マイナビニュースマイナビ

「Gartner」関連記事一覧

147 件中 1~20件目を表示中

新しいマーケティングを目指すUUUMが"コンテクスト"にこだわる訳

新しいマーケティングを目指すUUUMが"コンテクスト"にこだわる訳

11月16日~18日に開催された「Gartner IT Symposium/Xpo 2021」では、同社 取締役 常務執行役員 市川義典氏が登壇し、UUUMが取り組むコンテクスト・ドリブン・マーケティングについて講演した。本稿では、その内容をレポートする。

マーケティング

コロナ禍で注目される「サードパーティ・リスク・マネジメント(TPRM)」の始め方

コロナ禍で注目される「サードパーティ・リスク・マネジメント(TPRM)」の始め方

コロナ禍は、企業が事業継続計画の見直しを行う契機となっており、ベンダーに対するリスク・マネジメント(TPRM:Third-party Risk Management)もその一環として注目されつつある。10月6日~8日に開催されたオンラインカンファレンス「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2021」に登壇したガートナー シニアディレクター アナリスト 土屋隆一氏は、このTPRMを有効な形で始めるための方法について解説した。

セキュリティ

コロナ禍を受けて変化するセキュリティ/リスク・マネジメント - 重要トレンドをガートナーのアナリストが解説

コロナ禍を受けて変化するセキュリティ/リスク・マネジメント - 重要トレンドをガートナーのアナリストが解説

米ガートナー VPアナリスト ピーター・ファーストブルック(Peter Firstbrook)氏は、10月6日~8日に開催されたオンラインカンファレンス「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2021」で「セキュリティ・エコシステムには、この5~10年の間にディスラプションを引き起こす可能性の高い要素が潜んでいる」と忠告した。本稿では、ファーストブルック氏の講演で取り上げられたトレンドの一部とその背景について紹介する。

セキュリティ

IoTからIoBへと時代が変わりつつある今、求められるプライバシー戦略とは?

IoTからIoBへと時代が変わりつつある今、求められるプライバシー戦略とは?

10月6日~8日にガートナー ジャパンが開催した「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット2021」のなかから、米ガートナー プライバシーアナリストのバート・ウィレムセン(Bart Willemsen)氏による講演「プライバシーの展望:2022年」の模様をレポートする。

セキュリティ

データ主導でイノベーションを生み出すには? - ロードマップと組織体制

データ主導でイノベーションを生み出すには? - ロードマップと組織体制

ガートナー ジャパンは7月12~13日、年次カンファレンス「ガートナー データ&アナリティクス サミット」をオンラインにて開催した。「リーダーシップとスキル」をテーマにしたトラックでは、「データ・ドリブン・イノベーションを通じてデジタル・ビジネスを加速させるには」と題し、ガートナー ジャパン バイス プレジデント/アナリスト/ガートナー フェローの藤原恒夫氏が登壇。データドリブンイノベーションがどのようにイノベーションのプロセスを加速するのかについて解説を繰り広げた。

ソリューション

より信頼性の高い判断を実現するには? - 今こそ見直すべき意思決定プロセスの在り方

より信頼性の高い判断を実現するには? - 今こそ見直すべき意思決定プロセスの在り方

ガートナー ジャパンは7月12、13日、年次カンファレンス「ガートナー データ&アナリティクス サミット」をオンラインにて開催した。本稿では、「ビジネス戦略と成果」のトラックから、ガートナー ディスティングイッシュト バイス プレジデント/アナリスト フランク・バウテンダイク氏が登壇した講演「未来のデータとアナリティクス:2025年に向けた意思決定のリエンジニアリング」の模様をレポートする。

ソリューション

成果の上がるデータ活用にするために押さえるべき注意点と組織体制

成果の上がるデータ活用にするために押さえるべき注意点と組織体制

7月12、13日にオンライン開催された「ガートナー データ&アナリティクス サミット」では、ガートナー ジャパン ディレクター/アナリストの一志達也氏が登壇。データ活用を進めていく上で留意すべき点や有益な情報を提供するための考え方、IT部門に求められる役割について解説した。

