「イヤホン」最新記事一覧

ソニー、BOSE、JBL、Beats、Shureなど、人気のイヤホン情報。ノイズキャンセリングイヤホンやBluetoothモデルも多数。スマートフォンのお供に。

関連キーワード

ヘッドライン

Bluetooth 5.0に対応、1万円で買える完全ワイヤレスイヤホン「WINGS」

ロア・インターナショナルは11月21日から、クラウドファンディングサイトMakuakeにて、Bluetooth 5.0に対応した完全ワイヤレスイヤホン「WINGS(ウィングス)」の先行販売を開始した。正式な発売日は、2018年1月を予定。販売価格は9,800円(税込)だが、Makuakeの先行販売では早割で、先着100人のみ7,840円(税込)で購入できる(2017年11月21日15時現在、残り73人)。

[15:11 11/21]

ラディウス、新構造のドライバを採用したハイレゾ対応イヤホン

ラディウスは11月20日、ハイレゾ対応イヤホン「HP-NX100」を発表した。発売は11月24日。価格はオープンで、推定市場価格は19,980円前後(税別)。HP-NX100は、新開発した直径11mmの「RAF構造ドライバー」を搭載したダイナミック型イヤホン。RAF構造は、ダイナミックドライバの後方にチャンバーを設け、振動板の不要な振動を抑える構造だ。

[14:15 11/20]

ソフトバンクの完全ワイヤレスイヤホンは、値段と機能がちょうどいい良品

11月15日、ソフトバンク コマース&サービスは、同社が2016年より展開しているスマホ向けオーディオブランド「GLIDiC(グライディック)」の新製品発表会を開催。完全ワイヤレスイヤホンの「Sound Air TW-5000」と有線イヤホン「SE-9000HR」の2製品を発表しました。実際に製品も試してきたので、その使用感などを交えてレポートしたいと思います。

[15:37 11/16]

フィリップス、小粋なネックバンド型ワイヤレスイヤホン

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは11月14日、フィリップスブランドより「Flite(フライト)」シリーズ初となるネックバンド型ワイヤレスイヤホン「SHB4205」を発表した。発売は11月下旬。価格はオープンで、推定市場価格は8,000円前後(税別)。12.2mmのネオジムドライバーを搭載し、中音域から低音域までをバランスよく再生できるとうたうワイヤレスイヤホン。

[18:18 11/14]

ローランド、Audioflyの防沫対応Bluetoothイヤホン「AF100W」を発表

ローランドは、同社が輸入および販売を行っている豪州Audiofly(オーディオフライ)のBluetoothイヤホン「AF100W」を11月17日に発売する。価格はオープン、市場想定売価は税込で16,000円前後となる模様。

[16:08 11/8]

ソニー、ワイヤレスイヤホンみたいな集音器 - テレビ用スピーカーにもなる

ソニーがネックバンドスタイルのワイヤレスイヤホンみたいな“集音器”「SMR-10」を11月25日に発売する。価格はオープンだが、35,000円前後で販売される見込みだ。SMR-10がどんな製品なのか、オーディオ・ビジュアル的な用途も含めて紹介しよう。

[13:00 11/7]

秋のヘッドフォン祭 2017で見つけた気になる新製品まとめ

11月3日・4日、東京・中野サンプラザで秋のヘッドフォン祭 2017が開催された。本稿では、会場で見つけた気になる展示をまとめて紹介する。すべてのブースが熱気に包まれていたが、中でも注目を浴びていたのがオンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンのブース。12月中旬に発売が予定されているハイレゾプレーヤー「rubato DP-S1A」の音をいち早く体験できるとあって、試聴を希望する人がひっきりなしに訪れていた。

[14:27 11/6]

秋のヘッドフォン祭 2017 - 新しいイヤホン、吟味するなら今かも!

