サービスだけじゃない! Googleにはハードウェアも

Googleといえば、真っ先に出てくるのはWeb検索エンジンサービスだ。続いてWebブラウザの「Chrome」やスマートフォンの普及によって誰でも使っているものとなった「Gmail」などが挙げられるだろう。

ビジネスユーザーにとっては「G Suite」も魅力だろう。メール、共有カレンダー、クラウドストレージ、Officeアプリケーション、Webミーティングツールといったビジネスの基礎ツールが全て詰まっているものだけに、近年、企業はもちろん、教育機関などでの導入も増えている。

Googleといえばソフトウェアやサービスの会社、と思っている人も少なくないかもしれない。しかし実際は、コンシューマー向けにスマートフォン「Pixel」シリーズや、家庭での声によるコントロールができるスマートスピーカー「Google Home」を提供しているように、ハードウェアも多彩に用意している。そのなかには、ビジネスユーザーにとって魅力的なものもたくさん用意されているのを知っているだろうか。

G Suiteユーザー必見の「一歩先へ行く」ための3アイテム

  • 「Chromebook」「Hangouts Meet ハードウェア」「Jamboard」

    「Chromebook」「Hangouts Meet ハードウェア」「Jamboard」

ビジネスユーザー向けのGoogle製ハードウェアの多くは、G Suiteの利用を前提としている。単にGoogleの技術力がつぎ込まれたハードウェアというだけでなく、インターネットに接続し、G Suiteと連携させることで効果を発揮する端末なのだ。G Suiteユーザー企業として、一歩先へ行くためのアイテムともいえるだろう。

そんなハードウェア群のなかで、特に注目して欲しいのが「Chromebook」、「Hangouts Meet ハードウェア」、「Jamboard」という3点だ。これらを利用することで外出先や家でも安全かつスムーズに業務を進めたい、遠隔地を接続した快適なミーティングや活発な議論を推進したいといった、昨今の企業ニーズを満たすことができるからだ。

Chromebook・Hangouts Meet ハードウェア・Jamboard

それぞれについて、どんなものなのかを簡単に紹介しておこう。

まず「Chromebook」は、クラムシェル型端末で、一見普通のノートPCのようにも見えるエンドユーザー向け端末だ。OSとしてWindowsではなくGoogle独自の「Google Chrome OS」を搭載したG Suite連携専用端末で、迅速さ、高い安全性といった魅力を持つだけでなく、複数人での同一端末共用なども柔軟にこなす力を持っている。しかもハードウェアとしては、一般的なノートPCに比べてかなり安価だ。

  • ASUS Chromebook Flip C434TA (14型)

    ASUS Chromebook Flip C434TA (14型)

「Hangouts Meet ハードウェア」は、「Hangouts Meet」を会議室で利用するための専用ハードウェアセットとなっている。高解像度の映像、鮮明な音声、簡易な操作性で快適なビデオ会議を実現。従来の会議室設置型Web会議システムに比べると安価に導入できるのも魅力だ。

  • テレビ会議システム:Hangouts Meet ハードウェア

    テレビ会議システム:Hangouts Meet ハードウェア

「Jamboard」は、「Hangouts Meet ハードウェア」と組み合わせるかたちで利用したいツールだ。「コラボレーション デジタル ホワイトボード」と呼ばれる大型タッチディスプレイを利用し、手書きでぐいぐい文字や図を描いたり消したりして、直感的操作できるのに、クラウドから画像を呼び出して貼り付けたりもできる。デジタルホワイトボードともいえるアイテムだ。

  • 電子ホワイトボード:Jamboard

    電子ホワイトボード:Jamboard

G Suiteに組み合わせたい専用ハードウェア群

どれも使い方が明確で、実際に使いやすい。導入したものの使いこなせないということがないのもポイントだろう。サードパーティ製のアイテムを組み合わせて同じような使い方ができないわけではないが、使ってみればさすが専用ハードウェアと納得できるものばかりだ。

本連載では、そんなChromebook、Hangouts Meet ハードウェア、Jamboardという3つのハードウェアに焦点をあて、それぞれの基本的な機能と使い方を解説する予定だ。さらに各ハードウェアがG Suiteと連携することによって生み出される価値についても紹介したい。

監修:原口 豊(はらぐち・ゆたか)

大手証券会社システム部に在籍後、1998年、サテライトオフィス(旧ベイテックシステムズ)を設立。2008年、いち早くクラウドコンピューティングの可能性に注目し、サービスの提供を開始。G Suite(旧名:Google Apps)の導入やアドオンの提供で、これまで実績4万社以上。「サテライトオフィス」ブランドでChromebook、Hangouts Meet ハードウェア、Jamboardの普及に尽力している。

サテライトオフィス


■クラウド環境でのビジネス支援に特化したインターネットシステムソリューションベンダー■

さまざまなビジネスモデルに最適なソリューションパッケージを開発し、ユーザー目線に立った戦略の企画・提案を行っています。業界No.1の導入実績を持つG Suite(旧 Google Apps)やOffice 365、クラウドをより快適に使うためのハードウェアのChromebook、Hangouts Meet ハードウェア、Jamboardなどクラウドコンピューティングに関わるビジネスの可能性を追求しています。

●●無料活用セミナー 随時開催中!!●●

提供:サテライトオフィス

[PR]提供: サテライトオフィス