ソネット、PostPetの「モモ」がプリントされた専用WiMAX対応機器を販売

ソネットエンタテインメントは、同社の提供するモバイル接続サービス「So-net モバイル WiMAX」の専用WiMAX対応機器の販売を開始した。

モバイルルータタイプの「AtermWM3500R」、ホームルータタイプの「AtermWM3400RN」、USBタイプの「AtermWM3200U」の3機種、合計6モデルを提供(3機種ともにNECアクセステクニカ製)。AtermWM3500Rは16,800円、AtermWM3400RNは14,800円、AtermWM3200Uは9,800円で提供する。3機種ともに、So-net モバイル WiMAXを新規に申し込んだユーザーを対象に販売する。

なお、モバイルルータタイプのAtermWM3500Rは、厚さ14. 8mm、重さ約120gとコンパクトなボディが特徴。最大約8時間の連続通信が可能なほか、同時に最大8台のWi-Fi機器を接続できる。カラーバリエーションは、既存のプラチナブラック、シルキーホワイト、マーズレッドに加えて、同社オリジナルの「モモピンク」の4色で展開。モモピンクは、マスコットキャラクターであるPostPetの「モモ」がプリントされた特別仕様となっている。

AtermWM3500Rのモモピンク

なお同社では4月30日まで、So-net モバイル WiMAXを新規で申し込み、同時にWiMAX対応機器を購入したユーザーを対象にキャンペーン実施。機器購入費を無料にするほか、月額利用料を初月無料、さらに11カ月間3,590円(通常4,200円)で提供する。

このほか同社では、複数の接続サービスの優先順位を設定して接続できるソフトウェア「WiWiSwitch(わいわいスイッチ)」をSo-net会員向けに無料で提供する。

WiWiSwitchの利用イメージ

WiWiSwitchは、利用場所で接続可能なモバイルサービスを検知し、あらかじめ設定した優先順位に応じて自動的に接続・切替を行うソフトウェア。PostPetのモモをモチーフとしたデザインが特徴で、キャラクターの動きが変化したり、接続先に応じて背景画像が変わったりする。対応OSはWindows XP/Vista/7。同社Webサイトからダウンロード可能。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事