ヒューマンリソシア、「eセールスマネージャーRemix Cloud」を採用 [事例]

[2018/04/24 16:35] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

ソフトブレーンは4月24日、ヒューマンリソシアがソフトブレーンの営業支援システム(CRM/SFA)「eセールスマネージャーRemix Cloud」(以下、eセールスマネージャー)を採用したと発表した。

総合人材サービス会社であるヒューマンリソシアでは、「教育」をバックボーンに多角的な人材事業を展開している。さまざまなサービスを提供するなかで、営業活動の視覚化によって顧客・見込み顧客への接点情報を共有し、営業効率の向上を図ることを目的に、CRM/SFAの導入検討を開始。eセールスマネージャーの採用に至った。

選定にあたっては、eセールスマネージャーに顧客情報を一元化することで、リアルタイムで営業情報が視覚化できることや、簡単な入力でデータを自動的に反映できること、スマートデバイスでの使い勝手の良さなどが支持を得たという。

今回の導入により、より戦略的な営業計画の立案や予実管理の精度向上、業務の効率化などを期待するとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

今、日本企業の営業部門が成果を上げるために知るべき「課題」と「対策」

今、日本企業の営業部門が成果を上げるために知るべき「課題」と「対策」

2月19日~20日に都内で開催されたガートナー ジャパン主催のイベント「カスタマー・エクスペリエンス サミット 2018」では、ガートナー ジャパン リサーチ ディレクター、川辺謙介氏と、ガートナー リサーチ ディレクター、タッド・トラヴィス氏が、「日本の営業組織に求められるイノベーションを考える」と題した講演を行った。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る