マイナビニュースマイナビ
【特別企画】

デジタルマーケティングで頭を悩ませる "コンテンツの量産" は、どうすれば実現できるか?

[2021/01/29 10:00] ブックマーク ブックマーク

今の時代においてデジタルマーケティングが欠かせないことは自明だ。ただ、この実践にあたり、マーケティング担当者の中で従来にはなかった大きな課題が生じている。

デジタル技術が発展したことで、対象ごとにパーソナライズされたコンテンツを届けられるようになった。これは一方で、マーケティング担当者が生成しなければならないコンテンツの量、種類が爆発的に拡大したことを意味する。従来体制ではコンテンツの量産が間に合わない、……そんな事態が発生しているのだ。

コンテンツの量産には適切なコンテンツ管理が欠かせない

コンテンツの量産には適切なコンテンツ管理が欠かせない。その体制づくりのヒントを、ダウンロード資料から掴んでほしい。

マーケティング部門は、企業内にある数多くの組織の中でも特に多忙なセクションだ。日々の業務に忙殺される中、どんな体制を整備すれば、高品質なコンテンツが量産できるのか。1つの鍵は、「適切なコンテンツ管理」にある。サイトコアが公開しているホワイトペーパー「デジタルマーケティングを変革」から、詳細を解説していこう。

サイトコア提供ホワイトペーパー
デジタルマーケティングを変革:
 1) コンテンツの未来   2) デジタル資産管理の有効活用
> > 資料のダウンロードはこちら

コンテンツの量産を妨げるボトルネックとは?

管理や体制の在り方に触れる前に、まずコンテンツがどのようなプロセスで制作されているかを整理しよう。

多くのマーケティング担当者が最初に行うのは、見込み客のペルソナごとでマーケティングシナリオを描くことだろう。それぞれにどんなコンテンツが合致するのかを検討した上で、アイディアを練りコンテンツ案を企画する。その上で制作へと移るわけだが、ゼロベースでコンテンツを制作するケースは少ないはず。1つ1つのコンテンツをゼロベースに制作しては、時間もお金もかかりすぎるからだ。

必然的に、コンテンツ制作の多くは、社内にある資料や過去のキャンペーンで作成したコンテンツを “基礎原稿” とし、これを再利用しながら進めることとなる。ただ、ここで頭を悩ませるのが以下のような課題だ。

・営業や商品開発チームの持つ資料を再利用したいのにその保管場所がどこかわからない
・基礎原稿になりそうなアセットは見つかったけれど、そこで使用されている画像の権利元がわからず使っていいのか判断できない

デジタル資産の調査に多くの時間が割かれてしまう。このことが、コンテンツの量産を妨げる大きなボトルネックとなっている。

解決の鍵は、デジタル資産の統合管理

企業の持つすべてのデジタル資産へアクセスできるポータルのような仕組みがあれば、上に挙げた課題を解消することができよう。聞き馴染みの無い言葉かもしれないが、実は今述べたポータルの仕組みは、MRM(Marketing Resource Management:マーケティングリソース管理)、DAM(Digital Asset Management:デジタル資産管理)、DRM(Digital Right Management:デジタル著作権管理)といったソリューションを活用することで実現することができる。

ダウンロード資料では、ここまで述べてきた現行のコンテンツ制作にある課題を細かく解説するとともに、デジタル資産の統合管理を実現する「Sitecore Content Hub」についても紹介。留意点を交えながら、コンテンツの企画から制作、管理まで、つまりコンテンツの「ライフサイクル」のあるべき姿を説明している。マーケティング担当の方にはぜひ手に取っていただきたい。

ダウンロード資料のご案内

サイトコア提供ホワイトペーパー
デジタルマーケティングを変革:
 1) コンテンツの未来   2) デジタル資産管理の有効活用
> > 資料のダウンロードはこちら

[PR]提供:サイトコア

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る