これが次世代のエンドポイントセキュリティ!<br />
~事例で見るEDRの活用法~ in 大阪

 

これが次世代のエンドポイントセキュリティ!
~事例で見るEDRの活用法~ in 大阪

 

昨今、マルウェアやランサムウェアといったサイバー攻撃手法が
高度化・巧妙化しており、「侵入を防ぐこと」を目的とした
セキュリティ対策だけでは万全とはいえません。

「侵入されること」を前提とした対策をとることがまさに重要であり、
注目されているのがEDR(Endpoint Detection and Response)です。

本セミナーでは、EDRの必要性を痛感し導入に踏み切った事例や、
最新のサイバー攻撃動向のご紹介、
およびEDR製品“Cybereason”のデモをご覧いただきます。
現状の対策に少しでも不安を抱えるIT管理者や
セキュリティ担当の方必見の内容です。

みなさまのお申し込みを心よりお待ちしております。

受付終了

当日プログラム

  • 14:00-14:05

    開催のご挨拶

    登壇者

    オージス総研

  • 14:05-14:45

    「サイバー攻撃の現状と対応策概要」

    登壇者

    サイバーリーズン・ジャパン
    カスタマーサクセス アンド サービス
    澤村 知範 氏

    講演サマリー

    サイバー攻撃は日々変化を続け、攻撃者は新しい手法や
    既存の手法を組み合わせて攻撃を行なってきます。
    それらの攻撃を知るためには、攻撃者が何を行なっているか、
    攻撃の次の段階で何をしようとしているかを知ることが重要です。
    そこで、最近の攻撃手法やその傾向について事例をもとに解説いたします。

  • 14:45-15:25

    「サイバー攻撃から企業を護る最後の砦! EDRのご紹介」

    オージス総研
プラットフォームサービス本部
セキュリティビジネスプロジェクト部
山口 就平 氏
    登壇者

    オージス総研
    プラットフォームサービス本部
    セキュリティビジネスプロジェクト部
    山口 就平 氏

    講演サマリー

    サイバー攻撃対策として、攻撃を受けた際の被害を最小化するため、
    感染したマルウェアの早期検知、対応、復旧が求められます。
    本講演では、マルウェア感染後の早期検知に効果を発揮する
    エンドポイントセキュリティ製品「Cybereason」の優れた機能、
    および実際のマルウェア検知を、デモをまじえてご説明します。
    また、企業が実施するインシデント対応を支援する、
    「Cybereason」を活用した弊社独自サービスについてご紹介いたします。

  • 15:25-15:40

    休憩

  • 15:40-16:10

    「SIerが実際に行っているサイバーセキュリティ対策を紹介
     ~どんな対策が必要なのか?」

    オージス総研
プラットフォームサービス本部
セキュリティビジネスプロジェクト部部長
山岡 照門 氏
    登壇者

    オージス総研
    プラットフォームサービス本部
    セキュリティビジネスプロジェクト部部長
    山岡 照門 氏

    講演サマリー

    サイバー攻撃は、知名度や規模に関係なく、どんな企業もターゲットになり得ます。
    そのため、サイバー攻撃を想定した技術的対策や
    インシデント対応体制の整備を行っておく必要があります。
    本講演では、お客さまにセキュリティソリューションを提供する
    SIerである弊社が行っているサイバー攻撃対策の取り組みと、
    実際のサイバーセキュリティ事案を踏まえた対策手段について、ご紹介いたします。

  • 16:10-16:55

    【特別基調講演】
    「ジャパンネット銀行流のセキュリティ対策
     ~効果的な標的型攻撃対策~」

    ジャパンネット銀行
IT統括部サイバーセキュリティ対策室長
岩本 俊二 氏
    登壇者

    ジャパンネット銀行
    IT統括部サイバーセキュリティ対策室長
    岩本 俊二 氏

    2008年2月にジャパンネット銀行入社、システムリスク全般を担当。
    2012年からセキュリティに関する対応が増加、JNB-CSIRT組成に奔走し、
    2013年9月に社内CSIRT設置。その後、高度化するサイバー攻撃へのさらなる体制強化のため、
    2015年9月にIT統括部内に新しい組織としてサイバーセキュリティ対策室を設置、室長に就任。
    標的型攻撃、DDoS対策、不正送金・なりすましログイン対策など、
    セキュリティ対策全般を担当。金融ISACでは、運営委員、不正送金対策WGの座長を務め、
    金融機関全体のセキュリティレベル向上に取り組んでいます。

    講演サマリー

    近年では高度化するサイバー攻撃対策への対応について、
    多層防御という考え方が主流となり、
    マルウェアに感染後の対策(いわゆる内部対策と出口対策)が重要視されています。
    当社が2015年当時サイバーキルチェーンに照らし
    自社のセキュリティ対策を再整理したところ、
    やはり内部対策と出口対策が弱いという結果になりました。
    そんな中、セキュリティの専門家ではない私たちが、
    サイバー攻撃対策の推進にあたりポイントになったことを
    実際の対策事例をまじえ解説します。

  • 16:55-17:00

    質疑応答

開催概要

タイトル これが次世代のエンドポイントセキュリティ!
~事例で見るEDRの活用法~ in 大阪
開催日 2018年11月16日(金) 14:00~(開場13:30~)
定員 30人
申し込み 1.会員ログインのうえ、申し込みボタンをクリックしてください。
2.「登録完了」のお知らせをメールでお送りします。
3.当日は受付でお名刺を頂戴いたしますので、ご用意ください。

※同業他社、システムインテグレーター、学生の方は参加をご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。
※お申し込みが定員に達した場合は、抽選により参加をご遠慮ただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
申し込み締切日 2018年11月15日(木)
参加費 無料
開催会場 大阪府大阪市北区大深町4番20号
グランフロント大阪 タワーA 31F「マイナビルーム」

・JR「大阪」駅 徒歩3分

マイナビルームへの行き方はこちら

主催 株式会社オージス総研
協賛 サイバーリーズン・ジャパン株式会社
お問い合わせ 株式会社マイナビ ニュースメディア事業部
「マイナビニュース」セミナー運営事務局
TEL 03-6267-4336

受付終了

現在募集している主なセミナー

現在募集している主なセミナー

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る