マイナビニュースマイナビ

営業にこそDXを! 購買プロセスが劇変した今、営業手法の"肝"となるのは?

[2021/09/27 09:00]山田井ユウキ ブックマーク ブックマーク

「営業とはお客さまを訪問して足で稼ぐもの」――そう考えている営業担当者は多いのではないだろうか。もちろん、足で稼ぐのも営業の重要なスタイルの一つだが、それだけでは不十分なのが今という時代なのだ。

「営業にこそDXが必要」と主張するのは、元キーエンスで社内ベンチャー立ち上げや経営に携わり、現在はアペルザ 代表取締役社長 CEOを務める石原誠氏である。

これからの時代において、製造業の営業担当者はどのようにDXに取り組めばいいのか。9月7日に開催されたTECH+フォーラム「製造業 DX Day 2021 Sept.事例で学ぶDX推進~課題と成功の勘所~」に登壇した石原氏が語った。

製造業におけるDXの現状

石原氏は新卒でキーエンスに入社し、社内ベンチャー子会社の立ち上げに従事したことで、経営の奥深さや面白さを学んだという。キーエンスを退職後、複数のスタートアップ創業を経て、2016年にアペルザを創業し現在に至る。

アペルザは、製造業におけるDXを推進する2つのサービスを提供している。1つは企業や製品、サービスの認知度向上に役立つオンラインプラットフォームの「アペルザ」、もう1つは既存リスト客への営業活動を行うためのクラウドSaaS「アペルザクラウド」だ。

DXへの取り組みが広まる今、こうしたサービスを通して製造業を支援してきた石原氏は、現状をどう見ているのか。

「私が気になっているのは、企業によってDXの取り組みに差があるということです。ある会社がデジタルマーケティングを始めたり、SFAを導入したりしている一方で、別の会社はiPhoneを営業に配ったばかりということも珍しくありません」

石原氏

アペルザ 代表取締役社長 CEO 石原誠氏

実は、日本企業におけるDXの進捗は芳しくないのが現状だ。アビームコンサルティングの調査によると、年間売上1,000億円以上の大企業のなかでDXに取り組む企業はわずか1割未満、さらに成功率となるとわずか7%にすぎないという。

何が企業のDXの成否を分けているのだろうか。

石原氏は「デジタルリテラシーがDXの勝敗を決めているのでは」と予想する。というのも、調査の結果、「全社員へのデジタル教育」や「デジタル知見を有した経営陣による意思決定」、「デジタルとビジネス・業務知見を有した推進組織の組成」などの項目が、DXの成果と相関することが明らかになったからである。

石原氏はさらに、「そもそもDXとは単なるIT化ではない」と続ける。

「スウェーデンのエリック・ストルターマン教授によると、DXとは『ITの浸透によって、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること』を指します。つまり、DXには”イノベーション”が期待されているのです」

ガートナーの定義によると、IT化とDXはそれぞれ「デジタイゼーション」と「デジタライゼーション」という言葉で置き換えられるという。デジタイゼーションとは、プロセスそのものが変化するわけではなく、ITツールなどの導入により業務を効率化すること。一方でデジタライゼーションとはデジタル技術を活用し、ビジネスモデルそのものを変化させて新たな利益や価値を生み出すことを指している。言うまでもなく、前者が単なるIT化であり後者がDXに相当する。

「しかし」と石原氏は続ける。

「私はデジタイゼーションとデジタライゼーションのどちらも必要だと思っています。デジタイゼーションはいわば”守りのデジタル化”であり、デジタライゼーションは”攻めのデジタル化”です。まずはデジタイゼーションを進めて業務を効率化し、余力が生まれてきたら取り組むべきなのがデジタライゼーションです。その意味で、私はデジタイゼーションとデジタライゼーションの両方を含んでDXと呼ぶべきだと解釈しています」

特に石原氏が注目しているのが、製造業の「営業職」におけるDXだ。なぜなら近年、営業職の業務プロセスにも「地殻変動レベルの構造的変化が訪れている」(石原氏)からである。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

生産DXでバリューチェーン全体の最適化へ - 工場のスマート化に挑んだカシオの挑戦

生産DXでバリューチェーン全体の最適化へ - 工場のスマート化に挑んだカシオの挑戦

日本を代表する電機メーカーであるカシオ計算機株式会社。同社が誇る高い技術の中核を担うのが、国内唯一の生産拠点であり、海外生産拠点のマザー工場でもある山形カシオだ。近年、山形カシオは急速に生産現場におけるDXを推進。工場のスマート化や生産ラインの自動化を進め、ものづくりの現場にイノベーションを起こしている。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る