SECUREMATRIX

[2020/1/22 09:30] ブックマーク

SECUREMATRIX SECUREMATRIX

Wワンタイム2要素認証でセキュアに働き方改革を実現、それができるのがSECUREMATRIX

今あるITデバイスやITリソースをフル活用して、いつでもどこでも、安心・安全なワークスペースへのアクセスを実現。社内はもちろん、クラウドサービスやインターネットの入口を「Wワンタイム2要素認証」に強化することで、ワークスタイルは劇的に変わります。

セキュリティ >ネットワークセキュリティ

  • セキュリティ >ネットワークセキュリティ
  • 製品詳細
  • 評価レポート(0件)
  • ベンダー問い合わせ

スペック

  • 提供元企業
  • 株式会社シー・エス・イー
  • 特徴
  • ■マルチデバイス対応で「いつでも、どこでも」を実現
    ■安全性、ユーザビリティの高い「Wワンタイム2要素認証」
    ■さまざまな認証との連携が可能
  • 提供エディション
  • エディション分けはありません。
  • 提供形態
  • ライセンス種別が2種類あります。

    ◆ソフトウェアライセンス(買い切り型)
    ソフトウェア費用と年間保守サポート費用を別々にご購入いただくライセンスです。
    初年度はソフトウェア費用と年間保守サポート費用が必要で、次年度以降は年間保守サポート費用のみで更新する料金体系です。

    ◆サブスクリプションライセンス(年間更新型)
    初年度から一定の費用でご利用いただける保守サポート込みの料金体系です。年間でのご購入となります。
  • ファイアウォール
  • ×
  • アンチウィルス
  • ×
  • Webフィルタリング
  • ×
  • アンチスパム
  • ×
  • IDS/IPS
  • ×
  • WAF
  • ×
  • サンドボックス検知
  • ×
  • アクセス制御
  • レポート/分析機能
  • レポート/分析機能はありません。
  • 最大スループット
  • 本人認証システムのため割愛します。
  • その他の主な標準機能
  • ◆Wワンタイム2要素認証
    [マトリクス認証]:
    「記憶認証」の一種で、本人が知っている形とマトリクス(乱数表)でワンタイムパスワードを入力します。
    [デバイス認証]:
    「所持認証」の一種で、本人が所持する予め登録されたデバイス(端末)のみにアクセスを許可します。

    2要素認証を、それぞれ「ワンタイム化」して組み合わせ、高い安全性を実現します。
    パスワードも証明書も1度だけの使い捨てだから安心です。

    ◆マルチデバイス対応
    ブラウザのみで利用可能なためデバイス・ソフト配布の必要がない上、PC、シンクライアント、スマートフォンなど利用機器を選びません。

    ◆1IDで99台まで利用可能
    ユーザーはID・PWを1つ覚えるだけで複数デバイス・複数サービスの認証をセキュアに行えます。ユーザーによって台数を制限・追加することも可能です。

    ◆マルチリソースでさまざまな認証との連携可能
    各種バックエンドコンテンツへの認証に適用可能です。

    ①クラウドサービスとの連携<SAML2.0認証連携>
    (主なクラウドサービス:Office365,G suite,Salesforce,その他SaaS)
    ②Webアプリケーションや仮想化環境連携<リバースプロキシ連携>
    (主なWebアプリ:グループウェア・ポータルサイト・業務アプリ)
    ③リモートアクセス認証<RADIUS認証連携、Windowsドメイン認証連携>
    (主なアクセス先:社内LAN/ファイルサーバー/メールサーバー)
  • 主なオプション機能
  • ①SECUREMATRIX Federation V1
    SAML2.0 に対応した SECURMEATRIX Federation により、クラウドサービス利用にもマトリク ス認証を適用可能です。SAML2.0 とマトリクス認証で利便性とセキュリティ強化を両立し、クラウドサービスの展開を促進します。
    ※ご利用にはオプションライセンスのご購入が必要です。

    ②DR Option
    万が一の事態でもSECUREMATRIXは運用を止めません。お客様の事業継続を支援します。
    ※ご利用にはオプションライセンスのご購入が必要です。

    ③SDK(認証API)
    独自のシステムへSECUREMATRIXを組み込むことも可能です。ご利用の環境に合わせた各種SDKをご提供致します。
    ※ご利用に際して弊社との間で「SECUREMATRIX SDK ライセンス基本契約書」の締結をお願いしております。

    ④SDK(管理機能API)
    管理機能のSDKも提供が可能です。管理者様の負担を大幅に削減させます。
    ※ご利用に際して弊社との間で「SECUREMATRIX SDK ライセンス基本契約書」の締結をお願いしております。
  • 課金単位
  • 課金モデルではありません。
  • 想定提供価格
  • ソフトウェア費用は利用者数に応じて決定します。
    <ソフトウェアライセンス>
    【標準価格】
    25ID:21万5000円
    100ID:71万円
    500ID:270万円
    ※価格表記はすべて税別となります。
    ※年間保守サポート価格は各販売パートナーへお問い合わせ下さい。

    <サブスクリプションライセンス>
    【標準価格】
    25ID:11万5000円
    100ID:37万9000円
    500ID:144万円
    ※価格表記はすべて税別となります。
  • 試用サービス
  • <評価ライセンス>
    評価版ソフトウェアを無償で30日間お貸出しております。

    <SECUREMATRIX V11 アップグレードキャンペーン>
    ・対象:SECUREMATRIX Version3.8~V10をご利用のユーザー様
    ・期間:2020年3月31日まで
    ソフトウェアライセンス価格 × 80% OFF
    (アップグレード優待価格50%+キャンペーン30%)

    ※保守サポートは通常価格となります。
    ※サブスクリプションライセンスへの移行は対象外となります。
  • 最新版リリース日
  • 最新版:V11.1
    2019年11月25日(月) 
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る