NRI、システム基盤にNutanixを採用 - 一元管理により運用工数を大幅削減 [事例]

[2017/08/09 15:50] ブックマーク ブックマーク

ニュータニックス・ジャパンは8月9日、野村総合研究所(以下、NRI)が「Nutanix Enterprise Cloud Platform」を導入したと発表した。

NRIでは数年前からデスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)環境を導入し、セキュリティの強化と運用負荷の軽減を推進してきた。今回、これをさらに発展させるものとして、場所やデバイスを問わずセキュアに作業できる新たなVDI環境の構築を決定。まずは「Citrix XenDesktop」と「Microsoft Windows 10」によるVDI環境を構築した。

次に、NRIは従来の基盤の代替としてハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI:Hyper-Converged Infrastructure)の導入を検討し、Nutanix Enterprise Cloud Platformの採用に至った。選定にあたっては、NutanixとCitrixがテクノロジーアライアンスパートナーであることや、NutanixのVDI環境における実績などが評価されたとしている。

現在、NRIでは、本社のコーポレート部門を中心とした1,000ユーザーを対象にVDI環境を整備する。VDI環境は「標準VDI」と、ユーザーによるアプリケーション追加が可能な「個別VDI」の2種類が用意される。また、経営層に対してはiPadを活用したデスクトップ環境も提供する。

導入により、短期間で基盤を整備できたほか、運用面においても管理ツール「Nutanix Prism」だけで一元管理が可能になり、工数が大幅に削減されたという。

NRIは今後、2020年までに全社規模での展開を計画しており、直近では1,000ユーザーの追加拡張を予定する。また、現状はVMwareをハイパーバイザーとして利用しているが、コスト面も考慮した上でNutanixの「AHV(Acropolis Hypervisor)」も検討するとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [22] とうとう完成したAzure Stack! 正式提供を開始

【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [22] とうとう完成したAzure Stack! 正式提供を開始

2017年7月11日、マイクロソフトがワシントンD.C.で開催した「Microsoft Inspire」にて、Azure Stackの正式提供開始が発表されました。今回は、これまでの繰り返しになる部分もありますが、最新情報を交えながらあらためて「Azure Stackとは何か?」について解説しておこうと思います。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る