アドビは12月1日、創業40周年、日本法人設立30周年を記念して記者発表会を開催した。1982年にAdobe Systemsが設立され、1985年にページ記述言語「Adobe PostScript」を発表したのを皮切りに、「Adobe Illustrator」や「Adobe Photoshop」など、DTP関連のアプリケーションを次々とリリースし、市場を築き上げた。

その後、買収や市場の拡大に取り組み、現在は「Adobe Creative Cloud」「Adobe Document Cloud」「Adobe Experience Cloud」と3つのクラウドサービスを主力製品としている。

代表取締役社長の神谷知信氏は、同社の歴史を振り返りながら、「当社にとって、2012年にCreative Cloudをサブスクリプションモデルに切り替えたことが転換期となった。それまでは数年に一度アプリケーションのアップデートを行っていたが、サブスクモデルになったことで、アップデートを年に数回行って、お客さまに常に新しいアプリを提供できるようになった」と語った。

  • アドビ 代表取締役社長 神谷知信氏

神谷氏は、同社のビジョン「心、おどる、デジタル」を紹介し、このビジョンを実現するための施策を3つのクラウド事業に分けて説明した。3つのクラウド事業のうち、「Document Cloud」がここ2、3年で最も伸びているという。

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら