SAS Visual Analytics

[2016/4/15 14:17] ブックマーク

SAS Visual Analytics SAS Visual Analytics

従来型BIの課題を解決できる新世代のセルフサービス型、データディカバリー&ビジュアライゼーションBI製品です。サーバーコア課金型で、利用ユーザー数は問わないので、コストパフォーマンスにも優れているBIです。

データ分析 >BI/BA

  • データ分析 >BI/BA
  • 製品詳細
  • 評価レポート(0件)
  • ベンダー問い合わせ

スペック

  • 提供元企業
  • SAS Institute Japan株式会社
  • 特徴
  • インメモリーの並列分散処理によって高速な集計処理を可能とし、容易なレポート/ダッシュボード作成と共有、さらに専門的知識なしに、統計解析も実行でき、先を見通すことまでできる、役に立つ唯一のBI製品です。
  • 提供エディション
  • ・SMP版(非分散のシングルサーバー構成)
    ・MPP版(複数サーバーによる分散構成で、制限なくスケールアウトで拡張可能)
  • 分析機能特徴
  • 見たい項目を選択するだけで最適なチャートを自動表示するオートチャーティング機能。多次元分析では、IT部門による事前のキューブ定義・生成を不要とし、ビジネスユーザーはその場で階層順を指定して即座にドリルダウンが可能。集計結果は多彩なビジュアルを使用し、容易に可視化が可能。さらに、専門的な知識なしに、将来
    の需要予測や各種KPIの予測・シミュレーションが可能な時系列予測(6種類の予測アルゴリズムの中から最適な手法が自動的に選択され精度の高い予測値を算出)、数多くの項目間に隠された傾向を見つけ出す相関分析、ディシジョンツリーを用いたデータマイニングも可能で、ビジネスユーザー自身で先を見通すことができます。
  • レポート機能特徴
  • ビジネスユーザー自身によるマウスの簡単ドラッグ操作だけで、様々なレイアウトのレポートやダッシュボードの作成が可能。多彩なチャートタイプやダッシュボードのゲージ類が用意されているだけでなく、ビジネスユーザー自身でカスタムでチャートテンプレートを作成し、使用することも可能。ダッシュボード内の複数のチャートや表間の連携もグラフィカルな関連図を見ながら設定することができます。作成されたレポートやダッシュボードはWebブラウザ、タブレット、スマートフォンで即座に共有公開することが可能。
  • 対応データソース
  • ・様々なRDB(Oracle, DB2, SQL Server, Teradata, Greenplum, SAP HANA, etc)
    ・Hadoop(Cloudera, Hortonworks, MapR, PivotalHD, IBM BigInsight)
    ・ローカルファイル(CSV, Excel)
    ・Google Analytics
  • 独自データコネクタの作成
  • -
  • 性能面の特徴
  • ハイパフォーマンスの中核を担うSAS LASR Analytic Serverは、SAS Visual Analytics の基盤として、分析計算を高速化する機能を提供します。このサーバーが提供するインメモリ機能と超並列処理(MPP)環境を活用できることにより、SAS Visual Analyticsでは特別な設定を必要とせずに、大量データの超高速処理を素早く実行できるようになります。
  • 対応ユーザー数
  • 数人~数万人規模(特に利用ユーザー数制限はありません)
  • その他の主な標準機能
  • 多彩なフィルターコントロールによる条件指定検索。地図を用いた集計や分析。アラート機能。要約情報から詳細へのドリルスルー。異なるデータソースに基づくチャート間の連携。モバイル端末上でもドリルダウン等のダイナミックな操作が可能。コメントを通じた複数ユーザー間コラボレーション。バブルチャートのアニメーション。レポートやダッシュボードは複数のセクション(タブ)で構成可能。
  • 主なオプション機能
  • ・SAS Visual Statistics:
    SAS Visual Analyticsのアドオン製品。ロジスティック回帰、線形回帰、一般化線形、ディシジョンツリーを用いた予測モデル作成とスコアリング。クラスタ分析によるセグメンテーションが可能

    ・SAS Office Analytics:
    SAS BI製品ラインナップの一つ。この製品を組み合わせると、BIのための難易度が高い、データ抽出・変換・加工・統合を効率的に実行可能。また、Excel等MS Officeアプリケーションとのシームレスな連携が可能で、SAS Visual Analytivsで作成したレポート/ダッシュボードをExcel等MS Officeアプリケーション上で直接開くことができ、容易な二次活用が可能になります。
  • 動作環境
  • サーバ環境 [OS]
    ・Red Hat Enterprise Linux 6.1.
    ・SuSE Linux Enterprise Server 11 SP1.
    ・Oracle Linux 6.1.
    ・Windows Server 2008 R2 Enterprise SP1, Windows Server 2008 R2 Datacenter SP1, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Datacenter.