秋はオーディオ業界が一層賑わう季節。イヤホンやヘッドホンをそろそろ買い換えようかな……とお思いの方、吟味するなら今この時期がオススメです。なんてったって、話題の新作が目白押しですから!11月3日・4日の東京・中野サンプラザでは「秋のヘッドフォン祭 2017」が開催されています。リスニング体験を変える、運命の一台と出会えるチャンスかもしれませんよ。この記事では、会場で見つけた気になる新製品を写真で紹介します。

[15:48 11/3]

ドンキ、「情熱価格」で完全ワイヤレスイヤホンが5,980円

ドン・キホーテは11月2日、プライベートブランド「情熱価格」の新たなラインナップとして、「完全ワイヤレスイヤホン - 充電式専用ケース付属」(DZBES-100-D)を発表した。発売は11月6日で、価格は5,980円(税別)。Bluetoothのバージョンは4.2、対応コーデックはSBCとAACだ。連続再生時間は最大約2.5時間だ。

[15:48 11/2]

JVC、K2技術でワイヤレスでも高音質なヘッドホン&イヤホン

JVCケンウッドは11月2日、「N_W」(エヌダブ)レーベルのワイヤレスヘッドホンとして、SOLIDEGEシリーズのオーバーヘッド型「HA-SD70BT」とネックバンド/カナル型「HA-FD70BT」、XXシリーズのネックバンド/カナル型「HA-FX99XBT」を発表した。いずれも高音質化技術「K2 TECHNOLOGY」に対応する。HA-SD70BTは11月下旬、HA-SD70BTとHA-FX99XBTは11月上旬の発売を予定している。

[13:01 11/2]

JVC、ノズル交換で音を追求できるハイクラスイヤホン「SOLIDEGE 01」

JVCケンウッドは11月1日、ハイクラスヘッドホンシリーズ「CLASS-S」の第4弾として「SOLIDEGE 01 inner(HA-FD01)」と「SOLIDEGE 02 inner(HA-FD02)」を発表した。両製品ともフルステンレスボディと新開発のD3ドライバーユニットを採用。MMCXコネクタ装備によりケーブルの交換が可能だ。推定市場価格はHA-FD01が40,000円前後、HA-FD02が28,000円前後(いずれも税別)。発売は11月下旬を予定している。

[16:35 11/1]

Klipschからネックバンドが本革のBluetoothイヤホンなど3機種

フロンティアファクトリーは10月26日、米Klipsch(クリプシュ)のイヤホン3機種を発表した。ネックバンド型Bluetoothイヤホン「R5 Neckband」は希望小売価格13,800円(税別)で、発売は11月末。有線イヤホン「Reference R6 II」は希望小売価格9,800円(税別)、「Reference R6i II」は希望小売価格12,800円で、どちらも発売は11月2日。3機種とも、パッケージにはKlipschが特許を持つ、S、M、Lサイズの楕円形シリコンイヤーチップを同梱した。

[19:38 10/26]

購入するイヤホンのリモコンが動くかどうか不安です!? - いまさら聞けないAndroidのなぜ

多種多様な候補から自分好みの端末を選択でき高度なカスタマイズが可能、それがAndroidの魅力であり強みです。しかし、その自由度の反面わかりにくさを指摘されることも少なくありません。このコーナーでは、そんな「Androidのここがわからない」をわかりやすく解説します。今回は、『購入するイヤホンのリモコンが動くかどうか不安です!?』という質問に答えます。

[17:23 10/25]

サムスン、単体でも音楽が聴けるBluetoothイヤホン「Galaxy Gear IconX」

サムスン電子ジャパンは10月19日、4GBメモリを内蔵し、単体での音楽再生も可能なフィットネス向けのBluetoothイヤホン「Galaxy Gear IconX」を発表した。ウォーキングやランニング時のペースを音声により知らせてくれるコーチングプログラム機能を搭載する。11月1日に発売し、価格はオープン、推定市場価格(税別)は25,000円前後。

[19:51 10/19]

ヤマハ、"ワイヤレスでも有線でも高音質"を目指したヘッドホンなど2機種

ヤマハは10月18日、Bluetoothでのワイヤレス再生に対応するヘッドホン「HPH-W300」とイヤホン「EPH-W53」を発表した。11月下旬より順次発売する。価格はオープンで、推定市場価格(税別)は「HPH-W300」が27,800円前後、「EPH-W53」が16,800円前後。いずれも11月上旬より、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、e☆イヤホン、ヤマハ銀座店にて先行試聴できる。

