マイナビニュースマイナビ

"全社員IT人材化"を目指す星野リゾート、ノーコードツール活用の道のりとこれから

[2021/11/26 09:00]末岡洋子 ブックマーク ブックマーク

創業107年を迎える総合リゾート運営会社である星野リゾートが、ノーコードツールを導入して業務改善を進めている。目指すのは全社員のIT人材化だ。まだ道半ばではあるものの、今に至るまでの道のりには、どんな学びがあったのだろうか? 10月26日に開催されたTECH+セミナー「ローコード/ノーコード開発 Day 2021 Oct.」で星野リゾートの情報システムグループ 小竹潤子氏が語った。

「情報システムの手が回らない!」から決断したノーコード導入

星野リゾートがノーコードツールを導入したのは、2014年のことだ。当時、情報システムグループには4名しかおらず、開発や改修を依頼したい現場側は常に”順番待ち”の状態。この状況を解決するために、ノーコードツールの導入を決めたのである。「社員が自分で業務改善できるようにするという目的だったが、情報システムグループとしても、開発の速度が上がることを期待していた」と小竹氏は説明する。

星野リゾート 情報システムグループ 小竹潤子氏

星野リゾート 情報システムグループ 小竹潤子氏

ノーコードツールが選ばれた理由はもう一つある。星野リゾートでは就業規則で社員が自らイノベーションを行うことを掲げており、社員が意見を出し合えるフラットな組織文化を大切にしている。こうした社風がノーコードツールの概念にマッチしたのだ。ただし、同社が掲げる”全社員IT人材化”という目標は全社員がエンジニアになることではない。「手段の1つとして、『適切にシステムを活用する』という選択ができるようになることを目指している」と、小竹氏は述べる。

星野リゾートがノーコードツールとして選んだのは、サイボウズの「kintone」だ。kintoneの魅力として小竹氏は「汎用性の高さ」を挙げる。同社では、kintoneアプリをカスタマイズする「gusuku Customine」、ワークフローを実現する「collaboflow」などのほか、外部APIとのデータ連携には「ASTERIA WARP」、帳票出力には「Docurain」など、業務に応じてさまざまなツールと組み合わせて利用しているという。

では、具体的にどのようなシステムを作っているのか。現在使用しているシステムは、経費や出張の申請ワークフロー、入社時の事務処理、社内公募フロー、Go To Travelの対応など800ほどがあるが、講演では、そのなかからノーコードツールを使って開発した最近の例として、助成金活用のレポート作成の事例が紹介された。

日本では、コロナ禍で影響を受けた業界を対象に教育訓練に対して助成金を出す制度を実施しているが、その利用フローをシステム化したのである。小竹氏によると、2日でひな型を作り、それを現場のスタッフに見せて相談しながら開発を進め、実質3週間で初期リリースに漕ぎ着けたという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

"伴走型"で継続性のあるDX導入とは? - 東急ベルのECサイト事例

サイボウズは8月27日、オンラインメディアセミナー「理想なきDXは『ダメックス』? サイボウズが紐解くDXの3大失敗原因と解決法 ~東急のkintone導入事例から成功の秘訣を解き明かす~」を開催した。本稿では、同セミナー後半に実施されたミューチュアル・グロース セールスプロモーション部 部長 澤田周五郎氏と、同社の支援を受けてDXを前進させた東急 リテール…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
人生を豊かにするパラレルキャリア~VUCA時代に新しい生き方を選ぶ理由とは~
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る