マイナビニュースマイナビ

「ビッグデータ」関連記事一覧

201 件中 161~180件目を表示中

【インタビュー】企業と顧客の接点はデジタル・チャネルへ。マーケティングにおけるIT部門の使命とは? - ガートナー川辺氏

【インタビュー】企業と顧客の接点はデジタル・チャネルへ。マーケティングにおけるIT部門の使命とは? - ガートナー川辺氏

企業と顧客との接点が、デジタル・チャネルへとシフトしている。こうした状況の中、マーケティングにおいてIT部門に求められる役割は何なのか。デジタル対応型CRM市場をリードする"5大ベンダー"の動向と合わせ、ガートナージャパン 川辺 謙介氏に話を聞いた。

マーケティング

初期費用0円から利用可能! 中小企業向けのオンラインストレージとは?

【特別企画】初期費用0円から利用可能! 中小企業向けのオンラインストレージとは?

ビジネスにインターネットを利用するのが当たり前の今、様々なレンタルサーバやクラウドサービスが提供されている。しかし、限られたコスト・条件で、どのようなクラウドサービスを選ぶのが最適なのだろうか。

サーバ/ストレージ

「いまさら聞けない」データ分析の総ざらい

【特別企画】「いまさら聞けない」データ分析の総ざらい

昨今、「データ分析」の重要性が強く叫ばれています。ただ、それはアナリストやデータ・サイエンティストと呼ばれる"専門家だけが担うことができる難解なもの"という誤解を持たれてはいないでしょうか。データ分析という手法は、ITのパワーを活用することで、どんな企業も導入・実践することができる"現実解"なのです。データ分析とはいかなるものなのか――。ここでは、これからデータ分析を始める方や始めたが、もう一度初歩知識を復習したい方々向けにデータ分析の基本を解説します。

データ分析

ビッグデータの活用企業は未だ6% - 関心はあるけど踏み出せないワケと、打開策の検討

【特別企画】ビッグデータの活用企業は未だ6% - 関心はあるけど踏み出せないワケと、打開策の検討

調査会社ガートナージャパンが2015年5月に公表した調査レポートによれば、日本企業の約9割が「ビッグデータ」を認知しており、約3割が関心を示しているという。ところが、実際にビッグデータを活用している動きは全体の6%でしかないようだ。なぜ、企業によるビッグデータ活用が進展しないのか。理由はいたってシンプルだ。

データ分析

【インタビュー】Windows 10は日本企業にインパクト大! 2020年のクライアント環境はこうなる - ガートナー針生氏

【インタビュー】Windows 10は日本企業にインパクト大! 2020年のクライアント環境はこうなる - ガートナー針生氏

ここ数年、モバイルやウェアラブル、さらにはクラウドとの連携が一気に加速したこともあり、クライアントコンピューティング(エンドユーザーコンピューティング)は企業ITにおける一大テーマとなっている。このような動向を踏まえて、ガートナー ジャパン リサーチ部門 ITインフラストラクチャ&セキュリティの主席アナリスト、針生恵理氏は、「2020年には、モビリティによる変革はもはや止められない域に達していることでしょう。今までの常識は通用しない、新たな時代への備えが必要です」と強調する。

クラウド

【レポート】機械と人間の関係が大きく変わる時代、企業はどうアクションすべきか - Gartner Symposium/ITxpo 2015

【レポート】機械と人間の関係が大きく変わる時代、企業はどうアクションすべきか - Gartner Symposium/ITxpo 2015

モノのインターネット(IoT)やスマートマシン、ビッグデータなどのテクノロジーは、ビジネスと社会に何をもたらすのか、そして企業はどうアクションすべきなのか。「Gartner Symposium/ITxpo 2015」で亦賀氏は、誰もが考えるべきこととして、「『ロボ」の台頭」、「Nexus(結節)の進化」、「スマートスタート」の3つのテーマを挙げた。