[19:34 10/18]

ゼンハイザー、12万円のフラッグシップイヤホン「IE 800 S」など5製品

ゼンハイザージャパンは10月12日、フラッグシップイヤホン「IE 800 S」やヘッドホン新製品「HD 660 S」などの新製品を発表した。発表された製品は、「IE 800 S」「GSP 303 Need for Speed Paybackエディション」「MOMENTUM Free」「HD 660 S」「IE 80 S」の5製品。発売日は機種によって異なるが、10月26日から11月中旬にかけ順次。

[22:27 10/13]

ゼンハイザー、aptX LLに対応した小型ワイヤレスイヤホン「MOMENTUM Free」

ゼンハイザージャパンは10月12日、プレミアムシリーズ「MOMENTUM」のワイヤレスイヤホン「MOMENTUM Free」を発表した。発売は11月中旬。価格はオープンで、推定市場価格は24,000円前後(税別)。2017年夏に発売したネックバンド型ワイヤレスイヤフォン「MOMENTUM In-Ear Wireless」の後モデル。ネック部分に仕様変更を加え、さらにaptX LLコーデックにも対応した。

[13:23 10/13]

JBL、日常を彩るカラフルでPOPなワイヤレスイヤホン

ハーマンインターナショナルは、JBLのカナル型ワイヤレスイヤホン「T110BT」を発表した。発売は10月20日。価格はオープンで、直販価格は3,380円(税別)。ブラック、ホワイト、ピンク、ブルー、グリーン、グレーの全6色から、ファッションやライフスタイルに合わせて選べるエントリーモデルのワイヤレスイヤホン(ピンクとグリーンは11月発売)。密閉型で、8.6mmのダイナミックドライバーを搭載している。

[15:20 10/11]

オーディオテクニカから、オープンエアの理想を究めたヘッドホンなど意欲作が続々

オーディオテクニカは10月5日、2017年度新製品発表会を開催。オープンエアヘッドホンのトップエンド「ATH-ADX5000」など多数の新製品を披露した。2017年の新製品は、オープンエア(開放型)のトップエンドに位置付けられる「ATH-ADX5000」以外は、Bluetooth対応製品が中心。広報宣伝課 マネージャー 松永貴之氏は、ヘッドホン市場におけるBluetooth製品の割合が年々高まっていること、10代・20代のヘッドホン利用率の高さを引き合いにしたうえで、Bluetooth市場への取り組みを推進する方針を説明した。

[16:41 10/6]

JVCケンウッド、耳にフィットしやすい12gの防滴Bluetoothイヤホン

JVCケンウッドは5日、JVCブランドより、Bluetoothイヤホンのエントリーモデル「HA-EB7BT」を発表した。10月中旬より発売する。価格はオープンで、推定市場価格は4,000円前後(税別)。

[19:55 10/5]

Googleのワイヤレスイヤホン「Pixel Buds」は40カ国語を話す通訳者?

Googleは10月5日、ワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds」を発表した。価格は159ドル。米国、カナダ、英国、ドイツ、オーストラリア、シンガポールにて11月に発売する。日本での発売は、まだアナウンスされていない。イヤホンを、Googleのスマートフォン「Google Pixel」シリーズと接続すると、翻訳機能「Google Translate」が使える。Google Translateが相手の言葉をリアルタイムで翻訳し、イヤホンから翻訳後の音声が流れてくる。

[17:14 10/5]

ヤマハ、3種類の装着スタイルを楽しめるハイレゾイヤホン「EPH-200」

ヤマハは4日、ハイレゾ再生に対応するカナル型イヤホン「EPH-200」を発表した。11月下旬より発売する。価格はオープンで、推定市場価格は25,000円前後(税別)。EPH-200は、2011年に発売されたイヤホン「EPH-100」の上位モデル。ドライバーが耳穴の深くまで入る構造となっており、外耳道内での音の反射を抑制、ピュアでバランスの取れた音質を楽しめる。

[17:54 10/4]

LUNA SEAのギタリスト・INORANとのコラボイヤホン

アユートは9月28日、日本のロックバンド、LUNA SEAのギタリスト・INORANとコラボレーションしたイヤホン「ME03 INORAN EDITION」を発表した。500台の限定生産で、発売は2017年秋。価格はオープン、推定市場価格は19,800円(税込)。まずINORANファンクラブにて先行予約を受け付け、続いて一般予約の受付けを開始する。予約の開始日や発売日については、後日公開される予定だ。

[12:08 10/4]

ERATO社の完全ワイヤレスイヤホン「VERSE」、Apollo7の弟分

バリュートレードは9月28日、米ERATO社のマイク付き完全ワイヤレスイヤホン「VERSE」を発表した。発売は10月6日。価格は14,800円(税別)。世界最小クラスのサイズ(全長約16.5mm)で、片側の重さは約4.5g。2016年9月に発売した完全ワイヤレスイヤホン「Apollo7」の下位モデルに相当する。連続再生時間は最大3時間だ。

[21:04 9/28]

ボーズ、スポーツに使える完全ワイヤレスイヤホン「SoundSport Free」

ボーズは9月26日、完全ワイヤレスイヤホン「SoundSport Free」を発表した。価格は27,000円(税別)。カラーバリエーションを2種類を用意した。トリプルブラックは11月17日、ミッドナイトブルー×イエローシトロンは12月1日に発売する。重量は片方9g、サイズはW25×H32×D30mmとなっている。

[16:26 9/27]

モダニティ、完全ワイヤレスイヤホン「EARIN M-2 Black」を発売延期

モダニティは9月25日、完全ワイヤレスイヤホン「EARIN M-2 Black」の発売を延期すると発表した。発売は9月下旬の予定だったが、11月上旬となる。遅延の理由は、8月下旬に中国南部地域を襲った台風により、EARIN M-2の金属加工と電子部品の製造を行う工場が被害を受け生産が遅れているため。

[16:29 9/25]

シュア・ジャパン、遮音性に優れたワイヤレスイヤホン3機種

シュア・ジャパンは9月19日、ワイヤレスイヤホン3機種を発表した。価格はオープンで、推定市場価格は「SE215 Wireless」および「SE215 Special Edition Wireless」が18,380円(税別)、「SE112 Wireless」が12,800円(税別)。発売は10月13日で、10月5日から予約を受けつける。

[17:55 9/20]

Beats、「Solo3 Wireless」と「BeatsX」にiPhone 8とマッチする新色

Beats by Dr. Dreは、iPhone 8シリーズとマッチするヘッドホン / イヤホンの新色として、「Beats Solo3 Wireless」と「BeatsX」のマットゴールドモデル、マットシルバーモデルを発売した。「Beats Solo3 Wireless」は、Bluetoothによるワイヤレス再生に対応したオンイヤーヘッドホンで、価格は29,800円(税別)。

[20:25 9/14]

エレコム、耳を研究しフィット感を追求した約1,500円のイヤホン

エレコムは9月12日、フィット感を追求したイヤホン2機種を発表した。発売は9月下旬。価格はオープンで、推定市場価格はAV機器用の「EHP-CN800A」が1,480円(税別)、マイクを搭載したスマホ用の「EHP-CN800M」が1,980円(税別)だ。カラーはブラック、ピンク、ホワイトの3色を用意した。

[18:10 9/12]

e☆イヤホン、創業10周年を記念した特別仕様のハイブリッドイヤホン

e☆イヤホンは9月7日、創業10周年を記念し、「KINERA」シリーズの「Bd005E」をベースに開発した「KINERA Bd005E Red e☆イヤホン 10th anniversaryモデル」を発売した。500台の限定販売で、価格は5,480円(税込)。

[13:58 9/8]

イヤホン バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

このキーワードについて (スマホとデジタル家電>サウンド / オーディオ>イヤホン)

イヤホン トップへ
ソニー、BOSE、JBL、Beats、Shureなど、人気のイヤホン情報。ノイズキャンセリングイヤホンやBluetoothモデルも多数。スマートフォンのお供に。

人気記事

一覧

新着記事