ドスパラが運営する上海問屋は、てんとう虫型のラジオコントロールキット「DN-915059」を発売した。価格は税込3,299円。

「DN-915059」の特徴は、なんといってもその"トリッキー"な挙動。ドリフトをはじめ、"てんとう虫"の可愛い見た目に反した、形容しがたい様々な動きが楽しめるとしている。リモコンで操作するリモコンモード、衝撃を感知して動く衝突感知モード、勝手に動く自動作動モードの3つを切り替えて遊ぶことができる。

本体だけでなくリモコンも組み立て式になっており、マニュアル通りに進めれば約1時間で完成。子供でも楽しんで組み立てられる、比較的容易なものになっているという。親子で作れば、達成感を共有することもできるだろう。

製品の本体サイズは、W117×H95×D150mm、重量は約100g。本体は約60分間の充電で約120分、リモコンは約60分間の充電で約30分間、動作する。なお、本体・リモコンともに充電はmicroUSBで行い、製品にはmicroUSBケーブルも同梱される。

ドスパラの担当者は、「動きがカワイイ、てんとう虫型のラジオコントロールです。ほのぼのとした見た目なだけに、いざ動かすとその速さに驚かされます! 360度自在に、小回りの利くコミカルな動きをするので、ちょっと気分転換をしたいという時には、もってこいです。その姿を見ているだけで、気持ちが癒されます」とコメントしている。

⇒てんとう虫型のラジオコントロールキット「DN-915059」の詳細はこちら

[PR]提供:ドスパラ上海問屋