ベリトランス、NTTデータの不正検知サービス「CAFIS Brain」を採用 [事例]

[2016/11/10 17:00] ブックマーク ブックマーク

NTTデータは11月10日、ペイメントサービスプロバイダー(PSP)のベリトランスに不正検知サービス「CAFIS Brain」を提供すると発表した。

ベリトランスは、EC事業者とクレジットカード・コンビニ・銀行などの各種決済提供企業間の決済処理を行う総合決済サービスを展開しており、顧客が安心してインターネットショッピングを楽しめる環境の構築に尽力している。今回、さらなる不正被害の抑制に向け、CAFIS Brainの採用を決定した。

同サービスは、オンライン取引において高精度なリスク判定を可能にするというもの。エンドユーザーが操作するデバイス(PC、スマートフォンなど)の情報を抽出し、取引情報と合わせて分析を行うことで、不正な取引を検知する。

採用にあたっては、NTTデータが提供する検知ルール調整のノウハウや総合支援に加え、不正検知に留まらないサービス活用に繋がる可能性を評価したとしている。

従来、NTTデータはCAFIS BrainをEC事業者に直接提供していたが、PSPであるベリトランスに提供することで、ベリトランスの加盟店は手軽に不正検知サービスを利用できるようになるという。

サービスの提供イメージ

加盟店に対し、ベリトランス向けに構築したCAFIS Brain利用環境の提供が開始されるのは、2017年1月の予定。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

サイバー攻撃最前線! 巧妙化する標的型攻撃とIoT機器のマルウェア感染事情

サイバー攻撃最前線! 巧妙化する標的型攻撃とIoT機器のマルウェア感染事情

日本HPは10月25日、モバイルファースト時代のセキュリティ対策と最新技術を紹介するセミナー「熾烈化する攻撃に対抗せよ! 今こそ日本企業に必要な情報セキュリティ対策最前線」を開催した。ここでは、「猛威を振るう標的型攻撃の実態と、今後の予想されるサイバー攻撃最新情報」と題して行われた横浜国立大学 大学院環境情報研究院/先端科学高等研究院 准教授 吉岡克成氏によ…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る