった車両部品のほか、運転士や車掌が常務時に使用した乗務員用腕時計(1万5,000円)などが販売される。

[16:13 10/12]

JR東日本30周年イベント「現美新幹線」「とれいゆ つばさ」大宮駅で展示も

JR東日本は3日、会社発足30周年を記念して11月に実施するイベントの概要を発表した。「第17回みんな集まれ! ふれあい鉄道フェスティバル」を皮切りに、芸術鑑賞ができる「GENBI SHINKANSEN」と足湯付きの「とれいゆ つばさ」をそろって大宮駅で展示するイベントなど、4つのイベントを首都圏で順次開催する。

[18:50 10/5]

JR東海N700S「デュアル スプリーム ウィング形」車体&客室モックアップ公開

JR東海はこのほど、次期新幹線車両N700Sの先頭車両の車体と客室モックアップ(実物大模型)を報道関係者らに公開した。先頭車はN700系シリーズの先頭形状を進化させた「デュアル スプリーム ウィング形」を採用。前照灯は拡大され、新幹線では初となるLEDライトが採用される。2018年3月にN700Sの確認試験車が完成予定となっている。

[06:00 10/4]

JR東海N700S、次期新幹線車両に新型台車・パンダグラフ - 2018年3月完成へ

JR東海は28日、次期新幹線車両N700Sに採用する新技術のうち、新たに検証が完了した「高性能と軽量化を追求した新型台車」と「集電性能向上と省メンテナンスを実現した新型パンタグラフ」のおもな内容を発表した。N700Sは2018年3月の完成に向け、準備が進められている。

[20:08 9/29]

鉄道ニュース週報 第89回 「SLばんえつ物語」新潟駅乗入れ終了!? 在来線ホーム高架化で

2018年春にJR新潟駅の在来線ホームの一部を高架化し、新幹線と在来線特急列車の同一ホーム乗換えが実現する。これはとても便利だ。しかし、この高架化を理由に、JR東日本は「SLばんえつ物語」の新潟駅乗入れを終了する方針だという。新潟市長は新潟駅乗入れ継続を要望していると報じられた。その新潟市長に話を聞いてみた。

[07:00 9/27]

JR東日本、上越新幹線開業35周年で「とき」「Maxとき」の50%割引商品を発売

JR東日本は上越新幹線開業35周年を記念し、列車・席数・区間限定の50%割引商品を発売する。「えきねっとトクだ値」では「お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき)」、「モバイルSuica特急券」では「スーパーモバイルSuica特急券スペシャル(スーパーモバトクスペシャル)」の商品名で発売される。

[16:17 9/21]

軍事とIT 第209回 特別編・地震観測技術と核実験監視の関係

北朝鮮が2017年9月3日に、通算6回目となる核実験を実施した。核実験があると、核爆発のエネルギー収量について推定値が出回るが、その際にマグニチュードの値もついて回る。マグニチュードといえば、普通は地震が起きたときに出てくる数字である。

[11:30 9/9]

JR東海「国宝新幹線」団体専用臨時列車を運行「国宝応援プロジェクト」参画

JR東海は4日、「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンの秋の企画として、「国宝応援プロジェクト」に参画すると発表した。団体専用臨時列車「国宝新幹線」を運行するほか、京都国立博物館で開催される特別展覧会「国宝」展に向けて、大手旅行会社各社を通じて各種旅行商品を展開する。

[13:51 9/5]

金沢市に続け! 石川県加賀市が一丸となって新幹線誘致プロジェクトを始動

石川県加賀市は8月28日、プロジェクトムービー「加賀市新幹線対策室 Season1」を、同市「東京2023加賀プロジェクト」サイトにて公開した。同市では、2023年に控える北陸新幹線の延伸に伴って、同市加賀温泉駅への新駅誘致をはかるべく加賀市新幹線対策室を設置。市役所・市民が一丸となって取り組む新幹線誘致プロジェクトを発足した。

[17:27 8/30]

東海道・山陽新幹線向けの新たなネット予約サービス「スマートEX」9/30開始

JR東海・JR西日本はこのほど、東海道・山陽新幹線の新しいネット予約&チケットレス乗車サービス「スマートEX」を9月30日から開始すると発表した。手持ちのクレジットカードと交通系ICカードを登録すればすぐに利用でき、簡単な操作で東海道・山陽新幹線の指定席を予約できる。年会費もかからないという。

[18:37 8/29]

「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」10月の土休日限定、全線1日乗り放題!

