AIをセキュリティに活用せよ! 真価を得るために検討すべき「3つの論点」

[2017/07/24 14:50]小池 晃臣 ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

ビジネスを中断させることなく、深刻化するサイバーセキュリティ・リスクを管理するためのテクノロジーやプラクティスを紹介する「ガートナー セキュリティ & リスク・マネジメント サミット 2017」が、7月12日から14日にかけて東京コンファレンスセンター・品川で開催された。

13日のセッションには、ガートナー リサーチ部門 リサーチ ディレクター、マーク・ホーヴァス氏が登壇。本稿では、「人工知能とセキュリティ・ベンダー:流行のマーケティングで終わるか、真の希望なのか」と題して行われた講演の模様をダイジェストでお届けする。

AIをセキュリティの向上に生かすには?

AI(人工知能)、特に機械学習やディープラーニングは、アプリケーションセキュリティやネットワークセキュリティの世界でも大きな注目を集めている。ところが、製品のマーケティング手法としてAIが使用されているのか、それとも既存のセキュリティ課題を解決する真のテクノロジーなのかを見分けることは難しい。こうした背景を受けて行われたホーヴァス氏のセッションでは、AIについて概観するとともに、AIの活用が大きな影響を及ぼすセキュリティ領域について言及された。

開口一番、ホーヴァス氏はこう語った。

「各地で行われているガートナー サミットの来場者に、AIの印象についてアンケートを行ったところ、ほとんどの人が『脅威』だと回答しました。おそらく『2001年宇宙の旅』や『ターミネーター』で描かれたAIのように、技術が暴走してしまうというイメージが強いのでしょう。ただし、その一方で、この新しい技術の活用によってセキュリティが飛躍的に向上することへの期待も感じられているようです」

ガートナー リサーチ部門のリサーチ ディレクター、マーク・ホーヴァス氏

一口に「AI」と言っても、そのなかにはさまざまなテクノロジーが存在する。機械学習やディープラーニング、ニューラルネットワーク、自然言語処理などだ。

「それぞれのテクノロジーで何ができるのか、どう活用すればセキュリティ向上に寄与するのかについて模索しなければなりません」(ホーヴァス氏)

そんなAIの活用を検討する際に押さえるべき論点として、ホーヴァス氏は次の3つを挙げた。

1. 「AI」というマーケティング用語が過度に使用されているなかで、誇大表現と真の価値をどのように見分ければよいのか
2. 自社にAIベースの製品が適しているかどうかをどのように見極めればよいのか
3. AIのメリットを得るには、組織やスタッフをどのように変える必要があるのか

以降では、それぞれについて順に見ていこう。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

デジタル時代に求められる日本企業のセキュリティ「10のアジェンダ」

デジタル時代に求められる日本企業のセキュリティ「10のアジェンダ」

7月12日~14日にかけて行われた「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメントサミット」の2日目の基調講演では、ガートナー ジャパン リサーチ ディレクター 礒田優一氏が登壇。「日本におけるセキュリティ・アジェンダのトップ10:2017年」と題し、日本企業が対応すべき事象とそれに対する対応策について解説した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る