[講演レポート提供]首席エヴァンジェリストが解説! PepperとIBM Watsonが描き出す未来の世界

[2016/08/23 09:30] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

ソフトバンク / ソフトバンクロボティクス 首席エヴァンジェリスト 中山 五輪男 氏

ソフトバンク / ソフトバンクロボティクス 首席エヴァンジェリスト 中山 五輪男 氏

ソフトバンクロボティクスが2014年2月に発表し、すでに1,000を超える企業で導入されている人型ロボット「Pepper」と、米IBMが開発したコグニティブコンピューティングを実現するプラットフォーム「IBM Watson」。いずれも社会を変えるイノベーションとして、今、大きな注目を浴びているのはご存じのとおりだ。

そこで、8月5日に行われた第18回マイナビニュース スペシャルセミナーでは、「PepperとIBM Watsonが未来にもたらすインパクト」と題し、ソフトバンク / ソフトバンクロボティクス 首席エヴァンジェリスト 中山 五輪男 氏が登壇。両テクノロジーの融合が生み出す新たなビジネスの可能性や、人々の生活に与えるインパクトについて、豊富な事例を交えた解説がなされた。

今回、IT Search+では、同講演の模様をPDF形式のレポートにまとめた。以下の資料紹介、あるいは本稿下部の「今すぐ資料をダウンロード」「ダウンロードBOXに入れる」ボタンから無料でダウンロードできる(要会員ログイン)。

PDFでは、すでに実用化が始まっているPepper・Watsonの具体的な導入事例や、今後の展望などをダイジェストでまとめている。ロボットや人工知能が世界をどう変え得るのか、興味のある方はぜひご一読いただきたい。

講演レポートのご案内


全2ページから成る講演レポートでは、「PepperとIBM Watsonが未来にもたらすインパクト」の内容を基に、以下のようなトピックスをご紹介しています。無料でダウンロードできるので、ぜひご一読ください。


<PDF内容>

  • 人型ロボットだからできること
  • 連携が生み出す可能性 - グラクソ・スミスクラインとパルコの導入事例
  • Pepperが実現する「未来の接客」
  • PepperとIBM Watsonが世界に与えるインパクト


>> ダウンロードはこちらから

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「おもてなし」にPepper+Watsonがやってくる? - 第3回 Watsonハッカソン

「おもてなし」にPepper+Watsonがやってくる? - 第3回 Watsonハッカソン

ソフトバンクと日本IBMは6月29日、第3回IBM Watson 日本語版ハッカソンを開催した。このハッカソンは「IBM Watson日本語版を活用して、人々の暮らしを豊かにするサービスやモノを生み出そう」という目標を掲げている。3回目のテーマは「スマート◯◯」で、今ある製品・サービスをよりスマートに、賢くするアイデアを競った。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る