「au」「povo 2.0」「UQモバイル」の違いを比較! 各プランのおすすめポイントを解説

au povo UQモバイル au

auでおなじみのKDDIは、格安プランの「povo」とサブブランドの「UQモバイル」も提供しています。ただし、それぞれ特徴が違いますので、契約がおすすめな人も以下のように変わってきますよ。

  • 毎日たくさんのデータを利用する人なら:au
  • 安さ重視なら:povo 2.0
  • 安さ&サポートの手厚さ重視なら:UQモバイル

この記事では、本家「au」とサブブランドである「UQモバイル」はもちろん、9月より提供が開始された新料金プラン「povo2.0」についても徹底比較し、違いや各プランのおすすめポイントを解説していきます。

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

SIMのみの乗り換えで
最大10,000円キャッシュバック実施中
※auまたはpovoからの乗り換えは対象外

この記事を書いた人
モバレコ 編集部

「スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に」をモットウに日々コンテンツ情報を届けている、スマホ・格安SIMの総合情報サイト「Mobareco-モバレコ」の運営者。マイナビニュースでも、毎日使うスマホについて快適に使えるようにユーザー目線に沿った情報発信を目指していきます。

モバレコ 編集部をフォローする

新型iPhone 13 シリーズ発売中

新型iPhone 13 シリーズ

スマホトクするプログラム」の適応で
32,510円~購入可能!
eSIMでの対応可
スムーズな乗り換えができます!

まずはau・povo・UQモバイルの内容をまとめて比較

au・povo・UQモバイルのサービス内容
au・povo・UQモバイルのサービス内容の違い

まずは、au・povo・UQモバイルの3つのサービスの概要を表にまとめてみました。

【サービス内容比較表】

※横にスクロールできます。

au povo UQモバイル
プラン名 使い放題MAX ピタットプラン povo 2.0 くりこしプランS くりこしプランM くりこしプランL
月間データ量 無制限 〜7GB 0GB~無制限
 
※有効期限ありのトッピング形式
3GB 15GB 25GB
月額料金 7,238円 〜1GB:3,278円
1GB超〜4GB:4,928円
4GB超〜7GB:6,578円
0GB:0円(180日間)
1GB:390円(7日間)
3GB:990円(30日間)
20GB:2,700円(30日間)
60GB:6,490円(90日間)
150GB:12,980円(180日間)
 
使い放題:330円(24時間)
1,628円 2,728円 3,828円
データチャージ 不要 0.5GB:605円
1GB:1,100円
3GB:3,300円
5GB:5,500円
0.1GB:220円
0.5GB:550円
平均通信速度※ 下り:102.75Mbps
上り:14.56Mbps
下り:62.6Mbps
上り:10.38Mbps
下り平均速度: 45.96Mbps
上り平均速度: 9.24Mbps
通話オプション 5分以内かけ放題:+880円
完全かけ放題:+1,980円
5分以内かけ放題:+550円
完全かけ放題:+1,650円
60分/月定額:+550円
10分以内かけ放題:+770円
完全かけ放題:+1,870円
家族間無料通話 あり なし なし
契約期間 2年自動更新 なし なし
解約違約金 1,100円 0円 0円
料金割引キャンペーン ・auスマートバリュー(月額最大1,100円割引/台)
・家族割プラス(月額最大2,222円割引/台)
なし ・UQ家族割(2回線目以降月額最大550円割引/台)
申し込み受け付け ・店舗(auショップ・家電量販店)
・Web
・Web ・店舗(UQスポット・家電量販店)
・Web

※価格はすべて税込
※平均通信速度:みんなのネット回線速度を参照

上記表をもとに、それぞれのサービスの特徴を表すと以下のとおりです。

【auの特徴】

  • 月間データ量無制限の音声通話プランがある
  • 通信速度が高速
  • 割引額が高額なネット回線とのセット割・家族割が使える

【povoの特徴】

  • 状況にあわせて好きなだけデータ容量を追加できる
  • 24時間限定の使い放題データ追加がある
  • 高速な通信速度を利用できる
  • 申し込みはWebのみ
  • 違約金や更新月を気にする必要なし

【UQモバイルの特徴】

  • 当月あまったデータ容量は翌月にくりこせる
  • くりこしプランM/Lであれば、データを使い切っても最大1Mbpsで利用できる
  • いつでも無料解約できる
  • サポートが手厚い