サーバ/ストレージ

【インタビュー】「BIツール導入では3つのユースケースを意識すべき」 - ガートナー 堀内氏

【インタビュー】「BIツール導入では3つのユースケースを意識すべき」 - ガートナー 堀内氏

「BIツールのユースケースは大きく3つに分けられます。これを混同すると、実用に堪えられない分析/レポーティング環境になりがちです。目的次第で対応ツールも異なるので、現場によっては複数導入せざるをえないケースもあるでしょう」――BIを専門とするアナリスト、ガートナー ジャパンの堀内秀明氏は、BIツール検討時の留意点についてこのように説明する。

データ分析

作業効率が6倍に!? 映画「ゼロ・グラビティ」のVFX制作の作業効率をあげた「Avere FXT」

【特別企画】作業効率が6倍に!? 映画「ゼロ・グラビティ」のVFX制作の作業効率をあげた「Avere FXT」

増え続けるデータ格納先としてNASの導入が進んでいる。しかし、NASを用いたとしても、扱うデータ量が膨大すぎることによる運用負荷を避けられない企業が増えているのが実情だ。このような、「ビッグデータ」を管理する煩雑さや、コスト問題の解決を手助けしてくれるのが、ハイブリッドクラウドNAS「Avere FXT」だ。

サーバ/ストレージ

【レポート】デジタルビジネス時代の製品/サービス選びのポイントとは?

【レポート】デジタルビジネス時代の製品/サービス選びのポイントとは?

スマートデバイス、クラウドサービス、ソーシャルメディア、さらにはIoTやスマートマシンなど、企業に新たな技術が次々と浸透していく中、これからの企業IT部門はどのように変わるべきなのか。また、それに向けた製品/サービス選定の際に必ず抑えるべきポイントはどこにあるのか、ガートナー ジャパン 鈴木雅喜氏に話を聞いた。

クラウド

認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

【特別企画】認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

ビッグデータを実際に活用している企業はまだまだ少ない。活用方法を紹介。ビッグデータをビジネスで活用するためには、収集したビッグデータと既存のビジネスデータを融合する必要があるが、既存システムの各所に多種多様な形で散在してしまっているケースが多いためデータの融合には大きな労力とコストがかかってしまう。これがビッグデータの活用が進まない要因であり、これを解決するための方法とは何か。

データ分析

ビッグデータ時代を生き抜くためのDBインフラ「超高速化」 - プアなDB基盤では、BIなど実現できない

【特別企画】ビッグデータ時代を生き抜くためのDBインフラ「超高速化」 - プアなDB基盤では、BIなど実現できない

かつてないスピードで生みだされ続ける膨大なデータを、どう蓄積し、どう活用してビジネスへ貢献させればいいのか。多くの企業経営者や情報システム担当者にとって、重要な課題のひとつとなっている。これは同時にデータベースシステムそのものの「高パフォーマンス」「高可用性」「耐障害性」への要求が高まっていることも意味する。しかし、当然、かけられるコストには限りがある。この相反する2つの「現実」を前に頭を悩ませる担当者も多いのではないだろうか。

サーバ/ストレージ

「データサイエンティストは必要か?」 絶対現場主義で企業全体の競争力を高めるBI活用術

【特別企画】「データサイエンティストは必要か?」 絶対現場主義で企業全体の競争力を高めるBI活用術

今やビッグデータの時代と言われて久しい。しかし、ビジネスにとって重要なのは、データ量の大小ではなく、データを活用して「何に役立てるか」ということだ。そして、その答えを持っているのは、"現場"の担当者だと言える。現場自らが、これまで活用していなかった、あるいは活用できていなかったデータを活用できれば、新たな気づきや事実を素早く見つけ出し、それに基づいた次のアクションや意思決定を迅速に行える。

データ分析

20超のシステムを抱える東京証券取引所が採ったデータ連携施策とは?

【特別企画】20超のシステムを抱える東京証券取引所が採ったデータ連携施策とは?

世界三大証券所の1つである東京証券取引所。その内部では20以上の情報系システムが運用されているという。サイロ化したシステムの運用課題を解消するべく、同社はデータモデルの一元化を実施。しかし、運用開始後に大きな問題が明らかになる。

データ分析

ビッグデータ時代の敵、乱立システムと散在データを駆逐する - BPMとESBを本当に理解してる?

