TIS、米カーボン・ブラックのEDR製品「Cb Response」を導入 [事例]

[2017/11/01 11:30] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

ネットワークバリューコンポネンツ(NVC)は10月31日、同社が日本で販売する米カーボン・ブラックのEDR(Endpoint Detection and Response)製品「Cb Response」をTISに導入したと発表した。

Cb Responseは、ソフトウェアの振る舞いを監視し、継続的にログを収集・集中管理することで脅威を検出するセキュリティ製品。強力なログ調査機能に加え、マルウェアなどに感染したシステムに対するリモートからの完全な修復対応機能を提供する。

2020年の東京五輪に向け、日本向けのサイバー攻撃が増えていくことが予想される昨今、TISでは未知の攻撃や標的型攻撃へのより高度な対策が求められていた。だが、セキュリティ人材の不足で休日・夜間の対応ができないことや、各セキュリティ製品で管理システムが異なるため統合して把握できないことなどが課題となっていた。

Cb Responseは、米Trustwaveが提供するMDR(Managed Detection and Response)サービスと合わせることでこれらの課題をクリア。加えて、エンドポイントに導入しても動作が軽く、生産性が落ちないことや、導入済み製品と競合しないことなどが評価され、採用に至ったという。

導入により、エンドポイント上のアクティビティの把握やCb Responseの検知と専門家の知見を生かした脅威の判定、対応までの時間短縮、迅速なインシデントレスポンスが可能になったとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3217
2
TIS、米カーボン・ブラックのEDR製品「Cb Response」を導入 [事例]
ネットワークバリューコンポネンツ(NVC)は10月31日、同社が日本で販売する米カーボン・ブラックのEDR(Endpoint Detection and Response)製品「Cb Response」をTISに導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
ネットワークバリューコンポネンツ(NVC)は10月31日、同社が日本で販売する米カーボン・ブラックのEDR(Endpoint Detection and Response)製品「Cb Response」をTISに導入したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る