[講演資料提供]コミュニティマーケティングを成功に導く3原則とは?

[2018/12/28 08:30] ブックマーク ブックマーク

  • マーケティング

マーケティング

リーダー1人とフォロワー2人の発掘――。
これからのマーケティングで、最も重要になりうる初期作業の1つだという。

第99回 IT Search+スペシャルセミナーのテーマは「コミュニティマーケティング」。国内マーケティングの成功事例として挙がることの多いAWS(Amazon Web Services)においてマーケティング本部長を務めた小島 英揮 氏が登壇し、具体的なノウハウを披露した。

コミュニティ成長のためのマジック3

コミュニティマーケティングとは、その名のとおり、コミュニティを立ち上げ、ファンを醸成していくマーケティング手法だ。目的・理念などの関心軸を共有できる場を作り、強いファンを育成し、指数関数的にリーチできるユーザーを増やしていく。

小島氏は講演の中で、「コミュニティ成長のためのマジック3」として以下の3つのポイントを紹介した。

  • 原則 : 3つのファースト
  • 顧客 : 3つのレイヤー
  • 方向 : 3つの成長軸


原則では、「コンテキストファースト」「オフラインファースト」「アウトプットファースト」を挙げる。注目すべきは、コミュニティに対してアウトプットを促す点。商品やサービスの認知が爆発的に広がるうえ、新たな顧客の獲得、コミュニティの拡大へとつながる重要なポイントだ。

一方、顧客においては、「リーダー」「フォロワー」「ワナビーズ(wanna be)」の3層があると解説。アウトプット能力の高いリーダーだけでなく、リーダーに追随して後押しできるフォロワーの存在が大切で、「少なくともリーダー1人とフォロワー2人が必要」と力説した。

その他、「もしファンを見つけられないのであれば、製品のカイゼンが先決」など、足元を見直すきっかけを与えるトピックスが多数披露された。

同講演のスライドを以下のリンクから無償提供しているので、興味のある方はご覧になってほしい。

講演資料の内容


講演資料は全51ページ。コミュニティマーケティングとは何かという解説から始まり、成功に導くポイントを紹介しています。

マーケティングでお悩みの方は、ぜひお目通しください。

<PDF内容>

  • コミュニティマーケングのポジション
  • Whoからスタートすべき
  • コミュニティマーケングが注目される背景
  • 既存のマスマーケティングの限界
  • コミュニティ成長のためのマジック3
  • 原則 : 3つのファースト
  • 顧客 : 3つのレイヤー
  • 方向 : 3つの成長軸
  • フォロワーがリーダーを作る
  • コミュニティ成長のための3軸
  • 「口コミ」で、B2Bに効果があるのか?
  • もし、ファンがいなければ…
    ……など

>> ダウンロードはこちらから

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「ANAにしてよかった」を実現するためのデジタルマーケティング施策とは?

「ANAにしてよかった」を実現するためのデジタルマーケティング施策とは?

9月4日、5日に開催された「Adobe Symposium 2018」では、ANAから永山 裕氏が登壇。「ANAが考えるデジタルマーケティングから顧客体験向上への変革」と題し、同社が考えるデジタルマーケティングの在り方と顧客体験向上へ向けての施策が語られた。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る