【特別企画】ビッグデータ時代の敵、乱立システムと散在データを駆逐する - BPMとESBを本当に理解してる?

ESBと、それによって実現するBPM。これらにはビジネスのあり方そのものを大きく変えてしまう可能性を秘めている。そして、その潮流は既に世界中で広がりつつある。この流れに乗り遅れないうちに正体をしっかりと見極めておくべきである。

データ分析

DMP基盤に求められる4つの要素とは - マイナビニュースフォーラム2014 講演録

【特別企画】DMP基盤に求められる4つの要素とは - マイナビニュースフォーラム2014 講演録

「ビッグデータ」という概念の普及により、多くの企業において「データ活用」が積極化する近年、DMPというキーワードに注目が集まっている。2014年12月9日(火)に開催されたデータ活用をテーマに開催するフォーラム「マイナビニュースフォーラム2014 Winter for データ活用」でも、東京エレクトロンデバイスの住友義典氏が登壇し、DMPの構築に求められる要件と具体的な方法を解説した。

データ分析

データベース界の常識を疑え! 乗り換えでコストが半額...10分の1以下に... - 浮いたコスト分はここに回せ

【特別企画】データベース界の常識を疑え! 乗り換えでコストが半額...10分の1以下に... - 浮いたコスト分はここに回せ

マイナビニュースが主催する「ビッグデータ」セミナー AITデータを活かすシリーズの2回目が、12月11日に開催された。「経営に活かす! 戦略的なITコストマネジメントとは!?」と題したセミナーで取り上げられたのは、データベース管理システムの刷新によるコスト削減という具体的な手法と、それによって得られた余裕をどこへ注ぎ込むべきかという指針だった。

ソリューション

デキる企業はここが違う! 分析業務を成功に導くポイントとは - AIT

【特別企画】デキる企業はここが違う! 分析業務を成功に導くポイントとは - AIT

ここ数年、ビッグデータをビジネスに活用する動きが活発化している。すでに具体的な取り組みを行っている、これからツールの導入を予定している、といった企業も多いだろう。しかし、昨今ではツールの操作が簡単になったとはいえ、分析業務には最低限の知識・スキル・ノウハウなどが求められるのも確かだ。

データ分析

ビッグデータ時代の新たな潮流。インテリジェントなビジネス・プロセスとは

【特別企画】ビッグデータ時代の新たな潮流。インテリジェントなビジネス・プロセスとは

ビッグデータ時代の到来により、今後はデータ分析の重要性が更に高まることが予想される。そこで大きな壁となって立ちはだかるものが、乱立したシステムの中に存在する多種多様なデータを、どのように一元化するかである。この問題を解決し、より正確に、かつ素早く分析を行うことで、現在だけではなく未来の予測まで導き出す手段、それが「インテリジェントなビジネス・プロセス」と呼ばれるものである。

データ分析

プライベートDMPを成功させるビッグデータ統合とは

【特別企画】プライベートDMPを成功させるビッグデータ統合とは

プライベートDMPを構築することで、潜在顧客も含めたあらゆる顧客の属性や行動履歴を把握し、リレーションシップを深めることができる。そこでの成否を分ける重要なポイントは、「有益なデータをできるだけ多く集めること」にあるといって過言ではない。では、ビッグデータを利用する上で、どんなことを理解しておく必要があるのだろうか。

マーケティング

デジタルテクノロジーで消費者にユニークな体験を提供 - 電通グループ事例ご紹介

【特別企画】デジタルテクノロジーで消費者にユニークな体験を提供 - 電通グループ事例ご紹介

消費者との相互コミュニケーションを通じ、ビジネスを成功に導こうという新しいソリューションサービスが登場した。電通レイザーフィッシュの「次世代コミュニケーションプラットフォーム」である。最新のデジタルテクノロジーを活用した同サービスには、顧客にユニークな体験をもたらすコマース基盤や分析機能が用意されている。

マーケティング

201 件中 161~180件目を表示中

201 件中 161~180件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る