下記では、これら3つのサービスを「料金プラン」「速度」「通話オプション」「キャンペーン」の4つのポイントでより詳細に比較していきます。

au・povo・UQモバイルを【料金プラン】で比較

au・povo・UQモバイルを比較|料金プラン編
au・povo・UQモバイルを【料金プラン】で比較

【料金プラン比較表】

※横にスクロールできます。

au povo UQモバイル
プラン名 使い放題MAX ピタットプラン povo 2.0 くりこしプランS+5G くりこしプランM+5G くりこしプランL+5G
月間データ量 無制限 〜7GB 0GB~無制限
※有効期限ありのトッピング形式
3GB 15GB 25GB
月額料金 7,238円 〜1GB:3,278円
1GB超〜4GB:4,928円
4GB超〜7GB:6,578円
0GB:0円(180日間)
1GB:390円(7日間)
3GB:990円(30日間)
20GB:2,700円(30日間)
60GB:6,490円(90日間)
150GB:12,980円(180日間)
使い放題:330円(24時間)
1,628円 2,728円 3,828円
データチャージ 不要 0.5GB:605円
1GB:1,100円
3GB:3,300円
5GB:5,500円
0.1GB:220円
0.5GB:550円

※価格はすべて税込

povoは9月からスタートした「povo2.0」により、全容量が最安クラスで利用可能になりました。そのため、とにかく安くスマホを利用したいのであれば、povoがおすすめです!

ただし、povoは有効期限があるデータ量を毎回ご自身で追加しなければならず、有効期限内に使いきれなかったデータは消失してしまいます

また、有効期限が切れたりデータを使い切ったりなどして、0GBのまま180日以上全く使わないでいると、強制解約となる可能性もある点も注意が必要です。

このことから、povoは単に安さを重視したい人だけでなく、ある程度利用しているデータ量を把握できている人向けといえます。

もしデータ管理が難しいのであれば、毎月確実に最大25GBを使用できて、auよりも安い料金が設定されているUQモバイルがおすすめです。

料金はpovoより少し高くなりますが、UQモバイルはユーザーが何もしなくても毎月データチャージされますし、当月使い切れなかったデータは翌月に繰り越せるため、使いやすいですよ。

結果的に、利用データ量別におすすめのサービスを挙げると以下のとおりです。

【利用データ量別おすすめサービス】

  • 毎月たくさんのデータを利用するなら「au」
  • 安さ重視なら「povo」
  • 安さ&サポートの手厚さ重視なら「UQモバイル」

ここからは、au・povo・UQモバイルの各料金プランを解説するとともに、おすすめの人を紹介していきます。

毎日たくさんのデータを利用するなら「au」

毎日たくさんのデータを利用するなら「au」
大容量のデータが必要な人には「au」がおすすめ!
(引用元:au公式

毎日の利用量も気にせず、多くののデータを利用したい人は、auの「使い放題MAX」がおすすめです。

UQモバイルは容量に限りがありますし、povoの使い放題には24時間の時間制限があるため、毎日大容量データを消費する人には月間データ容量無制限のauが使いやすいでしょう。

また、auには、使い放題MAXに「Netflix」と「TELASA」、「amazon prime」のついたパックがあるなど、エンタメサービスと結びついたプランの豊富さが魅力です。

povoも「DAZN」と「smash.」を追加契約できますが、povoの場合、両サービスを利用できる期間に制限があるため、好きなときに好きな時間だけエンタメサービスを楽しみたい人にもauがおすすめですね。

以下では、auの使い放題MAXが最安となるケースについてシミュレーションしました。

【au「使い放題MAX」と他プランのシミュレーション】

au povo UQモバイル
プラン名 使い放題MAX povo 2.0 くりこしプランL+5G
月間データ量 無制限 無制限 30GB(基本25GB+追加5GB)
データチャージ 330円×30日間 5GB/月
 
1年間:無料
2年目~:550円
料金総額 7,238円 9,900円 1年目:3,828円
2年目:4,378円

※価格はすべて税込

povoの場合、330円でデータを無制限利用できますが、24時間以内の利用期限があるため、無制限で利用したい場合、330円/24時間のプランを30日間契約し続けなければなりません。

またUQモバイルでは、もっともデータ容量の多い「くりこしプランL +5G」を契約しても、月25GBしか利用できず、550円/月(1年間無料)の「データ増量オプション」を追加しても30GBしか利用できないため、利用量に限度があります。

このことからも、毎月大容量のデータを消費する人は、auの「使い放題MAX」がお得です!

