NEC、RWC2019にてメディア関係者の本人確認用に顔認証システムを提供 [事例]

[2018/11/05 17:50] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

NECは11月5日、「ラグビーワールドカップ2019」(以下、RWC2019)の会場となる東京スタジアムと横浜国際総合競技場において、メディア関係者の本人確認用に顔認証システムを提供すると発表した。同社は、RWC2019の6社目のオフィシャルスポンサーとして契約している。

同システムは、NECの生体認証ブランド「Bio-IDiom」の中核技術である顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用したもの。IDカードに記載されたバーコードと事前に撮影/登録した顔画像をシステム上でひも付け、主要2会場のメディア入口に設置された顔認証装置によって顔とIDカードによる本人確認を行う。

装置では、IDカードを読み取り機に着券すると即座に顔認証を行うため、スムーズな入場が可能だという。これにより、IDカードの貸し借りや盗難によるなりすまし入場、IDカード偽装による不正入場を防止できるほか、入場ゲートでの人手による本人確認作業の負荷を軽減し、混雑発生を防ぐとしている。

提供期間は、2019年9月19日から同年11月2日までの予定。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「変なホテル」、無人コンビニにNECの顔認証・画像認識システムを導入 [事例]

「変なホテル」、無人コンビニにNECの顔認証・画像認識システムを導入 [事例]

NECは5月7日、ハウステンボスが5月1日に開業した「変なホテル ハウステンボス」内の無人コンビニエンスストアにおいて、NECのAI技術群「NEC the WISE」の1つである顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用した顔認証システム、および商品画像認識システムを導入したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る