クレディセゾン、CRM/SFA「eセールスマネージャーRemix Cloud」を採用 [事例]

[2018/08/16 16:30] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

ソフトブレーンは8月15日、クレディセゾンがCRM/SFA「eセールスマネージャーRemix Cloud」(以下、eセールスマネージャー)を採用したと発表した。

クレディセゾンでは、法人向け事業のさらなる強化を目指し、営業案件の可視化による予実管理の精度向上、営業スキル強化などを目的に、CRM/SFAの導入検討を開始した。営業担当者やマネジャーがシステム導入後に負荷を感じることなく、情報の入力/管理が可能であることを重視した結果、eセールスマネージャーの採用に至った。

選定にあたっては、PC/スマートフォンを問わず、1度の報告で複数の商材の状況を簡単にアップデートできることや、情報がリアルタイムに共有されるため報告/連絡/相談の手間が削減され、情報共有のための資料を作成する必要もなくなることなどが高く評価されたという。営業情報が可視化/蓄積されることから、eセールスマネージャーを活用した具体的な営業活動をイメージできたことが決め手となった。

同社は、eセールスマネージャーの導入により、情報共有にかかる時間の短縮や営業の生産性向上、営業スキルの向上などを期待するとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3973
2
クレディセゾン、CRM/SFA「eセールスマネージャーRemix Cloud」を採用 [事例]
ソフトブレーンは8月15日、クレディセゾンがCRM/SFA「eセールスマネージャーRemix Cloud」(以下、eセールスマネージャー)を採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/08/16/jirei_thumbnail.jpg
ソフトブレーンは8月15日、クレディセゾンがCRM/SFA「eセールスマネージャーRemix Cloud」(以下、eセールスマネージャー)を採用したと発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
クラウドアンケート

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る