AikuBot(アイクボット)

[2017/7/14 22:38] ブックマーク

AikuBot(アイクボット) AikuBot(アイクボット)

形態素解析技術によるルールベース一問一答回答と、AIを活用した機械学習(ディープラーニング)による高い回答精度を実現したチャットボットサービスです。世界有数企業の高い品質と信頼性を提供するAIをマルチコンバートすることが可能であり、従来のチャットボットと比べ、回答精度が高く質の良いデータを蓄積することができる、コストパフォーマンスの高いサービスです。

業務アプリケーション >コミュニケーション基盤

  • 業務アプリケーション >コミュニケーション基盤
  • ● 関連キーワード
  • AI
  • システム開発
  • 製品詳細
  • 評価レポート(0件)
  • ベンダー問い合わせ

スペック

  • 提供元企業
  • アイク・ラボ
  • 特徴
  • 従来のチャットボットと比べ、回答精度が高く質の良いデータを蓄積することができる、コストパフォーマンスの高いサービスです
  • 提供プラン
  • TypeA:導入サポートプラン
    TypeB:スタートプラン
  • 提供形態
  • webブラウザ
  • ポータル
  • ×
  • スケジュール共有
  • ×
  • ワークフロー
  • ×
  • チャット
  • メール
  • ×
  • 共有アドレス帳
  • ×
  • 施設管理/物品管理
  • ×
  • Web会議
  • ×
  • ファイル管理
  • ×
  • 横断検索
  • ×
  • 在席確認
  • ×
  • ToDo
  • ×
  • スマホ対応
  • ×
  • アンケート
  • ×
  • LDAP/AD連携
  • API提供
  • その他の主な標準機能
  •  アンサーコントロール
    形態素解析技術によるルールベース一問一答回答と、AIを活用した機械学習(ディープラーニング)による回答。自然言語を高精度で理解し、かつ2種類の比率をコントロールする事で、高い回答精度を実現。

     会話ランキング
    回答内容を点数化することにより、「良かった」会話の回答比率を上げ、「悪かった」会話を非表示にするなど、BOTとしての精度の向上を促進。

     デザイン変更
    WEB上のデザインインターフェースやキャラクターアイコンを自由にカスタマイズ。BOTにカスタムスタンプによる応答(WEB、Lineなど)をさせる事も可能。

     ワード制御機能
    一般的ではない固有名詞を辞書登録し、認識させる事が可能。また、ブラックリスト機能を利用して、有害な言動や宗教・政治に関わる言動の入力を遮断。

     荒らし(スパム等)への対応
    連続した同一会話入力の制限や、サーバーに高付加をかけるような大量の会話入力のインプットタイム制限を設ける事により、BOTを保護。
  • 主なオプション機能
  • ■カスタムラインナップ
     データ連携対応:お客様がお持ちの基幹システム等と連携
     環境構築対応:お客様のニーズ・規模感に合わせた、インフラ環境を構築
     マルチプラットフォーム対応:Line、Skype、Facebook Messenger、Slack等
     会話の作成:一問一答だけではなく、シナリオに沿った会話を作成
  • 対応最大ユーザー数
  • 制限なし
  • 課金単位
  • なし
  • 想定提供価格
  • 20万円/月~
    初期導入費
  • 支払い方法
  • 銀行振込
  • 試用ライセンス
  • なし
  • 最新版リリース日
  • 2017年7月6日
  • 提供元企業
  • アイク・ラボ
  • 特徴
  • 従来のチャットボットと比べ、回答精度が高く質の良いデータを蓄積することができる、コストパフォーマンスの高いサービスです
  • 提供プラン
  • TypeA:導入サポートプラン
    TypeB:スタートプラン
  • 提供形態
  • webブラウザ
  • ポータル
  • ×
  • スケジュール共有
  • ×
  • ワークフロー
  • ×
  • チャット
  • メール
  • ×
  • 共有アドレス帳
  • ×
  • 施設管理/物品管理
  • ×
  • Web会議
  • ×
  • ファイル管理
  • ×
  • 横断検索
  • ×
  • 在席確認
  • ×
  • ToDo
  • ×
  • スマホ対応
  • ×
  • アンケート
  • ×
  • LDAP/AD連携
  • API提供
  • その他の主な標準機能
  •  アンサーコントロール
    形態素解析技術によるルールベース一問一答回答と、AIを活用した機械学習(ディープラーニング)による回答。自然言語を高精度で理解し、かつ2種類の比率をコントロールする事で、高い回答精度を実現。

     会話ランキング
    回答内容を点数化することにより、「良かった」会話の回答比率を上げ、「悪かった」会話を非表示にするなど、BOTとしての精度の向上を促進。

     デザイン変更
    WEB上のデザインインターフェースやキャラクターアイコンを自由にカスタマイズ。BOTにカスタムスタンプによる応答(WEB、Lineなど)をさせる事も可能。

     ワード制御機能
    一般的ではない固有名詞を辞書登録し、認識させる事が可能。また、ブラックリスト機能を利用して、有害な言動や宗教・政治に関わる言動の入力を遮断。

     荒らし(スパム等)への対応
    連続した同一会話入力の制限や、サーバーに高付加をかけるような大量の会話入力のインプットタイム制限を設ける事により、BOTを保護。
  • 主なオプション機能
  • ■カスタムラインナップ
     データ連携対応:お客様がお持ちの基幹システム等と連携
     環境構築対応:お客様のニーズ・規模感に合わせた、インフラ環境を構築
     マルチプラットフォーム対応:Line、Skype、Facebook Messenger、Slack等
     会話の作成:一問一答だけではなく、シナリオに沿った会話を作成
  • 対応最大ユーザー数
  • 制限なし
  • 課金単位
  • なし
  • 想定提供価格
  • 20万円/月~
    初期導入費
  • 支払い方法
  • 銀行振込
  • 試用ライセンス
  • なし
  • 最新版リリース日
  • 2017年7月6日

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る