ゴンチャ ジャパン 原田泳幸氏が説く、デジタル化時代における「経営の在り方」

[2021/01/06 09:00]山田井ユウキ ブックマーク ブックマーク

今や、どんなビジネスにおいてもデジタル化は避けられない。さらに2020年はコロナ禍もあり、世の中は急激な変化を求められた。この激動の時代において、企業経営はどうあるべきなのだろうか。

12月3日、4日に開催された「マイナビニュースフォーラム2020 Winter for データ活用」の基調講演では、Appleやマクドナルドといった名だたる企業のV字回復を成し遂げ、現在はゴンチャ ジャパン 代表取締役会長 兼 社長 兼 CEOを務める原田泳幸氏が登壇。デジタル化時代における経営の在り方について語った。

経営において大切なモノは何か

「経営とは何か」――このシンプルだが難解な問いに対して講演冒頭、原田氏は一言で次のように答えた。

「経営とは、ステークホルダーの価値向上です」

原田泳幸氏

ゴンチャ ジャパン 代表取締役会長 兼 社長 兼 CEO 原田泳幸氏

では、ここで言うステークホルダーとは何か。それは顧客、社員、株主、取引先、そして社会である。顧客に対しては製品やサービスなどのビジネスで、社員に対しては給与やキャリア成長で、株主に対しては主に配当で、取引先に対しては共にビジネスを成長させることによって、自社の価値を示すことが企業には求められる。

各ステークホルダーの価値向上を成し遂げるための手段は「業績向上」しかないと原田氏は断言する。

一方で、業績の向上にはステークホルダーからの支援が欠かせない。企業が業績を向上させるには、商品を顧客に購入してもらったり、社員に仕事をしてもらったりする必要がある。つまり、ステークホルダーと企業はお互いに支援し合いながら価値を高めていく関係なのだ。

その際に重要なのは「ステークホルダーの価値向上のバランス」だと原田氏は強調する。向上するのがどれか1つのステークホルダーの価値に偏ってしまい、各者の価値のバランスが崩れたとき、企業の経営は傾いてしまうのである。

過去に経営不振に陥った大企業のV字回復を成し遂げてきた原田氏は、当時を振り返りながら企業経営について次のように語る。

「経営で大事なのは基本に戻ること、そして”らしさ”を取り戻すことです。Appleもマクドナルドも”らしさ”を失ったことで業績不振になってしまいました。そして、両社がV字回復できたのは”らしさ”を取り戻したからです」

グローバル化した現代で競合他社に打ち勝つためには、改革と変革を進めることも必要だ。原田氏は「改革とはサバイバルであり、変革とは破壊的創造である」と述べ、大きく「意識」「組織」「コスト構造」「給与制度」「人事制度」「ビジネスモデル」の6つのコンポーネントに分類されると分析する。

重要なのはこれらのコンポーネントの改革と変革を全てシームレスに進めていくことだ。原田氏は「1つ2つやっただけでは、成果は出ない」と断言する。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

なぜ日本はテクノロジーを活用できていないのか? 夏野剛氏が語る、DXの未来

なぜ日本はテクノロジーを活用できていないのか? 夏野剛氏が語る、DXの未来

新型コロナウイルス感染症の拡大は、あらゆる分野/業界にデジタル化の波をもたらした一方で、デジタル化における課題も浮き彫りにした。急速な外的変化に対応するために、私たちはテクノロジーとどう向き合っていくべきなのだろうか。12月3日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2020 Winter for データ活用」で、慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 …

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る