マイナビニュースマイナビ

キャッシュレス社会の顧客理解と変化への対応策 - 三井住友カードのデータ分析支援サービスとは?

[2021/09/08 09:00]齋藤公二 ブックマーク ブックマーク

2021年7月14日に開催された「TECH+ EXPO 2021 Summer for データ活用」において、三井住友カード データ戦略部 グループ長の細谷友樹氏が登壇。『「キャッシュレスデータ」から読み解く消費行動の変化とアクション』と題して、三井住友カードにおけるデータ戦略とキャッシュレスデータを活用したデータ分析支援サービス「Custella(カステラ)」を紹介した。

  細谷友樹氏

三井住友カード データ戦略部 グループ長 細谷友樹氏

4,700万人のキャッシュレスデータを活用する「Custella(カステラ)」

1967年に創業し50年超にわたって、日本におけるVisaのパイオニアとして安全・安心・便利なペイメントサービスを提供してきた三井住友カード。近年では「便利」「安心・安全」「お得」なキャッシュレス社会の実現を目指し、クレジットカードを使ったキャッシュレス決済やキャッシュレスプラットフォーム「stera」などさまざまな新サービスを展開している。

その1つとして注目されるのが、キャッシュレスデータを活用したデータ分析支援サービス「Custella(カステラ)」だ。Custellaは、SMBCグループが保有する4,700万人のキャッシュレスデータを個人・加盟店が特定できないよう統計化したうえで、加盟店を利用する顧客の属性や消費行動などをさまざまな切り口で集計し、データを見える化するサービスである。

三井住友カードの月間トランザクション件数は1999年に約800万件だったものが年々増え、2021年には約10億件に達する見込みだ。トランザクションの伸びとともに取り扱いデータの量も増え、キャッシュレスデータを活用したサービス展開も可能になってきた。

  

(参考)日本の個人消費に占めるキャッシュレス決済の割合・日用品の決済手段/出典:三井住友カード(2021年8月)

細谷氏は「Custellaには、Customer Intelligence、すなわち、カスタマー(顧客)を照らすという意味が込められています。キャッシュレスデータを通じて加盟店、事業者様と一緒に顧客提価値を見つけたいという想いのもと、2020年から事業をスタートしました。現在は、データを活用したパーソナライズの情報提供も開始し、さらにその先に新たなデータビジネスも検討しています」と説明する。

講演では、Custellaサービスが生まれた背景や活用方法、キャッシュレスデータから何を見ているのか、データ活用のための環境や体制をどう整備したのかを自社事例として紹介した。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

スマートでゆとりある顧客接点を創造―常陽銀行における新アプリを基点としたDXとは

スマートでゆとりある顧客接点を創造―常陽銀行における新アプリを基点としたDXとは

2021年7月15日に開催された「TECH+ EXPO 2021 Summer for データ活用 イノベーションを創る」の特別講演に、常陽銀行 ダイレクト営業部 次長 丸岡 政貴氏が登壇。「常陽銀行における新アプリを基点としたDXへの挑戦」と題して、常陽銀行が新たにリリースしたスマホアプリを中心とした同行のデータ活用とDXの取り組み事例を紹介した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る