マイナビニュースマイナビ

テクノル、クラウド型統合脅威管理アプライアンスにウェブルート製品を採用 [事例]

[2016/07/13 15:05] ブックマーク ブックマーク

ウェブルートは7月13日、テクノルの小規模事業所向けクラウド型統合脅威管理アプライアンス「MRB-100」に、ウェブルートの予測型インテリジェンス「BrightCloud ThreatIntelligence(BCTI)」がセキュリティ機能として採用されたと発表した。

今回の提携で、MRB-100のセキュリティ機能が強化される。BCTIを基盤としたウェブルートインテリジェンスネットワークでは、IPアドレスやURL、ファイルなど8PB以上の脅威データをクラウド上に保有しており、それらの情報を分析することで予測型の脅威情報を提供する。MRB-100では、その情報をリアルタイムに参照することで、従来型のUTM(Unified Threat Management)などに比べ、より多くの脅威に対応できるという。

また、全てのアウトバウンド通信を監視し、データ送信先のURLとIPアドレスに脅威が含まれている場合には通信を遮断する。これにより、迷惑メールのURLリンクやダウンロード型の脅威を防御できるとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

企業のセキュリティ対策の司令塔「CSIRT」、運用のキモは「情報」と「コスト感」

企業のセキュリティ対策の司令塔「CSIRT」、運用のキモは「情報」と「コスト感」

セキュリティインシデントが発生した場合、鍵となるのは「事前の備え」だ。ファイア・アイが7月12日に開催した「Cyber Defense LIVE Tokyo 2016」におけるパネルディスカッション「インシデントに備えた体制作りとCSIRTの役割」で、「備え」の役割を果たすCSIRTの必要性について、JPCERT/CCの理事らが意見を交わした。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る