【徹底比較】ahamo・ギガホ・ギガライトの違い・おすすめポイントを解説!

ahamo・ギガホ・ギガライト 違い 比較 ドコモ

2021年3月26日より、ドコモから新料金プラン「ahamo」が提供開始されます。そこで、ドコモの既存プラン「ギガホ」「ギガライト」との具体的な違いがどこなのか気になっている人は多いでしょう。

ドコモの新料金プラン「ahamo」は、普段のデータ容量が20GBで、通話をあまりしない人にとってはお得なプランになっています。

しかし、ギガホ・ギガライトとは異なり、家族割やドコモ光回線の対象ではないなど、いくつか異なるポイントがあります。

今回は、ギガホ・ギガライト・ahamoの違いを料金や通話オプション、キャンペーンなどを分野別に徹底比較します。

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

この記事を書いた人
モバレコ 編集部

「スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に」をモットウに日々コンテンツ情報を届けている、スマホ・格安SIMの総合情報サイト「Mobareco-モバレコ」の運営者。マイナビニュースでも、毎日使うスマホについて快適に使えるようにユーザー目線に沿った情報発信を目指していきます。

モバレコ 編集部をフォローする

ドコモから
最新のiPhoneが登場!!

iphone

ドコモから
「iPhone 13 / iPhone 13 Pro」が
発売中
「いつでもカエドキプログラム」
適応可能!

最新のA15 Bionicチップ搭載!
バッテリーとカメラ性能が進化!

5G対応、最新のプロセッサA15 Bionicを搭載し処理性能が向上、バッテリー性能も進化しています。
新しいカメラ機能としてフォトグラフスタイルやシネマティックモードを搭載!

新しい
iPhone 13 / iPhone 13 Pro
ぜひチェックしてみてください!

ギガホ・ギガライト・ahamoの基本をおさらい!

ギガホ・ギガライト・ahamoの基本をおさらい!
ギガホ・ギガライト・ahamoの基本をおさらい!
(引用元:NTTドコモ

ドコモでは、新たなプランahamoが開始されますが、従来プランのギガホ・ギガライトとは何が違うのでしょうか?

【データ量と料金比較】

※横にスクロールできます。

月間データ量 月額料金 家族間通話 1回5分以内の通話 かけ放題 各種割引
ahamo 20GB 2,970円 有料 無料 1,100円/月 対象外
ギガホ 30GB 7,678円 無料 770円/月 1,870円/月 対象
ギガライト ステップ4 ~7GB 6,578円
ステップ3 ~5GB 5,478円
ステップ2 ~3GB 4,378円
ステップ1 ~1GB 3,278円

※価格はすべて税込
※「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途通話料⾦発生
※機種代金は別途発生

ahamoは月間データ量が20GBで月額料金が2,970円と割安ですが、「みんなドコモ割」や「ドコモ光セット割」などによる各種割引は受けられません。

一方、ギガホ・ギガライトは、家族にドコモユーザーが多い人やドコモ光を使っている人などは、ドコモキャンペーンにより割引が適用されます。

また、ギガホは大容量のデータを使う人向け、ギガライトは少ないデータ量しか使わず、毎月の料金を安くしたい人におすすめです。

そのほかにもギガホ・ギガライトでは問題なく使えているサービスも、ahamoではキャリアメールなど一部サービスが利用できない場合があります。

さらに、ギガホ・ギガライトでは、従来通りにドコモショップや電話でのサポートを受けられます。しかし、ahamoの場合、基本的にオンラインサポートのみなので、注意が必要です。

もしも、ドコモショップなどでのサポートを希望の場合は、「ahamo Webお申込みサポート」(税込3,300円)をご利⽤できます。なお、その際の申込みの端末操作は⾃⾝で行うことになります。

ただし、こちらはあくまで申込のサポートなので、端末初期設定およびデータ移⾏などはサポートの対象外となります。端末初期設定およびデータ移⾏の補助を希望する場合はahamoアプリや専用サイトから「初期設定サポート(有料)」を別途申込むことになります。

ドコモショップなどでしっかりとサポートを受けたい場合は、ギガホ・ギガホプランの方がよいでしょう。オンラインサポートでも問題なく、できるだけ料金を安くしたいという人にはahamoがおすすめです。

ahamo・ギガホ・ギガライト、それぞれにおすすめの人は、以下のとおりです。

<ギガホがおすすめの人>

  • 多くのデータ量を利用する人
  • 通話をよく利用する人
  • 家族もドコモを利用している人
  • ドコモ光回線を利用している人
  • 長くドコモで契約する予定がある人

