勤怠管理システムの進化、最新トレンドを紹介

[2018/05/08 14:01] ブックマーク ブックマーク

  • 勤怠管理・就業管理
  • ● 関連キーワード
  • 勤怠管理

勤怠管理・就業管理

勤怠管理というと、タイムカードの印字を表計算ソフトに入力して勤務時間を計算する、そんな手間のかかる作業を想像する方も多いでしょう。しかし、「勤怠管理システム」は、最新のテクノロジーを取り入れて進化を続けています。これまではマンパワーを必要としていた作業は自動化され、いままではできなかった従業員の退職予測も可能になりました。ここでは、勤怠管理システムの最新トレンドを紹介します。

RPAの導入

RPAとは、ロボティック・プロセス・オートメーションの略で、その名の通り、ロボットを利用して作業を自動化することを意味しています。ロボットと言っても、産業用ロボットのようなハードウェアを活用するわけではなく、ソフトウェアロボットが活用されています。ソフトウェアロボットの特徴は、ルールに従って決められた作業だけを繰り返し行うことと、人間のようにミスをしないことです。このため、ミスが起こりやすい単純な繰り返し作業については、RPAの導入が適していると言われています。

勤怠管理システムで行う作業の中でも、労働時間の集計作業や給与計算は、ルールに従って行うので、RPAに適した作業です。また、支店から各従業員の就業状況がFAXで送られてくる場合、これを手打ちでデータベースに入力しているとミスが発生してしまいます。手打ちよりも、データをスキャンしてOCRで読み取ることの方がミスが少なくなるでしょう。そのため、ハードコピーのデジタル化もRPAに適した作業と言えます。これらの作業にRPAを導入することが、勤怠管理システムの最新トレンドとなってます。勤怠管理システムにRPAを導入することで、労働時間の集計作業や給与計算、ハードコピーのデジタル化などを自動化することができます。自動化によって必要なマンパワーを削減するだけでなく、ミスを減らすことが可能です。

AIの搭載

AIはソフトウェアロボットと異なり、自分で考えて判断をすることができます。ソフトウェアロボットが単純な作業を正確に繰り返すものであるのに対して、AIは、大量のデータを分析して、その結果を出力するものだと言えるでしょう。勤怠管理システムにAIを搭載することによって、就業状況のデータを分析して、その結果を出力することができます。

例えば、従業員ごとの出退勤時間や残業時間、有給休暇の取得状況などを分析することで、その従業員の退職や求職のリスクを予測することが可能です。さらに、就業状況とヘルスケアのデータを結びつけてAIに分析させることで、従業員の健康を数値化して管理することもできるようになります。問題の発見や見える化を実現するために、勤怠管理システムにAIを搭載することも、最新のトレンドです。

生体認証の利用

タイムカードとタイムレコーダーによって出退勤時刻を管理する場合、遅刻した同僚のタイムカードを打刻するなどの不正をされてしまうリスクがあります。タイムカードに代えて生体認証を活用することで、本人でなければ出退勤時刻の記録ができなくなり、不正を防ぐことがで可能です。また、生体認証による出退勤時刻の記録を勤怠管理システムに連動させれば、自動で勤務時間や給与の計算ができるようになります。

生体認証というと、特別なハードウェアを用意する必要があり、導入のためのコストが高くなってしまうイメージがあります。しかし、生体認証の中でも、顔認証や静脈認証は、カメラさえあれば実現可能です。既存のパソコンやタブレットに生体認証用のソフトウェアを導入するだけで、勤怠管理システムの中で生体認証を利用することが可能になりました。生体認証のコストが低下して利用しやすくなったことも、勤怠管理システムのトレンドだと言えます。

最新のテクノロジーで勤怠管理はますます便利に

勤怠管理システムは科学技術の発展とともに進化を続けています。特に長時間労働の社会問題化などにより勤怠管理が注目を浴びている現代社会では、その進化はめざましく、最新のテクノロジーを取り入れながら、日々便利になっています。勤怠管理は面倒だというイメージを抱いている場合には、最新の勤怠管理システムを導入することで、業務の効率を劇的に改善させることができるでしょう。

勤怠管理・就業管理の基礎知識

重要性が増している勤怠管理とは

進化を続ける「勤怠管理システム」とは

働き方改革で何が変わる? 法律に合わせた勤怠管理システムを

働き方改革に向けて勤怠管理システムでできること

勤怠管理システムの進化、最新トレンドを紹介

勤怠管理システム導入のメリット、煩雑な業務の合理化で得られるもの

勤怠管理システム導入のデメリット? 導入前の準備次第で回避可能

勤怠管理システム導入の注意点、導入効果を最大にする事前準備のポイント

勤怠管理システムの主な機能、把握することで有用性が見えてくる

便利な勤怠管理システムの集計機能 - まずは正しい設定から

便利な勤怠管理システムの打刻機能 - 最先端の打刻機能で業務を効率化

便利な勤怠管理システムの申請・承認機能 - 完全オンラインでも申請・承認

便利な勤怠管理システムのシフト設定機能 - 複雑なシフト管理を簡単効率化

便利な勤怠管理システムの給与計算機能 - 給与ソフト連携でより高機能に

中小企業の勤怠管理、クラウド型勤怠管理システムをすすめる理由

勤怠管理に携わるなら知っておくべき労働基準法の基礎知識

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3689
2
勤怠管理システムの進化、最新トレンドを紹介
勤怠管理というと、タイムカードの印字を表計算ソフトに入力して勤務時間を計算する、そんな手間のかかる作業を想像する方も多いでしょう。しかし、「勤怠管理システム」は、最新のテクノロジーを取り入れて進化を続けています。これまではマンパワーを必要としていた作業は自動化され、いままではできなかった従業員の退職予測も可能になりました。ここでは、勤怠管理システムの最新トレンドを紹介します。
https://news.mynavi.jp/itsearch/images/noimage.fw.png
勤怠管理というと、タイムカードの印字を表計算ソフトに入力して勤務時間を計算する、そんな手間のかかる作業を想像する方も多いでしょう。しかし、「勤怠管理システム」は、最新のテクノロジーを取り入れて進化を続けています。これまではマンパワーを必要としていた作業は自動化され、いままではできなかった従業員の退職予測も可能になりました。ここでは、勤怠管理システムの最新トレンドを紹介します。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
クラウドアンケート

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る