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

安さ重視なら「povo」

20GBほどのデータ量で充分なら「povo」
安さ重視なら「povo」
(引用元:povo公式

データ使い放題以外の容量を安く契約したいなら、povoがおすすめです。

povoは新たに「povo2.0」をスタートさせ、0GB~無制限まで以下の価格で自由に容量を追加できるようになりました。

【トッピングで選べるデータ量】

  • 0GB:0円(180日間)
  • 1GB:390円(7日間)
  • 3GB:990円(30日間)
  • 20GB:2,700円(30日間)
  • 60GB:6,490円(90日間)
  • 150GB:12,980円(180日間)
  • 使い放題:330円(24時間)

※価格はすべて税込
※カッコ内の期間は各データの有効期限

各容量には有効期限があるものの、使い放題以外はどの容量を選択してもpovoが最安です。

有効期限が切れると128kbpsの低速に落ちてしまいますが、データを購入すればすぐ高速通信に戻りますので、状況に合わせてお好きな容量を追加してみましょう。

以下では、月3GB~4GBのデータ容量を例に、au、UQモバイル、povoでどれくらいの料金差が生まれるのかシミュレーションしてみました。

【povoとUQモバイルのシミュレーション】

au povo UQモバイル
プラン名 ピタットプラン povo 2.0 くりこしプランS+5G
月間データ量 1~4GB 3GB
※有効期限:30日
3GB
データチャージ
料金総額 4,928円 990円 1,628円

※価格はすべて税込

上記のように、各社の最安プランで比較してみると、povoは他社より約1,700円~4,000円も安いことがわかります

今回は最安プランで比較しましたが、povoは無制限プラン以外でも両者より安く利用できますので、安さ重視の方はpovoを選ぶとお得ですよ!

安さ&サポートの手厚さ重視なら「UQモバイル」

あまりインターネットを利用しないなら「UQモバイル」
安さ&サポートの手厚さ重視なら「UQモバイル」
(引用元:UQモバイル公式

安さだけでなく、サポートの手厚さも重視したい人にはUQモバイルをおすすめします!

前述したように、料金の安さはpovoには負けてしまいますが、povoはオンライン申し込みのみ、問合せもサイトのチャットサポートのみとなっているため、オンラインの問い合わせに慣れていない人は少々使いにくいという注意点があります。

その点、UQモバイルはオンラインだけでなく、全国のUQスポット、au Style、auショップ、家電量販店などで申し込みや相談もできるため、サポートの手厚さは強みです。

また、以下の表からもわかるとおり、料金はauより約3,000円も安く設定されていますので、料金の安さを重視したい人も十分満足できるでしょう

【povoとUQモバイル、auのシミュレーション:20~25GB】

au povo UQモバイル
プラン名 使い放題MAX povo 2.0 くりこしプランL +5G
月間データ量 無制限 20GB
※有効期限:30日
25GB
データチャージ
料金総額 7,238円 2,700円 3,828円

※価格はすべて税込

料金の安さだけでなく、店舗で安心して申し込める点や、もしものときのサポート体制も重視したい人は、UQモバイルを選んでみてください。

SIMのみの乗り換えで
最大10,000円キャッシュバック実施中
※auまたはpovoからの乗り換えは対象外

au・povo・UQモバイルを【速度】で比較!

au・povo・UQモバイルを比較|速度編
au・povo・UQモバイルを【速度】で比較!

日常的にスマホを使っていくうえで、月の料金と同じくらい重視したいのは速度ではないでしょうか。

au・povo・UQモバイルの速度だけを比較した表を見て、各ブランドでどのくらいの違いがあるのか学んでいきましょう。

【速度比較表】

au povo UQモバイル
平均通信速度 下り:102.75Mbps
上り:14.56Mbps
下り:62.6Mbps
上り:10.38Mbps
下り: 45.96Mbps
上り: 9.24Mbps

みんなのネット回線速度を参照

表を見ると、平均速度が最速なのはauで、povo、UQモバイルの順で遅くなっていることがわかります。この理由は後述しますが、povoは、auの設備をそのまま使っているため、回線の品質や速度がauと同じ回線を利用できるためです。

