はじめてのRPA導入 - 真の有効活用の指針とは?
【連載】

はじめてのRPA導入 - 真の有効活用の指針とは?

"ピタゴラスイッチ"目線で考えるRPA開発

【第3回】"ピタゴラスイッチ"目線で考えるRPA開発

前回は、RPAが自動化対象アプリケーションをどのように操作しているのかについて説明しました。自動化の方式によって、開発生産性、処理スピード、同一マシン上での人間の操作可否などがどのように変わるのかを確認しました。3回目となる今回は、RPAの開発/運用の効率性を高めるためのアプローチにフォーカスしようと思います。

ソリューション
ブックマーク ブックマーク

目次

【連載】はじめてのRPA導入 - 真の有効活用の指針とは?[2]オブジェクト認識は"神の領域"!?

前回は、安易なRPA導入によってRPA自体がレガシー化してしまうリスクや、RPAの役割は極論するとシステム連携であり、APIが存在しない場合にのみ利用すべきなこと、さらにAIとRPAの独立性について説明しました。それを踏まえて今回は、RPAを導入するにあたって知っておくべき技術的なバックグラウンドを紹介します。

ソリューション

【連載】はじめてのRPA導入 - 真の有効活用の指針とは?[1]RPAは危険!?

本連載では、筆者の過去2年間のRPA分野におけるプリセールス活動を基に、RPA導入において考慮すべき点やハマりやすいポイントなどについて、特定の製品に偏らないかたちでご紹介していきます。第1回となる今回は、RPAに期待するあまり生じ得るリスクについて見ていきたいと思います。

ソリューション

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
クラウドアンケート

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る