連載

2018/02/06 10:00:44

SS-520ロケット5号機現地取材

- PR -

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2月3日、内之浦宇宙空間観測所からSS-520ロケット5号機を打ち上げる。昨年(2017年)1月に打ち上げた4号機は、第1段モーターの燃焼中に通信が途絶、技術実証に失敗していた。5号機は前回発生した不具合への対策を施しており、再度、世界最小クラスのロケットによる超小型衛星の軌道投入に挑む。

連載一覧

第3回 実験は成功、民生品の活用で小型ロケットの低コスト化に弾みが付くか
第2回 打ち上げを実施!- 全長わずか10mのロケットが衛星の投入に成功
第1回 前回のリベンジなるか? 対策を施し、超小型衛星の打上げに再挑戦