<ギガライトがおすすめの人>

  • ネットをあまり使わない人
  • 通話をよく利用する人
  • 家族もドコモを利用している人
  • ドコモ光回線を利用している人
  • 長くドコモで契約する予定がある人

< ahamoがおすすめの人>

  • 普段のデータ量が20GBほどの人
  • 電話番号での通話は最低限しかしない人
  • 家族は別会社で契約・利用している人
  • ドコモ光回線以外を利用している人
  • 別会社にすぐ乗り換える予定がある人

では、料金を比較したうえで、自分の使うデータ容量からおすすめのプランを考えていきましょう。

料金を徹底比較|利用データ量からみるおすすめプランとは

料金を徹底比較|利用データ量からみるおすすめプランとは
料金を徹底比較|利用データ量からみるおすすめプランは?

各プランの月間データ量と月額料金を比較してみましょう。

【データ量と料金比較】

月間データ量 月額料金
ahamo 20GB 2,970円
ギガホ 30GB 7,678円
ギガライト ステップ4 ~7GB 6,578円
ステップ3 ~5GB 5,478円
ステップ2 ~3GB 4,378円
ステップ1 ~1GB 3,278円

※価格はすべて税込

※機種代金は別途発生

上記の表を見てみると、大容量のデータを使うなら、月間30GBまで使えるギガホが最もおすすめです。

一方で、月間データ量が20GB程度に収まるなら、ahamoが最もお得です。ただ、ahamoは20GBを超えた場合、同じ速度で使いたいなら1GBあたり550円のデータチャージが必要です。しかし、30GB使うと、550円×10GB=5,500円もの追加料金がかかり、ギガホよりも割高になってしまいます。

なお、ギガホとahamoの場合、月間データ量を超えても1Mbpsの速度で利用が可能です。ギガライトはデータ量を超過すると128Kbpsの低速になってしまうので注意しましょう。

ギガライトはデータ量が少ない人向けのプランですが、料金だけを見ると割高です。「家族間通話は無料がいい」「ドコモショップのサポートを受けたい」「ドコモ光のセット割で料金が安くなる」といった場合、ギガライトにもメリットがあります。しかし、単純に料金で比較するなら、ahamoの方が断然お得です。

自分が毎月どのくらいのデータ量を使っているかわからない人は、現在使っているキャリアのマイページを見てみましょう。ログインすることで、「データ量」を確認できます。

たくさんのデータ量を使用するなら「ギガホ」

ギガホプランは、月間30GBまでデータを使い放題の大容量プランです。

また、みんなドコモ割やドコモ光セット割が適用できるため、自分以外の家族がドコモを使っていたり、ドコモ光に加入していたりする場合に、月の料金を大幅に減らすことができる点もメリットです。

なお、2021年4月1日から新たに「ギガホプレミア」プランが開始され、月間データ量が60GBに増えます。使えるデータ量が増えるので、大容量のデータを使いたい人にはますます使いやすくなるでしょう。

では、例えば30GBのデータを使う人は、それぞれのプランで料金がいくらになるのか比較してみましょう。

【30GB使う場合の料金比較】

※横にスクロールできます。

ahamo ギガホ ギガライト
月間データ量上限 20GB 30GB 7GB
月額料金 2,970円 7,678円 6,578円
追加料金 550円×10GB
=5,500円
1,100円×23GB
=25,300円
月額料金合計 8,470円 7,678円 31,878円

※価格はすべて税込
※機種代金は別途発生

それぞれのプランを比較すると、30GBの大容量データを使うなら、ギガホが最もお得なことが分かります。ahamoでは使えない家族割やセット割が適用されれば、さらにお得になるでしょう。

また、今後ギガホプレミアプランに移行すれば、よりお得に大容量データを使えます。

ネットをあまり使わないなら「ギガライト」

ギガライトは、1GB・3GB・5GB・7GBの4つのステップで金額が変わる従量制プランであり、少ないデータしか使わない人が安く利用できるプランです。

ギガホプラント同様、家族割やドコモ光のセット割が適用できれば料金が安くなります。ただし、基本的にはahamoの方が大容量のデータを安く使えるので、ギガライトを選ぶメリットはあまりありません。

各種割引が適用された場合の3プランの料金を比較してみました。

【3プランの料金比較】

※横にスクロールできます。

ahamo ギガライト ギガホ
20GB ~1GB ~3GB ~5GB ~7GB 30GB
月額料金 2,970円 3,278円 4,378円 5,478円 6,578円 7,678円
みんなドコモ割(3回線以上) ー1,100円 ー1,100円 ー1,100円 ー1,100円 ー1,100円
ドコモ光セット割 ー550円 ー1,100円 ー1,100円 ー1,100円
割引後の月額料金 2,970円 2,178円 2,728円 3,278円 4,378円 5,478円

※価格はすべて税込
※ギガホ・ギガライトは定期契約ありのプラン

上記表のとおり、割引が適用されなければ、月額料金が安くデータ量が多いahamoの方がお得です。データ量が3GBまでなら、各種割引が適用されることでahamoよりギガライトの方が安くなるケースもあります。

「ドコモショップや電話でのサポートを受けたい」「1GB程度しか使わないなど」という場合なら、ギガライトでもメリットはあるでしょう。

割引内容とデータ量を確認し、どのプランが最も適しているかを比較してみてください。

普段のデータ量が20GBほどなら「ahamo」が最安!

ahamoは月間20GBまで月額料金2,970円で使えるプランです。

ギガホ・ギガライトとは使えるデータ量や月額料金が異なるだけでなく、家族割やドコモ光のセット割の割引が適用されないという点もあります。

普段、月間データ量が20GB程度の人の料金を比較してみました。

【20GB使う場合の料金比較】

※横にスクロールできます。

ahamo ギガホ ギガライト
月間データ量上限 20GB 30GB 7GB
月額料金 2,970円 7,678円 6,578円
追加料金 1,100円×13GB
=14,300円
月額料金合計 2,970円 7,678円 20,878円

※価格はすべて税込
※ギガホ・ギガライトは定期契約ありのプラン

上記の表のとおり、データ量が20GB程度なら、ahamoが最もお得です。30GB使うことがなく、家族にドコモを使用している人がいない場合は、ahamoがおすすめだと言えるでしょう。

通話オプションを徹底比較|利用頻度からみるおすすめプランとは

通話オプションを徹底比較|利用頻度からみるおすすめプランとは
通話オプションを徹底比較|利用頻度からみるおすすめプランは?

通話する機会が多い場合は、どのプランを選べばよいのでしょうか?3つのプランの通話オプションを比較してみました。

【通話オプションの比較表】

ahamo ギガホ・ギガライト
1回あたり5分以内の通話 無料 770円
国内通話かけ放題 1,100円 1,870円
家族間通話 30秒あたり22円 無料

※価格はすべて税込

※どちらも「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦発生

家族間でたくさん通話をする場合は、家族間通話が無料のギガホ・ギガライトの方がおすすめです。

一方で、家族や友人に限らず、どの相手とも5分以上話すことが少ない場合、5分以内の通話が無料になるオプションを持つahamoがおすすめでしょう。

ギガホ・ギガライトプランと同様に、ahamoには、国内通話がかけ放題になる「かけ放題オプション」があります。表を見るとわかるように、値段が大きく違いますね。大容量のデータ量を使わず、通話をよくする人には、ahamoの方が毎月の料金を抑えることにつながるでしょう。

ここでは、それぞれのケースでどのプランがお得か料金を比較していきます。どのくらい通話するかによって、どのプランを選べばよいかがわかるはずです。

家族間での通話をよく利用する人は「ギガホ」「ギガライト」

ahamo利用者が家族間通話を行う場合、30秒あたり22円の通話料がかかりますが、ギガホ・ギガライトの場合、家族間通話は無料です。

そのため、家族間で頻繁に通話をすることが多い人は、ギガホ・ギガライトの方がお得に運用できます。

電話番号ではなくアプリ経由で通話を利用する人は「ahamo」

電話番号ではなく、LINEなどのアプリ経由で通話をするなら、ahamoがおすすめです。

例えば、通信環境などにもよりますが、LINEの音声通話なら約40時間通話が可能といわれています。ahamoは月間データ量が20GBなので、十分なデータ量といえるでしょう。

キャンペーンを徹底比較|お得度が高いおすすめプランとは

キャンペーンを徹底比較|お得度が高いおすすめプランとは
キャンペーンを徹底比較|お得度が高いおすすめプランは?

ドコモのキャンペーンを利用したい場合は、ギガホ・ギガライトの方が数多くのキャンペーンを使えるのでおすすめです。

それぞれのプランで利用できるキャンペーンの内容を、以下にまとめました。

【キャンペーンの比較表】

ahamo ギガホ・ギガライト
ずっとドコモ特典 対象外(ただし、ドコモ回線継続利用期間は引き継がれる) 対象
ファミリー割引 申し込みは可能 対象
みんなドコモ割 割引対象外(カウントのみ対象) 対象
ドコモ光セット割 対象外 対象

ギガホ・ギガライトなら、上記のキャンペーンはすべて対象です。一方、ahamoの場合は割引が適用されず、キャンペーンの恩恵は受けられません。

ahamo回線はみんなドコモ割のカウント数には含まれますが、割引対象からは外れます。例えば、3人家族でお父さんがギガホ、お母さんがギガライト、子どもがahamoだった場合、みんなドコモ割は3回線以上の適用です。

ただし、割引が適用されるのは、ギガホとギガライトのお父さんとお母さんの回線のみで、子どものahamo回線は割引されません。

そのため、みんなドコモ割やドコモ光セット割を使うと割引による恩恵が大きい場合は、割引が適用されるギガホ・ギガライトの方がおすすめです。

ここでは、どのようなケースで割引が適用されるのか、具体的に料金を比較します。どちらがお得なのか、確認していきましょう。

家族もドコモ利用者なら「ギガホ」「ギガライト」

みんなドコモ割は家族がファミリー割引にいれば、割引が適用される割引キャンペーンです。ファミリー割引が何回線かによって、以下のように割引額が変わります。

<みんなドコモ割の割引額>

2回線:550円
3回線以上:1,100円

みんなドコモ割が適用された場合の3プランの料金を比較してみました。

【みんなドコモ割による3プランの料金比較】

※横にスクロールできます。

月額料金 ahamo ギガライト ギガホ
20GB ~1GB ~3GB ~5GB ~7GB 30GB
通常月額料金 2,970円 3,278円 4,378円 5,478円 6,578円 7,678円
みんなドコモ割(2回線) 2,970円 2,728円 3,828円 4,928円 6,028円 7,128円
みんなドコモ割(3回線以上) 2,970円 2,178円 3,278円 4,378円 5,478円 6,578円

※価格はすべて税込
※機種代金は別途発生

ギガライト(~1GBプラン)の場合、みんなドコモ割が適用されれば、ahamoより安くなります。

みんなドコモ割(3回線以上)に加え、ドコモ光セット割が適用されると、以下のとおりです。

【各種割引適用による3プランの料金比較】

※横にスクロールできます。

ahamo ギガライト ギガホ
20GB ~1GB ~3GB ~5GB ~7GB 30GB
月額料金 2,970円 3,278円 4,378円 5,478円 6,578円 7,678円
みんなドコモ割(3回線以上) ー1,100円 ー1,100円 ー1,100円 ー1,100円 ー1,100円
ドコモ光セット割 ー550円 ー1,100円 ー1,100円 ー1,100円
割引後の月額料金 2,970円 2,178円 2,728円 3,278円 4,378円 5,478円

※価格はすべて税込
※ギガホ・ギガライトは定期契約ありのプラン

このように、みんなドコモ割やドコモ光セット割が適用されると、ahamoより料金が安くなるプランがあります。

自分が大容量のデータ通信を行うのかどうか、家族がドコモ使用者だから、みんなドコモ割を使いたいのかを考えてみてください。

家族にドコモ使用者が多いなら、ギガホ・ギガライトは有力な選択肢となるでしょう。

各種割引が適用されない人や長く契約する予定がない人は「ahamo」

ahamoは、みんなドコモ割やドコモ光セット割による割引は適用されず、ずっとドコモ特典割も対象外です。

そのため、ドコモの各種割引が適用されない人や長く契約する予定がない人は、ahamoの方がおすすめです。

【データ量と料金比較】

月間データ量 月額料金
ahamo 20GB 2,970円
ギガホ 30GB 7,678円
ギガライト ステップ4 ~7GB 6,578円
ステップ3 ~5GB 5,478円
ステップ2 ~3GB 4,378円
ステップ1 ~1GB 3,278円

※価格はすべて税込
※ギガホ・ギガライトは定期契約ありのプラン

この表を見ても分かるとおり、各種割引がないとahamoの料金が最も安いです。また、データ量が20GBまでなら、ギガホよりもahamoの方がお得です。

なお、ahamoはずっとドコモ特典割の対象外ですが、ドコモ回線継続利用期間は引き継がれます。後々プランを変更する予定がある場合も、継続期間が途切れてしまうことがないので安心です。

比較してわかったそれぞれのおすすめの人!

