Citrix XenServer

[2016/4/15 14:17] ブックマーク

Citrix XenServer Citrix XenServer

XenServerは、企業が現在および将来にわたってコストと運用効率性を最適化できるように設計されており、さまざまなユースケースを想定した仮想化および管理機能、柔軟で入手しやすい価格モデル、デスクトップ、データセンター、クラウドなどの各種プラットフォームにおけるワークロードを処理するための先進の機能を提供するオープンソースベースのハイパーバイザーです。

仮想化 >仮想化管理

  • 仮想化 >仮想化管理
  • 製品詳細
  • 評価レポート(0件)
  • ベンダー問い合わせ

スペック

  • 提供元企業
  • シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
  • 特徴
  • XenServerはアプリケーションおよびデスクトップ仮想化にクラス最高のパフォーマンスを発揮します。仮想マシンの密度を最大限に高め、業界をリードする機能によりユーザーエクスペリエンスを強化します。
  • 提供プラン
  • XenServer 6.5は、以下の製品パッケージをご提供します。

    有償版:
    ・Standard エディション:主に基本的な商用サーバーの仮想化に必要な機能を提供します。
    ・Enterprise エディション:デスクトップ、データセンター、クラウドの各ワークロードに対応した総合的な仮想化プラットフォームの構築に必要な機能を提供します。

    無償版:
    ・XenServer無償版はXenServer.orgから無償でダウンロードできるパッケージであり、競合製品にはないエンタープライズ向け機能や管理機能を含みます。
    ・XenApp, XenDesktop のライセンスをお持ちの場合は、そのライセンスでXenServer を利用可能です。高いスケーラビリティと性能を持つ仮想インフラストラクチャを実現し、TCOを改善できます。
  • 主な標準機能
  • XenServer 6.5は各エディションにて主に以下の機能を提供します。

    Citrix XenServer Standard Edition:
    ・完全な64ビットのカーネルアーキテクチャー
    ・高可用性、フォールトトレランス、データ保護
    ・ライブVM移行(XenMotion)
    ・ライブストレージ移行(Storage XenMotion)
    ・分散仮想スイッチコントローラー(DVSC)
    ・GPUパススルー(NVIDIA、AMDおよびIntel)
    ・Dockerコンテナ

    Citrix XenServer Enterprise Edition(XenServer Standard Editionの全機能に加えて):
    ・インメモリの読み込みキャッシュ(NFSアレイ向け)
    ・動的リソーススケジューリング(ワークロードバランシング)
    ・ハイパーバイザー計測ブート(Intel Trusted eXecution Technology(TXT)を利用)
    ・vSphere Conversion Managerをサポート
    ・NVIDIA GRID GPU仮想化
  • 主な運用管理機能
  • 統合管理コンソールであるCitrix XenCenterを提供します。 直感的で扱いやすいインターフェイスにより複数のXenServer上の仮想マシンの管理を簡素化します。管理者はホストの再起動を最小限に抑えながらパッチのインストールやインメモリ・リードキャッシュの状態監視、Dockerコンテナの管理、
    ユーザーのロールベース管理を行え、管理性が大幅に向上します。
  • 課金単位
  • ソケット単位(1~5年のサブスクリプションまたは通常ライセンスにて購入可能)
  • 想定提供価格
  • -
  • 試用サービス
  • 無償トライアルを提供
  • 最新版リリース日
  • 2015年5月
  • 提供元企業
  • シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
  • 特徴
  • XenServerはアプリケーションおよびデスクトップ仮想化にクラス最高のパフォーマンスを発揮します。仮想マシンの密度を最大限に高め、業界をリードする機能によりユーザーエクスペリエンスを強化します。
  • 提供プラン
  • XenServer 6.5は、以下の製品パッケージをご提供します。

    有償版:
    ・Standard エディション:主に基本的な商用サーバーの仮想化に必要な機能を提供します。
    ・Enterprise エディション:デスクトップ、データセンター、クラウドの各ワークロードに対応した総合的な仮想化プラットフォームの構築に必要な機能を提供します。

    無償版:
    ・XenServer無償版はXenServer.orgから無償でダウンロードできるパッケージであり、競合製品にはないエンタープライズ向け機能や管理機能を含みます。
    ・XenApp, XenDesktop のライセンスをお持ちの場合は、そのライセンスでXenServer を利用可能です。高いスケーラビリティと性能を持つ仮想インフラストラクチャを実現し、TCOを改善できます。
  • 主な標準機能
  • XenServer 6.5は各エディションにて主に以下の機能を提供します。

    Citrix XenServer Standard Edition:
    ・完全な64ビットのカーネルアーキテクチャー
    ・高可用性、フォールトトレランス、データ保護
    ・ライブVM移行(XenMotion)
    ・ライブストレージ移行(Storage XenMotion)
    ・分散仮想スイッチコントローラー(DVSC)
    ・GPUパススルー(NVIDIA、AMDおよびIntel)
    ・Dockerコンテナ

    Citrix XenServer Enterprise Edition(XenServer Standard Editionの全機能に加えて):
    ・インメモリの読み込みキャッシュ(NFSアレイ向け)
    ・動的リソーススケジューリング(ワークロードバランシング)
    ・ハイパーバイザー計測ブート(Intel Trusted eXecution Technology(TXT)を利用)
    ・vSphere Conversion Managerをサポート
    ・NVIDIA GRID GPU仮想化
  • 主な運用管理機能
  • 統合管理コンソールであるCitrix XenCenterを提供します。 直感的で扱いやすいインターフェイスにより複数のXenServer上の仮想マシンの管理を簡素化します。管理者はホストの再起動を最小限に抑えながらパッチのインストールやインメモリ・リードキャッシュの状態監視、Dockerコンテナの管理、
    ユーザーのロールベース管理を行え、管理性が大幅に向上します。
  • 課金単位
  • ソケット単位(1~5年のサブスクリプションまたは通常ライセンスにて購入可能)
  • 想定提供価格
  • -
  • 試用サービス
  • 無償トライアルを提供
  • 最新版リリース日
  • 2015年5月

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る