JR西日本は9月1日から「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」を枚数限定で販売する。JR西日本全線の新幹線・特急・普通列車の普通車自由席のほか、JR西日本宮島フェリー、智頭急行線、IRいしかわ鉄道線(金沢~倶利伽羅間)、あいの風とやま鉄道線(倶利伽羅~市振間)、えちごトキめき鉄道線(市振~糸魚川間)も1日乗り放題となる。

[19:12 8/28]

JR各社、お盆含む夏季期間の利用状況は? 「山の日」含む3連休に多くの利用

JRグループ6社は18日、お盆期間(8月10~17日)を含む夏季期間(7月21日から8月17日まで)の新幹線・在来線の利用状況について発表した。JR北海道を除く5社が下りのピーク日を8月11日(東海道新幹線は8月10日)と発表するなど、「山の日」を含む3連休にとくに多くの利用があったという。

[18:23 8/18]

鉄道なんでもアンケート 第6回 新幹線の座席、一番人気は「指定席の2人席(窓側)」4割近くが選択

お盆が近づき、帰省や旅行で新幹線を利用するという人も多いのではないだろうか。新幹線の車内で快適に過ごすためには、座席選びも大事なポイント。窓側か通路側か、あるいは指定席か自由席かで悩む人もいるかもしれない。今回はマイナビニュース会員422名に「新幹線に乗車する際、最もよく選ぶ座席」はどこか聞いてみた。

[07:00 8/6]

JR東日本「上越新幹線開業35周年記念号」10/14運行、新潟駅から車両基地へ

JR東日本新潟支社は上越新幹線開業35周年を記念し、E2系による旅行商品専用団体臨時列車を10月14日に東京~新潟間で運行する。団体臨時列車は「上越新幹線開業35周年記念号」の列車名で、東京駅を7時28分に発車。9時35分に新潟駅に到着した後、ツアー参加者を乗せたまま当日一般公開している新潟新幹線車両センターまで走行する。

[18:30 8/4]

JR北海道「北海道新幹線ちょい乗りパック in 木古内」函館駅から気軽に往復

JR北海道函館支社は、函館~木古内間で北海道新幹線と道南いさりび鉄道の乗り比べができる旅行商品「北海道新幹線ちょい乗りパック in 木古内」を発売した。北海道新幹線と道南いさりび鉄道への乗車がセットとなり、「はこだてライナー」を利用すれば函館~新函館北斗~木古内間を三角形のようなルートで一巡することが可能だ。

[18:05 8/4]

JR東海、東海道新幹線の車両検修データ管理システムを2019年4月にも統合へ

JR東海は2日、東海道新幹線における車両検修データを管理する2つのシステム(仕業検査・交番検査・台車検査を管理するシステムと全般検査を管理するシステム)を2019年4月にも統合すると発表した。統合後は車両の走行中に得られるデータに加え、車両に関するすべてのデータも一元的に管理する。

[19:45 8/3]

JR東海、東海道新幹線の車内でヤマハ「おもてなしアプリ」実証実験を開始へ

ヤマハとJR東海はこのほど、ヤマハが開発したスマートフォン向けアプリ「おもてなしガイド」を活用した多言語対応サービスの実証試験について、従来の東海道新幹線駅構内に加えて東海道新幹線車内でも開始すると発表した。自動放送を対象とした実験をN700系2編成で実施し、その他の一部列車で肉声放送を対象とした実験を行う。

[19:24 8/3]

JR東海が「総合研修センター」で親子向け1日体験研修特別ツアー - 10月開催

JR東海は「親子で楽しむ新幹線」企画の一環として、運転士や車掌の養成などを行う総合研修センター(静岡県三島市)での1日体験研修を10月28・29日に開催する。各旅行会社から旅行商品として発売される。総合研修センターでは、新幹線・在来線の両方に関する見学と体験が可能。参加者にはツアー限定の研修終了証をプレゼントする。

[19:16 8/3]

新幹線アナウンスをアプリで多言語翻訳する実証実験 - ヤマハ

ヤマハと東海旅客鉄道は8月2日、 ヤマハ「おもてなしガイド」を活用した多言語対応サービスについて、一部の東海道新幹線車内で実証試験を行うと発表した。アプリケーション「おもてなしガイド」をダウンロードして使用することで、日本語のアナウンスの内容を、スマートフォンなどの画面に日本語を含めた多言語に翻訳された文字で表示する。

[11:00 8/3]

鉄道なんでもアンケート 第5回 新幹線・特急列車の移動、乗車時間の目安は? 9割が4時間以内選ぶ

旅行などで移動する際の交通手段として、新幹線や特急列車を利用する人も多いと思うが、乗車時間の目安はどのくらいだろうか。乗車時間が短すぎるとつまらないと感じてしまうし、長すぎても退屈してしまうかもしれない。今回はマイナビニュース会員422名に「新幹線や特急列車を利用する際の乗車時間」について質問してみた。

[07:00 7/30]

JR東日本「現美新幹線」初、新潟県外で営業運転 - 大宮~新潟間を10/8運行

JR東日本新潟支社は27日、秋の新潟観光キャンペーンに合わせ、「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」を大宮駅から新潟駅まで運行すると発表した。「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」が新潟県外で営業運転するのは今回が初めてだという。運転日は10月8日で、大宮駅9時38分発・新潟駅11時24分着の片道のみ、旅行商品専用列車として運行される。

[19:04 7/28]

JR東日本、北陸新幹線「あさま」で50%割引のインターネット限定商品を発売

JR東日本は7~9月の信州デスティネーションキャンペーン開催、10月1日の北陸新幹線高崎~長野間の開業20周年を記念し、50%割引のインターネット限定商品を発売する。50%割引商品は「えきねっとトクだ値」「モバイルSuica特急券」にて、列車・席数・区間限定で発売。対象列車は東京発3本・長野発3本の計6本となる。

[18:43 7/28]

JR東日本、秋田新幹線7/29始発から全面運転再開「こまちリレー号」7/28まで

JR東日本は26日、秋田県内の集中豪雨の影響により、大曲~秋田間で運転見合わせとなっていた秋田新幹線の全面運転再開日について発表した。奥羽本線(在来線)大曲~秋田間の臨時快速「こまちリレー号」は7月28日まで運転され、7月29日始発から秋田新幹線「こまち」が東京~秋田間での運転を再開する。

[19:21 7/26]

JRグループ、お盆の指定席予約状況 - 東京発の新幹線下り、8/11午前に混雑

JRグループは26日、お盆期間(2017年8月10~17日の8日間)の指定席予約状況を発表した。7月25日の時点で、JR旅客6社合計の予約可能席数767万席(新幹線539万席・在来線229万席。四捨五入の関係で合計の数値が合致しない場合あり)に対し、予約席数291万席で前年比110%とのこと。予約ピーク日は下りが8月11日、上りが8月15日とされている。

[18:20 7/26]

【特別企画】ローカル線から最新LRTまで、鉄道ファンをくすぐる台湾の旅

日本からの海外旅行先で人気の台湾に、鉄道ファンも注目している。日本の鉄道風景に近く、車両や駅弁も魅力たっぷり。最近は博物館など見どころも多く、海外遠征の第1歩として選ぶ“乗り鉄”も多いようだ。そこで、台湾の鉄道を楽しめる3つのエリアを紹介しよう。

[11:30 7/25]

JR西日本、会社発足30周年で新幹線も使える乗り放題きっぷや記念駅弁発売へ

JR西日本の7月定例社長会見にて、会社発足30周年の取組みが発表された。お得なきっぷや記念駅弁の発売、各車両所の公開に合わせた記念イベントなどを予定している。JR西日本エリアで使える乗り放題きっぷも発売予定で、新幹線や特急列車も含めて1日乗降り自由となり、価格は1万円程度になるという。

[19:13 7/21]

JR西日本、北陸・東北新幹線金沢~仙台間で団体用直通新幹線 - 10月に運行

JR西日本金沢支社は、北陸新幹線・東北新幹線を大宮駅での乗換えなしで結ぶ団体用直通新幹線を10月に運転すると発表した。金沢~仙台間にて、仙台行・金沢行を1本ずつ運行する予定となっている。10月23日の金沢発仙台行、10月25日の仙台発金沢行ともにE7系での運転となる。

[13:51 7/20]

新幹線 バックナンバー

2017年
2016年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (旅と乗りもの>鉄道>新幹線)

新幹線 トップへ
全国の主要都市を結ぶ新幹線の最新ニュース・コラムを紹介します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事