【webセミナー】<br />
AI Day 2020 Apr.<br />
~事例で学ぶAI 実践活用シーン~

【web】事例で学ぶAI実践活用 [PR]

「バズワード」から「実用段階」へとフェーズを移したAI(人工知能)。 私たちの身の回りにも画像認識や音声認識を用いたサービスが普及しはじめるなかで、 これらの技術を活用して「新たな価値」を生み、自社のビジネスを加速させた企業も多く存在します。

一方で、経営層によるAIへの理解不足、インフラ基盤の構築、データの整備、人材育成など、導入には依然として多くの課題が山積しており、期待通りに進まず”幻滅”した企業も多くいらっしゃるのが実情です。

そこで本セミナーでは、ビジネスに貢献できるAIの活用をテーマに、ビジネスでAIを活用していくために必須となる「課題の捉え方」「AIの活かしどころ」について、NTTドコモの大西可奈子氏が解説。先進企業の事例として、キユーピーで未来技術、次世代技術の社会実装を担当する荻野武氏が、AIを活用した食品原料検査装置の開発ストーリーや今後の展望について、実体験を交えながら語って頂きます。

本セミナーへ申し込む

当日プログラム

  • 13:30~14:20

    導入箇所を見極めよ! AIの威力を引き出す発想力

    大西 可奈子 氏
    登壇者

    大西 可奈子 氏

    株式会社NTTドコモ
    R&Dイノベーション本部 サービスイノベーション部

    2012年お茶の水女子大学大学院博士後期課程修了。博士(理学)。同年、NTTドコモに入社。2016年から国立研究開発法人 情報通信研究機構 研究員(出向)。2018年より現職。一貫して自然言語処理、特に対話に関する研究開発に従事。人工知能(主に対話技術)に関する講演や記事執筆も行う。
    著書に『いちばんやさしいAI〈人工知能〉超入門』(マイナビ出版)。
    twitter:@WHotChocolate

    講演サマリー

    「AIとは何なのか」「AIには何ができるのか」「AIを導入するためにはどうしたらよいのか」
    そんな疑問を持つ方々へ向けて本講演では、AIでビジネス課題を解決するために必要な基礎知識から、
    AIを効果的に活用するための発想力まで、事例を用いて易しく解説します。
    AIの本当の姿を知ることにより、必要な場面で適切なAI活用を実践することができるでしょう。

  • 14:30~15:10

    AI活用に求められるIT基盤とは?

    齋藤 豪氏
    登壇者

    齋藤 豪氏

    日本ヒューレット・パッカード株式会社
    ハイブリッドIT事業統括プロダクトアーキテクト統括本部 製品技術本部

    2012年日本ヒューレット・パッカード株式会社入社。金融業界のお客様担当としてサーバー製品の提案活動を担当したのち、以降HPE戦略製品、新興テクノロジーを中心としたソリューション開発・提案活動に従事している。

    講演サマリー

    機械学習やディープラーニングを用いた分析の手法と活用が続々と登場・普及している中で、組織的な活用に移行していく企業様では課題も散見されます。

    中でも分析や開発を行う方(データサイエンス人材)が環境構築と整備に時間を取られてしまっているという課題に対して、

    ・必要なデータを必要な時に準備できること
    ・環境構築と整備になるべく時間を取られないこと

    の二点を軸に、解決に向けたHPEのアプローチをご紹介します。

  • 15:20~16:10

    キユーピーにおけるAIによるイノベーション -AI活用には、志が必要-

    荻野 武 氏
    登壇者

    荻野 武 氏

    キユーピー株式会社
    生産本部 未来技術推進担当 部長

    日立製作所中央研究所での半導体、撮像素子、アナログ・デジタル信号処理の研究から始まり、この研究成果を持って、工場・事業部門で開発、設計、SE、商品企画等を担当。シリコンバレーにおいて日立初のインターネットコマース、日立初のクラウドサービス型サーベイランス事業、DVDカメラ事業等、各種新規ビジネスを立ち上げ、帰国後、本社にて脳科学等の各種新事業立ち上げ、新興国都市開発、各種新事業のインキュベーションの後、「人の幸せは食から」と確信し、ご縁の下、2016 年4月にキユーピーに転職。現在、次世代・未来技術推進担当としてAI等各種次世代技術の実活用に取り組む。MOT / MBA、日本イノベーション融合学会専務理事。

    講演サマリー

    キユーピーでは、全社の様々な業務へAIの活用を進めていますが、この中で、最も重要視しているのが、AI食品原料検査装置。
    「原料の安全・安心を世界へ」の志の下、多くの中小企業、AIトップ企業との協働で開発。社内だけでなく、装置販売での利益を追求することなく、競合も含め、他社へも提供しています。
    本セッションでは、AI原料検査装置開発の泥臭い話と、真の大志である食品業界協調領域におけるAI活用による国力強化についてお話させて頂きます。

開催概要

タイトル
【webセミナー】
AI Day 2020 Apr.
~事例で学ぶAI 実践活用シーン~
東京
開催日 2020年4月21日(火) 13:30~
定員 100人
申し込み 当日はオンラインWEBセミナーでの開催です。
視聴方法は受付完了後にご案内します。
申し込み締切日 2020年4月20日(月) 15:00
参加費 無料
開催会場
web配信のみ
主催 株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局
協賛 日本ヒューレット・パッカード株式会社
協力 株式会社ネクプロ(オンラインWebセミナー 配信協力)
お問い合わせ 株式会社マイナビ ニュースメディア事業部 マイナビニュースセミナー運営事務局
03-6267-4336
備考 ※講演内容やスケジュール等は予告なく変更する場合がございますので予めご了承ください。

本セミナーへ申し込む

現在募集している主なセミナー

現在募集している主なセミナー

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る