日本IBMはこのほど、メディア向けに同社の戦略と注力エリア、今後の展望についてラウンドテーブルを開催し、米国本社からシニア・バイスプレジデント グローバル・マーケッツ担当のロブ・トーマス氏が出席した。

AIとハイブリッドクラウドがIBMの重点戦略

冒頭、トーマス氏は「IBMは日本に進出して85年になりますが、日本市場、日本のお客さまはIBMの戦略上、非常に重要な存在であり、イノベーションの大きな焦点となっています。量子コンピューティングの市場導入について、いくつかの発表をご覧になった方もいらっしゃるでしょう」と同社による日本へのコミットメントを述べた。

  • 米IBM シニア・バイスプレジデント グローバル・マーケッツ担当のロブ・トーマス氏

    米IBM シニア・バイスプレジデント グローバル・マーケッツ担当のロブ・トーマス氏

続けて、同氏は「現在、IBMの戦略はハイブリッドクラウドとAIに重点を置いています。この2つは、過去10年、おそらく今後10年ほどは最大のトレンドとテクノロジーだと考えており、IBMはこれらの分野に大規模な投資を続けていくつもりです」と話した。

3年前のコメントを掲出するのも憚られるが、「IBM Think 2019」においてトーマス氏はAIに関して以下のように発言している。

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら