マイナビニュースマイナビ
【特別企画】

リモートワークやクラウド利用が浸透した今、情シスがチェックすべき「シャドーリスク」とは?

[2021/07/09 09:00] ブックマーク ブックマーク

新型コロナウイルスの感染防止対策に後押しされて、2020年から急速にリモートワークが普及してきた。 情シス担当者の方々は急遽インフラ整備の対応に追われ、苦労されたことだろう。
初の緊急事態宣言から1年あまり、リモートワーク環境の構築も一段落したことと思われるが、ここでひとつ振り返ってみていただきたい。 今の環境は、本当に安全なのだろうか?

不安を感じている情シスは、管理の行き届かない資産にどう立ち向かう?

リモートワーク環境を構築する際のちょっとした設定ミスから情報漏洩が起こる可能性があることは、しばしば注意喚起されている。

リモートワークに限らないことだが、事業が大きくなったり多様化したりすれば、その分設定しなければならないことが多くなり、リスクが生まれる機会も増加する。特にクラウド時代となった今、事業部門独自で容易に環境を構築できるようになっている。

情シス部門にとっては、社内で利用中のサービスや立ち上げられた仮想サーバーを台帳に記録するだけでも大仕事となっているはずだ。そのうえで、セキュリティ面にも細心の注意を払うことが求められ、日々、ストレスや不安を感じている情シス担当者も多いだろう。

そうした状況において、グローバルIPアドレスを有するサーバーや機器、クラウドサービスなどといった「資産」の中で、「管理できていない資産」こそが攻撃のターゲットにされる危険性が高い。

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る