そのため、通信速度・安定性を求める人は「au」または「povo」がおすすめです。

au・povo・UQモバイルそれぞれにどのような特徴があるのか、見ていきましょう。

安定した速度や高速通信なら「au」「povo」

au・povo・UQモバイルはどれも同じauの回線を利用しているサービスですが、au・povoとUQモバイルでは実際の通信速度に差があります。その理由は、「auの回線をどのくらい優先して利用できるか」に違いがあるからです。

auはもちろんのこと、povoはauのプランのひとつであるため、使われる回線設備はauと同一です。auの回線をフルスペックで利用できるため、おのずと通信速度も高速です。

しかし、UQモバイルはau回線を借りてサービスを提供している格安SIMであり、au回線の一部を利用することとなるため、その分、速度も控えめになります。

また、全サービス5Gに対応していますが、5Gを活かすには十分な回線速度が必要となりますので、その点を考えてもauやpovoはおすすめですね。

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

格安SIMの速度ランキングでは「UQモバイル」が1番

auやpovoと比べ、速度が遅い「UQモバイル」ですが、実際の利用に差し障りがあるわけではなく、満足できる速度での利用が可能です。

現に、格安SIMの通信速度ランキングではUQモバイルは常に上位に位置しており、通常の利用において不足を感じることは少ないでしょう。

【格安SIM速度ランキング】

順位 キャリア 下り平均速度
1位 ペンギンモバイル 80.61Mbps
2位 LINEモバイル 63.22Mbps
3位 Links Mate 59.79Mbps
4位 日本通信SIM 58.65Mbps
5位 Y!mobile 58.29Mbps
6位 J:COM mobile 47.41Mbps
7位 IIJmio 46.96Mbps
8位 UQモバイル 45.96Mbps
9位 OCNモバイルONE 41.08Mbps
10位 mineo 33.91Mbps

※2021年9月17日時点(参照:みんなのネット回線速度

SIMのみの乗り換えで
最大10,000円キャッシュバック実施中
※auまたはpovoからの乗り換えは対象外

au・povo・UQモバイルを【通話オプション】で比較

au・povo・UQモバイルを比較|通話オプション編
au・povo・UQモバイルを【通話オプション】で比較

【通話オプション比較表】

au povo UQモバイル
通話オプション 5分以内通話かけ放題:+880円
通話かけ放題:+1,980円
5分以内通話かけ放題:+550円
通話かけ放題:+1,650円
60分/月定額:+550円
10分以内かけ放題:+770円
完全かけ放題:+1,870円
家族間無料通話 あり なし なし

※価格はすべて税込

au・povo・UQモバイルは、どれも通常の通話で30秒/22円(税込)の通話料がかかりますが、各種通話オプションをつけることで通話料を安く抑えられます。

通話オプションの料金はauがもっとも高いですが、家族間通話が無料であるのはauのみです。通話をする相手がほとんど家族だけという場合は、auのほうが通話料をお得にできます。

そのほかの面ではあまり通話オプションに大きな差はないため、どのくらいの時間・頻度で通話をするのか、通話をする相手が誰であるのかなど、自身の通話利用状況から以下のように判断するといいでしょう。

<通話オプション別おすすめサービス>

  • 家族間通話がほとんどの人は家族間無料通話がある「au」
  • 5分以内の短い通話がほとんど・通話かけ放題を安く利用したい人は「povo」
  • 毎月の総通話時間が60分以内で収まる・1回の通話時間が5〜10分程度の人は「UQモバイル」

