ワークライフバランスを意識していなくても、仕事とプライベートの境がなくなっていく言われている現在、自分なりのバランスを見出す時代だ。英国のクリエイティブ/コミュニケーション業界向けコミュニティサイトLittle Black Book(LBB)が「Autonomy Is Crucial to Striking a Great Work / Life Balance」として、ある企業の取り組みを紹介している。

ワークライフバランス、ウェルビーイングという言葉をよく目にするようになった。背景の1つがリモートワークの広がりだろう。リモートワークで充実感を感じている人もいれば、仕事と私生活のバランスが崩れた人もいるだろう。改めて働くとはどういうことかを再考するきっかけになった、という人も多いのではないか。

オフィス勤務に戻ったという場合でも、リモートである程度の業務が進むことが証明されたことで、リモートを組み合わせたハイブリッドワークに向かうと言われている。雇用主側も、マネジメントの点から対面を望む一方で、従業員の意向を受けて自社なりのハイブリッドワークの姿を模索しているところも多いのではないか。

リモートでは上司の"監視の目"がない一方で、いつまででも働くことができる。Slackの通知音はあなたが休憩しているかどうかに関係なく、メッセージが入れば鳴る。オフィスなら席を外していない人に話しかけることはできない。だがバーチャルでは可能だ。

やるべきことはきちんとやりつつ、働き方を柔軟にして、生活も楽しむためにはどうすればいいか。

記事では、ベルギーのアニメーション企業Volstokの幹部の意見を紹介する。この企業では、以下のようなルールを取り入れているという。

  • 全社員がミーティングを入れない日を1日設ける
  • 週休3日にして従業員が私用の用事を済ませることができるようにする
  • 継続的に顧客とやり取りしていない従業員はメールのチェックを1日2~3日にする
  • 従業員は就業時間中にエクササイズしてもよく、そのための許可を得る必要はない
  • 従業員には"リーチされない権利"がある(すぐに応答しなくてもよい)
これらを見ると、この企業では、従業員は指示待ちではなく、主体的に働くことを想定しているといえる。

ワークライフバランスのためには自律性が必要とこの会社の幹部は説明する。従業員が自分の時間を管理するという考えに基づくと、"9時から5時"の考え方は時代遅れにも感じる。業務を少なめにする日、業務を多めにやる日とメリハリをつけるのもその人自身、その代わり自分の業務はこなす、という考え方だ。

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら