【連載】

山口健太のモバイルNEXT

【第20回】富士通が法人向け6インチタブレットに「フルWindows」を載せた理由

[2017/02/06 11:30]山口健太 ブックマーク ブックマーク

富士通が発表した2017年春モデルの法人向けPCの中に、これまでにないカテゴリーのデバイスがあった。それがハンディサイズのWindowsタブレット「ARROWS Tab V567/P」だ。モバイル向けWindows 10 Mobileではなく、フル機能のWindows 10を搭載した背景とは。

6インチのWindows 10端末「ARROWS Tab V567/P」

手のひらサイズにフル機能のWindows 10を搭載

最近は画面サイズが6インチの大型スマートフォンも珍しくない。だが「ARROWS Tab V567/P」は、OSにモバイル向けの「Windows 10 Mobile」ではなく、PCと同じフル機能のWindows 10を搭載したことが最大の特徴になる。

CPUには、インテル製の「Atom x5-Z8550」を採用。Atomは省電力重視のCPUとはいえ、Coreプロセッサーと同じx86アーキテクチャーだ。これによりエクスプローラーやOfficeを始めとするWindowsのデスクトップアプリを、PCと同じように動かせる。

手のひらサイズのフル機能のWindows 10を搭載した

Atomプロセッサー上でWindows 10が動作する

モバイル向けのWindows 10 Mobileは、コア部分をWindows 10と共有しているものの、Windowsユーザーが期待するデスクトップアプリはまったく動作しない。

このことは、マルウェアやウィルスの攻撃に晒される心配が少なくなるメリットもあるが、ビジネスの現場ではPCと同じデスクトップアプリをハンディ端末で使いたいという要求が少なからず存在する。ARROWS Tab V567/Pの厚さは15.9mm、重量は280gと、一般的なスマートフォンほどスリムではないものの、フル機能のWindowsが手のひらサイズになったことは驚異的だ。

マイクロソフトの最低要件を下回る画面サイズを実現

それではなぜ、こうしたハンディサイズのWindows 10タブレットはこれまで登場しなかったのだろうか。

実はマイクロソフトが定めるWindows 10のハードウェア要件として、画面サイズは「最低7インチ以上」という決まりがあった。確かに、6インチの画面でもWindows 10が動作しないというわけではないが、文字やアイコンのサイズなどを考えると「ユーザーが快適に操作できる」とは言い切れず、その要件が規定されているのも致し方ないことと言えるだろう。

これに対して富士通は、マイクロソフトと独自に交渉することで、6インチという画面サイズでWindows 10を動かすことに了承を得たのだという。これは、長年に渡ってマイクロソフトと関係を築いてきた「富士通への信頼」が為せる技といえるかもしれない。

実際のところ、エクスプローラーでファイル操作をしようとしても6インチの画面をタッチで操作するのは難しく、「さすがに無理があるのではないか」と感じる人は多いだろう。

デスクトップアプリそのままでは使いづらいが、業務アプリなら画面レイアウトの調整で対応できる

6インチの画面サイズに合わせて画面レイアウトを調整

しかし富士通は、病院における実証実験の結果から「業務用アプリの画面レイアウトを調整する」対策を見いだし、この問題をクリアしている。Windows 10 Mobileに対応させる場合はアプリの大部分を作り直す必要が生まれるが、Windows 10であれば画面レイアウトの調整だけで済むのは大きなメリットといえる。

今後もさまざまな業務用途に向けて展開予定とした

「モバイルでフルWindows」のトレンドを先取り

2016年末には、マイクロソフトがクアルコム製の「Snapdragon」プロセッサーでデスクトップアプリを含めたWindows 10を動作させる計画を発表。2017年後半には、フル機能のWindows 10を搭載したモバイルデバイスが登場する見込みだ。

だが、こうした新しいプラットフォームが法人向けに耐える水準にまで成熟するには、相当の時間がかかると富士通は予想する。「ARROWS Tab V567/P」は、こうしたトレンドを先取りしつつも、すでにノウハウが確立したAtomとWindows 10を組み合わせることで即戦力を狙った商品といえる。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

ゼンショーグループのはま寿司がPepper導入、本格的な案内業務活用では初

ゼンショーグループのはま寿司がPepper導入、本格的な案内業務活用では初

ゼンショーホールディングス傘下のはま寿司は2月2日、ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」を店頭受付・案内業務に活用する実証実験を浦和店で開始すると発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る