au・povo・UQモバイルを【キャンペーン】で比較

au・povo・UQモバイルを比較|キャンペーン編
au・povo・UQモバイルを【キャンペーン】で比較

povoは他2つのサービスのようにネット回線とのセット割や家族割、端末代割引きなどのキャンペーンがありません。

【キャンペーン比較表】

au
・auスマートバリュー
 月額最大1,100円割引/台
 
・家族割プラス
 月額最大1,100円割引/台
 
・au PAYカードお支払割
 月額110円割引/台
 
・5G機種変更おトク割
 5G対象スマホの端末代から5,500円割引
 
・au Online Shopお得割
 オンラインショップで対象機種を購入すると、端末代から最大22,000円割引
 
・au Online Shop U22キャッシュバック
 22歳以下の方がオンラインショップで新規で対象機種を購入すると、最大10,000円キャッシュバック
 
・Galaxy機種変更おトク割
 対象のGalaxy端末へ機種変更し、適用条件を満たすと端末代から最大22,000円割引
 
・au Online Shop SIM乗り換え特典
 乗り換えユーザーがオンラインショップでSIMのみ契約すると、10,000円キャッシュバック
povo
・povo 2.0デビューキャンペーン
 キャンペーンエントリー後、データトッピング購入で、最大20GBのデータプレゼント
UQモバイル
・くりこしプラン +5Gデータプレゼントキャンペーン
 旧プランからくりこしプラン+5Gへの契約変更で、翌月のデータ容量が最大25GB増量
 
・下取りサービス
 お手持ちのスマホを下取りに出すと、下取り額と同等のPontaポイントを還元
 
・自宅セット割
 月額最大858円割引/台
 
・増量オプションⅡ1年間無料キャンペーン
 増量オプションⅡの月額料金、550円が1年間無料
 
・UQモバイルオンラインショップ SIMのりかえ特典
 オンラインショップでSIMのみ契約すると、最大13,000円キャッシュバック

料金の安さが魅力のpovoですが、「家族で同じキャリア契約をしている」「auひかりなどの外部サービスも利用している」などといった状況では、auやUQモバイルのほうがお得になるケースがありえます。

料金が高めな分、キャンペーンも豊富な「au」

冒頭の表からもわかるとおり、auは月額料金が高額なぶん、料金を安くできるキャンペーンが豊富に用意されています。

2021年9月現在、目玉となっているキャンペーンは以下のとおりです。

キャンペーン名 概要
auスマートバリュー auスマホと対象インターネットサービスを同時契約すると、スマホ料金から永年1,100円/月割引
家族割プラス 対象プランに加入している家族のauスマホ料金から、永年1,100円/月割引き
au PAYカードお支払割 auスマホの料金をau PAYカードで支払うと、月額料金から永年110円/月割引
5G機種変更おトク割 5G対象スマホの端末代から5,500円割引
au Online Shop おトク割 オンラインショップで対象機種を購入すると、端末代から最大22,000円割引
au Online Shop U22キャッシュバック 22歳以下の方がオンラインショップで新規で対象機種を購入すると、最大10,000円キャッシュバック
Galaxy機種変更おトク割 対象のGalaxy端末へ機種変更し、適用条件を満たすと端末代から最大22,000円割引
au Online Shop SIM乗り換え特典 乗り換えユーザーがオンラインショップでSIMのみ契約すると、10,000円キャッシュバック

auでは月額料金が安くなるキャンペーンだけでなく、端末代を安くできるキャンペーンも多数用意されていますので、乗り換えを機にスマホを新しくしたい方にもおすすめです。

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

格安SIMの中ではお得なキャンペーンが多めの「UQモバイル」

UQモバイルのキャンペーンはauより少なめですが、格安SIMの中ではキャンペーン数が豊富です。

実際に、主要格安SIM数社とキャンペーン数を比較してみます。

格安SIM名 UQモバイル Y!mobile mineo
主要キャンペーン ・くりこしプラン +5Gデータプレゼントキャンペーン
・下取りサービス
・自宅セット割
・増量オプションⅡ1年間無料キャンペーン
・UQモバイルオンラインショップ SIMのりかえ特典
・おうち割
・データ増量無料キャンペーン2
・下取りプログラム
・新どこでももらえる特典
・家族割引
・パケット放題Plus 最大2ヶ月無料キャンペーン

このとおり、UQモバイルでは月額料金を安くできるキャンペーンが他社より多めに用意されていますので、格安SIMをより安く使いたい人にはUQモバイルがおすすめです。

SIMのみの乗り換えで
最大10,000円キャッシュバック実施中
※auまたはpovoからの乗り換えは対象外

「povo」ではほとんどキャンペーンを実施していない

auやUQモバイルでは複数のキャンペーンが用意されていますが、povoでは現在、以下1つのキャンペーンしか実施されていません。

  • povo 2.0デビューキャンペーン
    キャンペーンエントリー後、データトッピング購入で、最大20GBのデータプレゼント

povoはauやUQモバイルより安く利用できる新プランですが、キャンペーン数では劣ってしまうため、お得感は他社より薄めかもしれません。

au・povo・UQモバイルがおすすめの人はこんな人!

au・povo・UQモバイルがおすすめの人はこんな人!
au・povo・UQモバイルがおすすめの人は?