ソリューション

データ活用を推進する上で必要な「12の役割」と強化に向けた「3つのステップ」

データ活用を推進する上で必要な「12の役割」と強化に向けた「3つのステップ」

7月12、13日に開催された年次カンファレンス「ガートナー データ&アナリティクス サミット」では、「データ活用を推進する上でどのような役割を強化すべきか」と題し、ガートナー ジャパン マネージング/バイス プレジデント 堀内秀明氏が登壇。データ活用を推進する上で必須となる「12の役割」と、企業における「強化ポイントの見極め方」について語った。

ソリューション

データ活用するなら知っておくべき「セキュリティ」と「プライバシー」とは?

データ活用するなら知っておくべき「セキュリティ」と「プライバシー」とは?

7月12、13日にオンライン開催された「ガートナー データ&アナリティクス サミット」に登壇した礒田氏は、データ活用を推進する上で押さえておくべきセキュリティとプライバシーの本質について、トレンドを交えて解説した。

セキュリティ

コロナ禍で打撃を受けたホテル業界、星野リゾートが苦境を乗り越えた策とは

コロナ禍で打撃を受けたホテル業界、星野リゾートが苦境を乗り越えた策とは

昨年、コロナ禍で多くの業界が大打撃を受けた。ホテル業界もその1つだ。苦境のなか、デジタルを活用し、新たなビジネス価値提供に活路を見出したのが星野リゾートだ。同社はいかにして変化にいち早く対応していったのか。6月22日、「ガートナー アプリケーション・イノベーション & ビジネス・ソリューション サミット」に星野リゾート 情報システムグループ グループディレクターの久本英司氏が登壇。同社が挑んだデジタル変革について語った。

ソリューション

変化のスピードに対応せよ! コンポーズ思考で考える未来のアプリケーションとは

変化のスピードに対応せよ! コンポーズ思考で考える未来のアプリケーションとは

ガートナー ジャパンは6月21日~22日、年次カンファレンス「ガートナー アプリケーション・イノベーション&ビジネス・ソリューション サミット 2021」を開催した。21日の講演に登壇したガートナー ディスティングイッシュト バイスプレジデント アナリストのイェフィム・ナティス氏は、これからのアプリケーションを構成する「コンポーザブル・エンタプライズ・アーキテクチャ」の骨子について解説するとともに、変化に向けた戦略的なロードマップを示した。

ソリューション

デジタル化の遅れを取り戻せ! 目指すべき組織文化とリーダー必須のテクニック

デジタル化の遅れを取り戻せ! 目指すべき組織文化とリーダー必須のテクニック

いち早く市場の変化に対応し、ビジネスを推進する上で、デジタル化が必須であることは言うまでもない。だが、日本企業のデジタル化は、他国の企業に比べて大きく遅れを取っているのが現状だ。なぜ日本ではデジタル化が遅れてしまったのか。「ガートナー アプリケーション・イノベーション&ビジネス・ソリューション サミット 2021」に登壇したガートナー ジャパン バイスプレジデント アナリスト 藤原恒夫氏は、デジタル化が進まない背景と、デジタル化に必要な組織文化変革の方法論について語った。

ソリューション

データ活用を推進する上で必要な「役割」と「強化の指針」

データ活用を推進する上で必要な「役割」と「強化の指針」

ビジネスにおけるデータ活用の重要性が脚光を浴びる昨今、多くの企業が積極的な取り組みを進めている。だが、期待する効果を十分に得られていない企業も少なくないのが実情だ。ガートナー ジャパンが11月17日~19日にオンラインにて開催した年次カンファレンス「Gartner IT Symposium/Xpo 2020 in Japan」では、同社 マネージング バイス プレジデント 堀内秀明氏が登壇。データ活用を推進する「人」に着目し、データ活用に必須の役割とその強化における考え方について解説した。

