マイナビニュースマイナビ

ガイアックス、オウンドメディアに国産MAツール「SATORI」を導入 [事例]

[2017/01/05 17:35] ブックマーク ブックマーク

SATORIは1月5日、ガイアックスがオウンドメディア「ソーシャルメディアラボ」にマーケティングオートメーション(MA)ツール「SATORI」を導入した事例を公開した。

ガイアックスでは、SNSの運用コンサルティングや運用代行、炎上対策に至るまでをトータルで支援するサービスを提供する。かねてより、ソリューションサイトとブログ中心のオウンドメディアを運用していたが、ソリューションサイトから得た見込み顧客の情報管理が属人化していたこと、オウンドメディアに訪れる匿名ユーザーの動向が把握・分析できていないことなどが課題となっていた。

そこで、ナーチャリングの推進や、新規リードの獲得を目的にMAツールの導入を検討。使い勝手が良く、導入・運用コストが予算感にマッチしていたこと、拡張性の高さ、導入実績などから、SATORIを選定したのだという。

SATORIでは、企業のサイトを訪れただけの匿名ユーザーと、何らかの問い合わせをした(メールアドレスの提供があった)実名ユーザーの行動履歴を統合管理して可視化するほか、指定したセグメントに属する匿名ユーザーに対して外部サイトの広告配信でアプローチしたり、ポップアップで情報訴求したりといったことが可能になっている。

SATORIの導入後は、匿名・実名の見込み顧客を紐付けて一元管理し、少人数体制でも適切なアクションを実行できる運用基盤と、オウンドメディアに訪れる月間数十万の匿名ユーザーを実名化するための仕組みを確立できたとしている。

匿名ユーザー・実名ユーザーを統合管理するSATORIのイメージ

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「次の100年」を見据えたIoT活用 - ヤンマーが挑むブランディング戦略とは?

「次の100年」を見据えたIoT活用 - ヤンマーが挑むブランディング戦略とは?

マイナビニュースは12月7日、「マイナビニュースフォーラム2016 Winter for データ活用 ~IoT時代の機先を制す~」と題したイベントを開催した。本稿では、ヤンマー 経営企画ユニット ビジネスシステム部部長 矢島孝應氏による基調講演「テクノロジで、新しい豊かさへ 顧客サービスを変革するヤンマーのIoT戦略」で語られた同社のIoT戦略についてレポー…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る