マイナビニュースマイナビ

なぜ日本はテクノロジーを活用できていないのか? 夏野剛氏が語る、DXの未来

[2020/12/23 09:00]周藤瞳美 ブックマーク ブックマーク

新型コロナウイルス感染症の拡大は、あらゆる分野/業界にデジタル化の波をもたらした一方で、特別定額給付金の支給の遅れ、FAXでの感染者数の集計による混乱など、デジタル化における課題も浮き彫りにした。急速な外的変化に対応するために、私たちはテクノロジーとどう向き合っていくべきなのだろうか。

12月3日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2020 Winter for データ活用」で、慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別招聘教授/ドワンゴ 代表取締役社長 夏野剛氏が、日本のデジタルトランスフォーメーション(DX)の現在地と未来について語った。

夏野剛氏

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別招聘教授/ドワンゴ 代表取締役社長 夏野剛氏

テクノロジーをまったく活かせていない日本の現状

インターネットやスマートフォンといったテクノロジーの登場により、私たちの生活は劇的に変化した。夏野氏は「平成の30年間でのでいちばんの変化はテクノロジーだった。コロナ禍以前は世界中でIT革命が起こっていた」とし、次のようにその変遷を振り返る。

「日本におけるIT革命の幕開けは、1996年のYahoo! JAPANのサービス開始でした。1998年にGoogleが創業し、(IT革命は)本格化しました。そして2000年代には、ブロードバンド化によりインターネットが日常化し、2008年にはスマートフォンの時代へと入っていきました」(夏野氏)

農耕技術や産業革命も含めテクノロジーの進化が社会にもたらすものは、生産性だ。その結果、人々に余裕ができ、新しい付加価値が生み出され、新しい産業が登場する――こうした歴史が、文明の誕生以降繰り返されてきたといえる。そして、1996年以降に起きたテクノロジーの進化は、劇的で急激な生産性向上を私たち人類にもたらした。

しかしここで夏野氏は、日本の名目GDPおよび労働生産性が1996年から2018年の間にそれぞれ3%/2%しか上がっていないのに対し、同期間で米国はそれぞれ155%/110%も成長しているというIMFの調査結果を紹介。「米国はデジタルの領域では遥かに日本の先を走っており、生産性向上を実現している。他の国も同様。しかし、日本だけが生産性が低いまま。これは、日本がまったくテクノロジーを活かせていないということを意味する」と、日本の現状について問題提起する。

1996年と2018年の成長率比較

1996年と2018年の成長率比較

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「テレワークでも出社が必要」な問題をコニカミノルタジャパンはいかに解決したのか

「テレワークでも出社が必要」な問題をコニカミノルタジャパンはいかに解決したのか

コロナ禍でテレワークを導入したものの、うまくいかずにオフィスワークに戻った企業も多い。その最大の理由は"出社しないとできない業務"が多いからだ。一筋縄ではいかないこの課題を解決する方法はあるのだろうか。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る