【特別企画】

クラウドネイティブを推進し、DXの実現を目指す企業を強力に支援する「Dell Technologies Cloud Platform」

[2020/10/05 09:30] ブックマーク ブックマーク

デジタル変革に向けて、コンテナやCI/CD、アジャイル、マイクロサービスなどの方法論やアプローチが注目を集めている。ただ、人手やスキル、予算が限られる中、こうしたアプローチを実践していくことは簡単ではない。実際、既存ITインフラの運用だけで手一杯という企業は少なくない。そんな中、クラウドネイティブアプリと従来型アプリを同時に稼働できる新たな「クラウドソリューション」を提供し始めたのがデル・テクノロジーズ株式会社だ。ここでは、同社キーマンに、その実力について伺った。

本記事の全容はダウンロードPDFから参照いただけます。

> > PDFのダウンロードはこちら

従来型アプリとクラウドネイティブアプリを統合、デル・テクノロジーズ株式会社が提供するクラウドソリューション

企業がデジタル時代を生き残っていくためには、デジタル技術を活用して自らの業務やビジネスのあり方そのものを見直し、変革していくデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが重要になってきた。DXを実現するためには、ITの活用はもちろん、既存のITインフラ基盤の見直しや「クラウドネイティブ」に代表される新しい技術や方法論が欠かせない。

ただ、ビジネス環境が激変し、人手不足やコスト削減といった目の前の課題に急いで対応しなければならない中、新しい取り組みにリソースを集中投下できる企業は限られている。そのため、DXの取り組みを既存の業務やITインフラの効率化という「守り」の側面と、モダンなアプリケーション開発による新規ビジネスの創造という「攻め」の側面の両面で展開していくアプローチが重要だ。

そうした取り組みをITとビジネスの両面から支援しているのがデル・テクノロジーズ株式会社だ。サーバーからネットワーク、ストレージ、プラットフォーム、アプリケーションに至るまで、多様な製品ポートフォリオで企業のITシステムを支えてきた同社は、DXを実現するためのクラウドネイティブへの対応も積極的に進めている。その1つが「Dell Technologies Cloud Platform」と呼ばれるハイブリッドクラウドプラットフォームの提供だ。

クラウドネイティブを推進するために必要な方法論、アプローチ、テクノロジー、プラットフォームとは

クラウドネイティブを構成する技術や方法論は、大きく以下の4つに分けることができる。

  • 継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)
  • DevOpsとアジャイル
  • コンテナとPaaS
  • マイクロサービス

これらは、ビジネス価値を最大化するための手段であり目的ではない。クラウドネイティブに対する取り組みで重要なことは、価値創造のサイクルを回し続けていくことにある。そして、そのために必要不可欠なのが、Dell Technologies Cloud Platformだ。

DXを実現する要素と成功のサイクル

Dell Technologies Cloud Platformでは、コンテナ環境に対応したソフトウェアディファインドデータセンター(SDDC) 基盤「VMware Cloud Foundation(VCF)」をIntel Xeon Platinum プロセッサを搭載したハイパーコンバージドインフラ(HCI)アプライアンス製品「Dell EMC VxRail」上で動作させ、VCF に統合されたコンテナオーケストレーションツール「Tanzu Kubernetes Grid」を使って、アプリケーションコンテナやシステムコンテナを管理する。

*  *  *

本稿からダウンロードできる資料では、「Dell Technologies Cloud Platform」の詳細について、デル・テクノロジーズ株式会社のキーマンが解説している。企業のIT担当、経営層の方には、ぜひご一読いただきたい。

ダウンロード資料のご案内

「Dell Technologies Cloud Platform」で
クラウドネイティブ時代の課題を解決しDXを推進

>> PDFのダウンロードはこちら

[2020年10月29日(木)]無料ウェビナーのご紹介

【ヤフー グループCTO 服部氏が登壇!】
ビジネス変革でITはこう変わる!
アプリケーション開発の最前線から、DX時代の将来像を読み解く!

本ウェビナーでは、ヤフーや日経統合システムの取り組みにおける先進的なインフラの構築・運用を紹介。さらにコンテナ、仮想化からハードウェアまで、豊富なソリューションで企業を支援するデル・テクノロジーズが、DX実現のポイントをITインフラの視点から解説します。

>> ウェビナーの詳細・お申し込みはこちら!

インテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリー

最新のインテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、通信、ストレージ、クラウド、ビッグデータ分析など、さまざまな用途に、性能、電力効率、仮想化、セキュリティーの面で大きなメリットを提供し、IT 部門の課題解決を支援します。Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabookは、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporationの商標です。

[PR]提供:デル・テクノロジーズ株式会社

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る