ソリューション

2年間の猶予をどう活かす? ガートナーが示すSAPの「2027年問題」の処方箋

2年間の猶予をどう活かす? ガートナーが示すSAPの「2027年問題」の処方箋

2020年2月、SAPは「SAP ERP 6.0」の標準保守期間を2年延長し、2027年までとすることを発表した。だが、2年間の猶予ができたからと言って、決断を先延ばしにすることはできない。11月17日~19日に行われた「Gartner IT Symposium/Xpo 2020 in Japan」では、ガートナー バイス プレジデント アナリスト 本好宏次氏が「SAPの『2027年問題』を乗り越えるには」と題した講演を行った。

業務アプリケーション

顧客アナリティクスをいかに進めるか? ガートナーが示す3つのステップ

顧客アナリティクスをいかに進めるか? ガートナーが示す3つのステップ

2月13日、ガートナーはCX(Customer Experience)リーダーを対象に「カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット」を開催した。本稿では、ガートナー シニア ディレクター アナリスト メリッサ・デイヴィス氏による講演「顧客アナリティクスについて知っておくべきこと」の内容を紹介する。

マーケティング

顧客体験と表裏一体の「従業員体験」- 高収益企業で実証されているROI

顧客体験と表裏一体の「従業員体験」- 高収益企業で実証されているROI

ガートナー ジャパンが開催した「Gartner IT Symposium/Xpo 2019」の2日目、ガートナー ディスティングイッシュト バイス プレジデント, アナリスト ジーン・ファイファー氏は「『従業員エクスペリエンス』がカスタマー・エクスペリエンスを決める」と題した講演を行い、EXへの投資の重要性を訴えた。

ソリューション

世界を変革するデジタルドラゴンの台頭 - 企業はいかに挑むべきか?

世界を変革するデジタルドラゴンの台頭 - 企業はいかに挑むべきか?

ガートナー ジャパンは11月13日~15日、「Gartner IT Symposium/Xpo 2019」を開催した。本稿では、初日に行われたアロン氏の講演「『デジタル・ドラゴン』の生態と行動様式を知る」の模様をレポートする。

ソリューション

クラウド時代の契約/SaaS調達はここが違う! ベンダーとの交渉の要点

クラウド時代の契約/SaaS調達はここが違う! ベンダーとの交渉の要点

IT調達において、クラウドはもはや避けられない選択肢だ。だが、オンプレミスの場合とは異なる契約上の確認ポイントが把握できていないケースが少なくない。8月30日に行われた「ガートナー ITソーシング、プロキュアメント、ベンダー & アセット・マネジメント サミット 2019」では、ガートナー 海老名剛氏が登壇。クラウドベンダーとの契約に臨む際の交渉ポイントについて解説した。

ソリューション

これからのセキュリティのために理解/克服するべき4つの違いとは?

これからのセキュリティのために理解/克服するべき4つの違いとは?

ガートナージャパンは8月5日、「ガートナー セキュリティ & リスク・マネジメント サミット 2019」を都内にて開催した。本稿では、ガートナー ジャパン シニア プリンシパル, アナリスト 矢野薫氏による講演「デジタル・ワークプレースのセキュリティ:これからのセキュリティのために何が必要なのか」の模様をレポートする。

セキュリティ

メルカリのデータアナリストが解説! 事実に基づくプロダクト改善の進め方

メルカリのデータアナリストが解説! 事実に基づくプロダクト改善の進め方

ガートナー ジャパンは6月10日~12日、「ガートナー データ & アナリティクス サミット 2019」を開催した。その最終日には、メルカリ Data Analyst 石田祥英氏が登壇。事実(ファクト)に基づいた意思決定を重視する同社において、どのようにデータ分析を実践しているかについて語った。

データ分析

147 件中 1~20件目を表示中

147 件中 1~20件目を表示中

ページの先頭に戻る