ここまでの内容を総括し、au・povo・UQモバイルがおすすめな人を改めて紹介します。

auがおすすめの人

auでの契約がおすすめだと言えるのは以下のような人です。

<auがおすすめの人>

  • 通信制限を気にせずに無制限で利用したい人
  • 速度重視の人
  • 家族もauを利用している人
  • 光回線や電気などセット割が適用できるauのサービスを利用している人
  • 長くauで契約する予定がある人

au・povo・UQモバイルの中で、唯一月間データ容量無制限のプラン「使い放題MAX」があるauは、通信制限を気にせずに大容量のデータ通信を行う人におすすめです。

ただ、povoとUQモバイルに比べて、どうしても料金が高くなってしまいます。そのため、家族でauを使ったり、各種セット割を活用したりして料金を安く抑え、利用することがおすすめです。

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

povoがおすすめの人

povoでの契約がおすすめだと言えるのは以下のような人です。

<povoがおすすめの人>

  • 月や日によってデータ消費量が違う人
  • コスパ重視の人
  • 自分でプランをカスタマイズしたい人
  • 家族は別会社で契約・利用している人
  • auセット割適用外の回線以外を利用している人
  • 契約期間を気にせずに利用したい人

povoの魅力は、使用状況によって好きなだけデータ容量を追加できる点です。月や日ごとにデータ使用量のバラツキがある人は、povoにするとスマホの料金を極限まで自分好みに設定できますよ。

また、povoはauの通信設備を使っているため、通信速度に不安を持っている人にもおすすめです。

ただし、標準の月額料金は安いものの、家族割プラスやauスマートバリューによる割引を受けられない点は覚えておいてください。

UQモバイルがおすすめの人

UQモバイルでの契約がおすすめだと言えるのは以下のような人です。

<UQモバイルがおすすめの人>

  • サポートの手厚さを重視したい人
  • 作業に支障がない速度であれば問題がない人
  • 家族は別会社で契約・利用している人
  • auひかりやauでんきなど、対象のインターネットサービスまたはでんきサービスを契約している人
  • 格安SIM中では安定した回線を選びたい人

UQモバイルは、店舗にてスタッフによるサポートが受けられるため、サポートの手厚さを重視したい人におすすめです。

月額料金はpovoより高めになりますが、同容量をauの約半額で使用できますので、料金の安さを重視したい方にも十分おすすめできます。

また、速度はauとpovoより劣りますが、格安SIMの中では速いほうですし、作業に支障はないレベルですので、問題ありませんよ。

SIMのみの乗り換えで
最大10,000円キャッシュバック実施中
※auまたはpovoからの乗り換えは対象外

まとめ

まとめ

au・povo・UQモバイル、それぞれがおすすめの人は以下のように表せます。

【auがおすすめの人】

  • 通信制限を気にせずに無制限で利用したい人
  • 速度重視の人
  • 家族もauを利用している人
  • 光回線や電気などセット割が適用できるauのサービスを利用している人
  • 長くauで契約する予定がある人

【povoがおすすめの人】

  • 月や日によってデータ消費量が違う人
  • コスパ重視の人
  • 自分でプランをカスタマイズしたい人
  • 家族は別会社で契約・利用している人
  • auセット割適用外の回線以外を利用している人
  • 契約期間を気にせずに利用したい人

【UQモバイルがおすすめの人】

  • サポートの手厚さを重視したい人
  • 作業に支障がない速度であれば問題がない人
  • 家族は別会社で契約・利用している人
  • auひかりやauでんきなど、対象のインターネットサービスまたはでんきサービスを契約している人
  • 格安SIM中では安定した回線を選びたい人

毎月大容量のデータ通信を行う人はauの「使い放題MAX」、安さ重視で選ぶなら「povo」、安さだけでなく、サポートの手厚さも重視したい人は「UQモバイル」がおすすめです。

au・povo・UQモバイルはそれぞれ特徴がありますので、自分のデータ消費量から最適なプランを選んでみてください。

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

SIMのみの乗り換えで
最大10,000円キャッシュバック実施中
※auまたはpovoからの乗り換えは対象外

タイトルとURLをコピーしました