マイナビニュースマイナビ

小泉、CRMシステム「Microsoft Dynamics 365」を導入 [事例]

[2021/09/09 15:00]林 雪絵 ブックマーク ブックマーク

日立ソリューションズは9月7日、住宅設備機器の専門商社である小泉が日立ソリューションズの支援の下、「Microsoft Dynamics 365」を導入したと発表した。

Microsoft Dynamics 365はクラウド上で顧客情報などを可視化できる顧客管理システム。小泉ではこれまで、顧客や売り上げデータを管理する「販売管理システム」、営業日報を記録する「業務ポータル」、新規顧客開拓を支援する「営業支援地図情報システム」の3つの業務支援システムを運用していたが、システム間での連携がなく、営業活動の履歴やノウハウの社内共有が十分でない点が課題となっていた。

そこで、既存システム内のデータを統合し、営業活動の可視化と迅速な意思決定が可能な新たなシステムの構築を検討。日立ソリューションズが提供する「Microsoft Dynamics 365 CRMシステム構築サービス」の採用に至った。

構築プロジェクトは2019年10月にスタート。要件定義に基づくCRMシステムの基本設計を日立ソリューションズが担当し、2020年5月に稼働を開始している。

導入後は、営業活動における顧客とのコミュニケーション履歴の可視化ができるようになり、進捗管理に加え、データに基づいた営業戦略の立案/実行が可能になったという。また、従来、同社の営業日報は営業所内PC、もしくは手書きで作成/提出しなければならなかったため、営業担当者が営業所に戻る必要があったが、今回のシステム導入に伴い、営業日報をデジタル化。モバイル対応になり、営業担当者が外出先からPCやスマホで日報を提出できるようになったことで、作業効率が向上し、働き方改革にもつながったとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「サブスク、D2Cの本質はマーケティングの変化」- DX時代の顧客との関係構築方法

「サブスク、D2Cの本質はマーケティングの変化」- DX時代の顧客との関係構築方法

D2C、サブスク、DX......デジタルにまつわる用語が溢れかえる昨今、企業と顧客との関係はこれからどのように変わっていくのだろうか。長年にわたってデジタルマーケティングに取り組んできたシンクロ 代表取締役社長/オイシックス・ラ・大地 執行役員/GROOVE X CMO 西井敏恭氏は、「これらの本質を理解しなければ間違った解釈をしてしまう」と忠告する。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る