Nimble Storage CSシリーズ

[2016/4/15 14:17] ブックマーク

Nimble Storage CSシリーズ Nimble Storage CSシリーズ

Nimble Storageは、SSDとHDDを最適に活用する独自技術で高速化と経済性を両立するアダプティブ ストレージです。
パフォーマンスを犠牲にすることなく容量単価を抑えた大容量のデータ保護も実現できるため、今までのサイロ型でコストも管理負荷も高かったストレージの統合を実現します。また、クラウドベースの管理ツールであるInfoSightによって、安定稼働のための予測分析も可能にします。

サーバ/ストレージ >ストレージ

  • サーバ/ストレージ >ストレージ
  • 製品詳細
  • 評価レポート(0件)
  • ベンダー問い合わせ

スペック

  • 提供元企業
  • Nimble Storage Japan
  • 特徴
  • SSDの大幅な高速化と省電力性、HDDの大容量で容量単価を押さえられるというそれぞれの特性を活かして最適に活用する、アダプティブ ストレージ。増え続けるデータを低コストで確実に保護します。
  • 提供モデル
  • CS210, CS215, CS235
    CS300, CS500, CS700
  • 筐体タイプ
  • CSシリーズ
  • 対応プロトコル
  • iSCSI (全モデル)、Fibre Channel (CS235, CS300, CS500, CS700)
  • 最小構成コントローラ
  • 専用コントローラ×2
  • 最小構成キャッシュ
  • 160GB (80GB SSD × 2)
  • 最小構成データドライブ
  • 8TB (1TB HDD × 8)
  • 最小構成インタフェース
  • 1GbE x4ポート/コントローラ
  • 最大構成コントローラ
  • 専用コントローラ×2
  • 最大構成キャッシュ
  • 6.4TB (1.6TB SSD ×4)
  • 最大構成データドライブ
  • 712TB (6TB HDD ×102)
  • 最大構成インタフェース
  • 16Gb FC x6ポート/コントローラ or
    10GbE SFP+ x4ポート/コントローラ or
    10Gbase-T x4ポート/コントローラ or
    16Gb FC x4ポート + 10GbE SFP+ x2ポート/コントローラ or
    16Gb FC x4ポート + 10Gbase-T x2ポート/コントローラ
  • 搭載OS
  • Nimble OS2.3
  • 主な機能
  • IT部門は今日、数百ないし数千にも及ぶアプリケーションやワークロードをサポートする必要があり、パフォーマンスや容量の要件はそれぞれ異なっています。
    Nimble Storageのアダプティブ フラッシュ ストレージはオールフラッシュのサービスレベル(オールフラッシュのパフォーマンスを求められるワークロード)に対応できる柔軟性を兼ね備えています。そして要求が変わった時点で、それらを変更することも可能です。
    Nimble Storageのお客様の多くはVMware vCenterを利用しています。すべてのNimble Storageに無償で付属している運用監視ツールのInfoSightによって、お客様はVM単位まで細かくモニターすることができるので、最小の投資で今までに類を見ないレベルでのストレージの可視性と管理性を提供します。
  • 主なオプション機能
  • 医療、金融、官公庁など、高い安全性が求められる企業には、Nimble Storageが提供するSmartSecureソフトウェア エンクリプションを利用することで、堅牢な安全性を入手することができます。
    暗号化とシュレッディングは、アプリケーションごと、もしくはボリュームごとに利用できるため、コンプライアンスや機密データ管理が求められる環境で有用です。
    しかもSmartSecureソフトウェア エンクリプションは、無償でNimble Storage製品に付属しているため、追加コストは不要です。
  • 想定提供価格
  • 定価:400万円~
  • 検証機貸出
  • 応相談
  • 最新版リリース日
  • 2015/7
  • 提供元企業
  • Nimble Storage Japan
  • 特徴
  • SSDの大幅な高速化と省電力性、HDDの大容量で容量単価を押さえられるというそれぞれの特性を活かして最適に活用する、アダプティブ ストレージ。増え続けるデータを低コストで確実に保護します。
  • 提供モデル
  • CS210, CS215, CS235
    CS300, CS500, CS700
  • 筐体タイプ
  • CSシリーズ
  • 対応プロトコル
  • iSCSI (全モデル)、Fibre Channel (CS235, CS300, CS500, CS700)
  • 最小構成コントローラ
  • 専用コントローラ×2
  • 最小構成キャッシュ
  • 160GB (80GB SSD × 2)
  • 最小構成データドライブ
  • 8TB (1TB HDD × 8)
  • 最小構成インタフェース
  • 1GbE x4ポート/コントローラ
  • 最大構成コントローラ
  • 専用コントローラ×2
  • 最大構成キャッシュ
  • 6.4TB (1.6TB SSD ×4)
  • 最大構成データドライブ
  • 712TB (6TB HDD ×102)
  • 最大構成インタフェース
  • 16Gb FC x6ポート/コントローラ or
    10GbE SFP+ x4ポート/コントローラ or
    10Gbase-T x4ポート/コントローラ or
    16Gb FC x4ポート + 10GbE SFP+ x2ポート/コントローラ or
    16Gb FC x4ポート + 10Gbase-T x2ポート/コントローラ
  • 搭載OS
  • Nimble OS2.3
  • 主な機能
  • IT部門は今日、数百ないし数千にも及ぶアプリケーションやワークロードをサポートする必要があり、パフォーマンスや容量の要件はそれぞれ異なっています。
    Nimble Storageのアダプティブ フラッシュ ストレージはオールフラッシュのサービスレベル(オールフラッシュのパフォーマンスを求められるワークロード)に対応できる柔軟性を兼ね備えています。そして要求が変わった時点で、それらを変更することも可能です。
    Nimble Storageのお客様の多くはVMware vCenterを利用しています。すべてのNimble Storageに無償で付属している運用監視ツールのInfoSightによって、お客様はVM単位まで細かくモニターすることができるので、最小の投資で今までに類を見ないレベルでのストレージの可視性と管理性を提供します。
  • 主なオプション機能
  • 医療、金融、官公庁など、高い安全性が求められる企業には、Nimble Storageが提供するSmartSecureソフトウェア エンクリプションを利用することで、堅牢な安全性を入手することができます。
    暗号化とシュレッディングは、アプリケーションごと、もしくはボリュームごとに利用できるため、コンプライアンスや機密データ管理が求められる環境で有用です。
    しかもSmartSecureソフトウェア エンクリプションは、無償でNimble Storage製品に付属しているため、追加コストは不要です。
  • 想定提供価格
  • 定価:400万円~
  • 検証機貸出
  • 応相談
  • 最新版リリース日
  • 2015/7

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る