比較してわかったそれぞれのおすすめの人!
ギガホ・ギガライト・ahamo
それぞれこんな人におすすめ!

ここからは、各プランが具体的にどのような人におすすめなのか解説していきます。

「ギガホ」がおすすめの人

<ギガホがおすすめの人>

  • 多くのデータ量を利用する人
  • 通話をよく利用する人
  • 家族もドコモを利用している人
  • ドコモ光回線を利用している人
  • 長くドコモで契約する予定がある人

毎月多くのデータ通信を行い、家族がドコモ使用者という人にはギガホがおすすめです。

20GBまではahamoの方が安いですが、30GBまで使うと、数百円ほどahamoの方が割高になってしまいます。

2021年3月現在では、「ギガホ増量キャンペーン2」が開催され、より大容量通信を行う人に向けたサービスが始まっています。自分が使う毎月のデータ使用量が20GBを超える場合は、ギガホが向いているといえるでしょう。

「ギガライト」がおすすめの人

<ギガライトがおすすめの人>

  • ネットをあまり使わない人
  • 通話をよく利用する人
  • 家族もドコモを利用している
  • ドコモ光回線を利用している人
  • 長くドコモで契約する予定がある人

ギガライトは、各種割引が使えるという点ではギガホと変わりません。ギガホと違うのは、データ量と月額料金です。

みんなドコモ割(3回線以上)やドコモ光割などの各種割引が使え、かつ、月に3GBまでしかデータ通信容量を使わない場合、ahamoよりギガライト(~3GB)の方が安く運用できます。

「ahamo」がおすすめの人

< ahamoがおすすめの人>

  • 普段のデータ量が20GBほどの人
  • 電話番号での通話は最低限しかしない人
  • 家族は別会社で契約・利用している人
  • ドコモ光回線以外を利用している人
  • 別会社にすぐ乗り換える予定がある人

月のデータ通信容量が20GB未満の人の場合、ahamoがおすすめです。

家族間通話は有料になってしまいますが、5分以内に終わらせることで国内通話料金5分無料が適用されます。毎月のスマホ運用料金を安く抑えたい人にとって、ahamoは有力な選択肢でしょう。

まとめ

この記事では、ahamoとギガホ、ギガライトのプランを、料金・通話・キャンペーンの3つのポイントで具体的に比較しました。

< ahamoのメリット・デメリット>

  • ひと月20GB使えて月額2,970円
  • 国内通話料金が5分無料
  • ドコモの各種セット割が使えない

ahamoの一番のメリットは、なんといっても安さです。みんなドコモ割やドコモ光セット割などによる割引は受けられませんが、月間データ量が20GB、月額料金が2,970円で運用できます

<ギガホのメリット・デメリット>

  • 月に20GB以上使うならギガホがお得
  • 家族間通話が無料
  • ドコモの各種セット割が使える
  • かけ放題オプションがahamoより割高

ギガホは、大容量のデータを使う人向けです。2021年3月現在、月に60GBまで使えるキャンペーンが実施されているため、よりお得に運用できます。また、ドコモの各種セット割も使えるので、家族にドコモ利用者がいるならギガホがおすすめです。

<ギガライトのメリット・デメリット>

  • データ通信をほとんど使わないなら割安
  • ドコモの各種セット割が使える
  • かけ放題オプションがahamoより割高

ギガライトは、少ないデータ量しか使わず安くしたい人におすすめです。みんなドコモ割とドコモ光セット割を使ったうえで、月に3GBまでのプランなら、ahamoよりも安く運用できます。しかし、各種セット割を使えない場合、ahamoよりもだいぶ割高になってしまいます。

普段使うデータ量や家族にドコモユーザーがいるかどうか、光回線がドコモ光かどうかによって、どのプランを選べばよいかが変わるので、この記事を参考に、自分に合ったお得なプランを選んでください!

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました