デジタルビジネスに乗り遅れるな! IT部門のコア人材には何が必要か?

[2016/11/04 15:40]伊藤正子 ブックマーク ブックマーク

  • ソリューション

ソリューション

SAS Institute Japanは11月1日、次世代IT技術の活用に取り組む人々を対象としたカンファレンス「SAS Analytics Next 2016」を都内にて開催した。「アナリティクス新世代」をテーマに掲げた同カンファレンスでは、「AIで解き放つIoTの未来」、「AI時代の金融ビジネス」、「新たなるIT部門の役割」の3トラックを用意。これからの企業ビジネスを考えたとき、AIやIoT、ビッグデータのもたらすインパクトや、IT部門のあるべき姿などについて、さまざまなセッションが繰り広げられた。

ここでは、「デジタルビジネス時代に期待されるIT部門の新たな価値」と題して行われたアイ・ティ・アール代表取締役 内山 悟志氏による講演の模様をレポートする。

IT部門を取り巻くデジタル化の潮流

デジタル産業革命が始まろうとする今、これまでのような大量生産・大量消費の市場経済は衰退の道をたどり始めている。内山氏は「グローバル化に向かっているのは、資本主義の延命に過ぎません。これからは、持続的再利用型経済がやってきます。何もかもゼロから作っては捨てることを繰り返すのではなく、モノを循環させたり再生したりして、価値を分かち合う時代になるでしょう」と説く。そうした流れのなかで、デジタル技術の活用は不可欠だ。

アイ・ティ・アール代表取締役 内山 悟志氏

従来のIT部門では、業務を改善したり、ビジネスを拡張したりするためにシステムを提供してきた。しかし、今起ころうとしているのは業務そのものを大きく変える、新たなビジネスモデルへの転換だ。ここで注目すべきデジタル化の流れは、大きく4つあるという。

1つ目は、「社会・産業のデジタル化」。バックオフィスや情報共有の仕組みではなく、ビジネスに直結する業種や事業に特化した部分、いわゆるビジネスITだ。例えば、製造業ならばモノづくり、小売業ならば店舗といった現場のデジタル化である。

2つ目は、「顧客との関係のデジタル化」である。オムニチャネル化が進む今、デジタルデバイスを使いこなす顧客にリーチする方法を模索しなければならない。このマーケティングITの領域には、注目している企業も多いだろう。

3つ目には「組織運営・働き方のデジタル化」が挙げられる。欧米では「Future of Work」などと表現されており、将来の働き方をITで切り拓く考え方だ。これには、ITを活用したワークスタイル改革などが相当する。

4つ目に挙げられるのは、「デジタル化に対応したビジネス創造」だ。インターネットやスマートフォンの利用を前提とした新しいビジネスは、既にそこかしこで生まれ始めている。

内山氏は、これらのうち1つ目と4つ目に着目し、企業ITとビジネスIT、そしてデジタルビジネスの関係性について次のように説明した。

「全社共通系と言われるような仕組み、ERPでカバーできるような領域が一般的な企業ITです。それに対して、ビジネスITは各業種に特化した業務分野を担います。そして、ビジネスITの部分集合に位置し、新業態まで作ってしまうのがデジタルビジネスです」

企業IT、ビジネスIT、デジタルビジネスの関係性

企業ITの領域ではクラウド化・コモディティ化が進み、IT部門が費やす時間的・金銭的コストは減少していくことが予想される。当然、このまま企業ITの領域に注力していては、予算も仕事も減っていくばかりだ。

「これからのIT部門はビジネスの分野に踏み出し、戦略部門と一緒にITを活用して収益を上げるところまでサポートしていかないと、価値が無くなる時代です」(内山氏)

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2050
2
デジタルビジネスに乗り遅れるな! IT部門のコア人材には何が必要か?
SAS Institute Japanは11月1日、次世代IT技術の活用に取り組む人々を対象としたカンファレンス「SAS Analytics Next 2016」を都内にて開催した。「アナリティクス新世代」をテーマに掲げた同カンファレンスでは、「AIで解き放つIoTの未来」、「AI時代の金融ビジネス」、「新たなるIT部門の役割」の3トラックを用意。これからの企業ビジネスを考えたとき、AIやIoT、ビッグデータのもたらすインパクトや、IT部門のあるべき姿などについて、さまざまなセッションが繰り広げられた。ここでは、「デジタルビジネス時代に期待されるIT部門の新たな価値」と題して行われたアイ・ティ・アール代表取締役 内山 悟志氏による講演のもようをレポートする。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/11/04/1102SAS_thumb.jpg
SAS Institute Japanは11月1日、次世代IT技術の活用に取り組む人々を対象としたカンファレンス「SAS Analytics Next 2016」を都内にて開催した。「アナリティクス新世代」をテーマに掲げた同カンファレンスでは、「AIで解き放つIoTの未来」、「AI時代の金融ビジネス」、「新たなるIT部門の役割」の3トラックを用意。これからの企業ビジネスを考えたとき、AIやIoT、ビッグデータのもたらすインパクトや、IT部門のあるべき姿などについて、さまざまなセッションが繰り広げられた。ここでは、「デジタルビジネス時代に期待されるIT部門の新たな価値」と題して行われたアイ・ティ・アール代表取締役 内山 悟志氏による講演のもようをレポートする。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る