    クライアント環境 [ブラウザ]
    ・Internet Explorer 9以上
    ・Firefox 6以上
    ・Chrome 15以上

    モバイル:
    (タブレット)
    ・iPad2, 3, 4 ,mini, Air - Apple iOS 7 以上
    ・Android 4.1 以上, 7 / 10インチタブレット
    (スマートフォン)
    ・iPhone 4, 4S, 5, 5S, 6, 6 Plus (iOS 7 以上)
    ・Samsung Galaxy S4, S5, Galaxy Note 4, Note 5, Note Edge,Google Nexus 5, 6 (Android 4.1 以上)

    ※最新のサポート環境に関してはお問い合わせください。
  • 課金単位
  • サーバーコア課金(利用ユーザー数は問わない)
  • 想定提供価格
  • 要問い合わせ
  • 試用ライセンス
  • 1ヶ月間の評価ライセンス提供可能
  • 最新版リリース日
  • 最新版SAS Visual Analytics 7.3: 2015年8月リリース
  • 提供元企業
  • SAS Institute Japan株式会社
  • 特徴
  • インメモリーの並列分散処理によって高速な集計処理を可能とし、容易なレポート/ダッシュボード作成と共有、さらに専門的知識なしに、統計解析も実行でき、先を見通すことまでできる、役に立つ唯一のBI製品です。
  • 提供エディション
  • ・SMP版(非分散のシングルサーバー構成)
    ・MPP版(複数サーバーによる分散構成で、制限なくスケールアウトで拡張可能)
  • 分析機能特徴
  • 見たい項目を選択するだけで最適なチャートを自動表示するオートチャーティング機能。多次元分析では、IT部門による事前のキューブ定義・生成を不要とし、ビジネスユーザーはその場で階層順を指定して即座にドリルダウンが可能。集計結果は多彩なビジュアルを使用し、容易に可視化が可能。さらに、専門的な知識なしに、将来
    の需要予測や各種KPIの予測・シミュレーションが可能な時系列予測(6種類の予測アルゴリズムの中から最適な手法が自動的に選択され精度の高い予測値を算出)、数多くの項目間に隠された傾向を見つけ出す相関分析、ディシジョンツリーを用いたデータマイニングも可能で、ビジネスユーザー自身で先を見通すことができます。
  • レポート機能特徴
  • ビジネスユーザー自身によるマウスの簡単ドラッグ操作だけで、様々なレイアウトのレポートやダッシュボードの作成が可能。多彩なチャートタイプやダッシュボードのゲージ類が用意されているだけでなく、ビジネスユーザー自身でカスタムでチャートテンプレートを作成し、使用することも可能。ダッシュボード内の複数のチャートや表間の連携もグラフィカルな関連図を見ながら設定することができます。作成されたレポートやダッシュボードはWebブラウザ、タブレット、スマートフォンで即座に共有公開することが可能。
  • 対応データソース
  • ・様々なRDB(Oracle, DB2, SQL Server, Teradata, Greenplum, SAP HANA, etc)
    ・Hadoop(Cloudera, Hortonworks, MapR, PivotalHD, IBM BigInsight)
    ・ローカルファイル(CSV, Excel)
    ・Google Analytics
  • 独自データコネクタの作成
  • -
  • 性能面の特徴
  • ハイパフォーマンスの中核を担うSAS LASR Analytic Serverは、SAS Visual Analytics の基盤として、分析計算を高速化する機能を提供します。このサーバーが提供するインメモリ機能と超並列処理(MPP)環境を活用できることにより、SAS Visual Analyticsでは特別な設定を必要とせずに、大量データの超高速処理を素早く実行できるようになります。
  • 対応ユーザー数
  • 数人~数万人規模(特に利用ユーザー数制限はありません)
  • その他の主な標準機能
  • 多彩なフィルターコントロールによる条件指定検索。地図を用いた集計や分析。アラート機能。要約情報から詳細へのドリルスルー。異なるデータソースに基づくチャート間の連携。モバイル端末上でもドリルダウン等のダイナミックな操作が可能。コメントを通じた複数ユーザー間コラボレーション。バブルチャートのアニメーション。レポートやダッシュボードは複数のセクション(タブ)で構成可能。
  • 主なオプション機能
  • ・SAS Visual Statistics:
    SAS Visual Analyticsのアドオン製品。ロジスティック回帰、線形回帰、一般化線形、ディシジョンツリーを用いた予測モデル作成とスコアリング。クラスタ分析によるセグメンテーションが可能

    ・SAS Office Analytics:
    SAS BI製品ラインナップの一つ。この製品を組み合わせると、BIのための難易度が高い、データ抽出・変換・加工・統合を効率的に実行可能。また、Excel等MS Officeアプリケーションとのシームレスな連携が可能で、SAS Visual Analytivsで作成したレポート/ダッシュボードをExcel等MS Officeアプリケーション上で直接開くことができ、容易な二次活用が可能になります。
  • 動作環境
  • サーバ環境 [OS]
    ・Red Hat Enterprise Linux 6.1.
    ・SuSE Linux Enterprise Server 11 SP1.
    ・Oracle Linux 6.1.
    ・Windows Server 2008 R2 Enterprise SP1, Windows Server 2008 R2 Datacenter SP1, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Datacenter.

    クライアント環境 [ブラウザ]
    ・Internet Explorer 9以上
    ・Firefox 6以上
    ・Chrome 15以上

    モバイル:
    (タブレット)
    ・iPad2, 3, 4 ,mini, Air - Apple iOS 7 以上
    ・Android 4.1 以上, 7 / 10インチタブレット
    (スマートフォン)
    ・iPhone 4, 4S, 5, 5S, 6, 6 Plus (iOS 7 以上)
    ・Samsung Galaxy S4, S5, Galaxy Note 4, Note 5, Note Edge,Google Nexus 5, 6 (Android 4.1 以上)

    ※最新のサポート環境に関してはお問い合わせください。
  • 課金単位
  • サーバーコア課金(利用ユーザー数は問わない)
  • 想定提供価格
  • 要問い合わせ
  • 試用ライセンス
  • 1ヶ月間の評価ライセンス提供可能
  • 最新版リリース日
  • 最新版SAS Visual Analytics 7.3: 2015年8月リリース

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る