PowerShell 7の学習用YouTubeリンク集

【連載】

PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方

【第99回】PowerShell 7の学習用YouTubeリンク集

[2020/05/18 07:00]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

Microsoftは2020年5月11日(米国時間)、「PowerShell 7 Video Series | PowerShell」において、PowerShell 7の新機能や変更点などを説明した動画を公開した。PowerShell 7をめぐる新機能や変更点のうち、特に注目度が高い部分に絞って説明が行われている。

PowerShell 7 Video SeriesPowerShell 7 Video Serie

当然全て英語の動画なのだが、スクリーンにはターミナルや開発環境が表示され、コードや実行結果などが表示されている。英語が苦手でも、画面と合わせて見ることである程度は理解できるのではないかと思う。全部で10本の動画が公開されており、全部視聴しても1時間未満だ。講義だと捉えて全て見るのも悪くない。

以降ではそれぞれの動画のリンクと、動画で取り上げている内容の簡単な説明をまとめておく。動画を選ぶ際の参考にしてもらえれば幸いだ。

Introduction


5分31秒。Windows PowerShell/PowerShell Core/Power Shell 7の簡単な変遷と構成要素の説明、PowerShell 7ユーザーシェア推移、PowerShell 7の簡単な概要紹介など。PowerShell 7はLinuxユーザーの利用が多いことがわかる。PowerShellやPowerShell 7についてすでに概要程度の知識があるのであれば、見なくてもよいだろう。

New Operators


11分32秒。PowerShell 7に導入された新しい演算子「三項演算子 ? :」「ヌル合体演算子 ??」「ヌル合体代入演算子 ??=」「パイプラインチェイン演算子 && ||」の説明。PowerShell 7に導入された新しい演算子はコード量の削減と見通しの良さに寄与するので、ぜひ使い方を見ておきたい。動画は従来の書き方をした場合と新しい演算子を使った場合の書き方を順番に説明しておりわかりやすい。

ForEach-Object -Parallel


5分8秒。PowerShell 7のForEach-Objectに追加された並列処理機能(-Parallelパラメータ)の使い方を説明。FoeEach-Objectに「-Parallel」が追加されたことで処理を明示的に並列化することが可能になった。有効的に活用できるかどうかはケースバイケースではあるものの、うまくいけばコアの数までシームレスな高速化が可能になる可能性がある。PowerShellスクリプトの高速化を検討している場合には見ておきたい動画。

Performance Improvements


6分21秒。Windows PowerShell 5.1とPowerShell 7の性能を比較したデモ動画。ForEach-Object、実行空間の生成、進捗バー表示処理、Format-Table、.NET Core 3.1などによるパフォーマンスの向上について解説。スクリプト自体に変更はなく、実行時間が短くなるというもの。どの程度高速化するか確認しておきたい場合には見ておきたい。

New $ErrorView


6分45秒。新しい$ErrorViewの説明。PowerShell 7ではエラー出力の内容をある程度変更できるようになっている。表示されるエラーメッセージを減らしたいとか、逆にもっと詳しくエラーの内容を知りたいといった場合にはこの動画を見て、$ErrorViewやGet-Errorの使い方を把握しておきたい。

Windows PowerShell Compatibility


5分17秒。PowerShell Coreが公開された段階で、Windowsに依存していた機能Set-Clipboard、Get-Clipboard、Get-Counter、Out-GridView、Show-Command、Get-Help -ShowWindow、Update-List、Out-Printer、Clear-RecycleBin、Test-ConnectionなどはPowerShell Coreから削除されていた。PowerShell 7ではこうした機能が戻っており、Windows PowerShellとの互換性が向上している。どのような機能が復活したのか知りたい場合にはチェックしておきたい。LinuxやmacOSでの使用を想定している場合には、逆に知らないほうがよいかもしれない。

VSCode for PowerShell Editing


6分30秒。Visual Studio CodeでPowerShell 7を使う方法を解説。どの拡張機能をインストールすればよいか、PowerShell ISEのように使うにはどうすればよいか、などを説明している。Visual Studio Codeを使う場合にはざっと前半を見ておくとよいだろう。

Maintaining an Open Source Project


2分23秒。PowerShell 7とオープンソースの関係やGithub.comを使った開発体制などを説明。PowerShell 7の開発そのものに興味がある方にお勧めしたい。

What’s Next for PowerShell


8分26秒。PowerShell 7.0.0リリース以降の開発についてまとめた動画。次期バージョンへ向けたリリーススケジュール、基礎コンポーネントのアップデート、PowerShell 7.1に導入を予定している機能などが説明されている。次のバージョンの新機能が気になる場合には要チェックだ。

Conclusion


48秒。簡単なまとめと締めの挨拶程度だ。

動画も有効活用しよう

最近ではYouTubeにアップロードされる動画を参考にして勉強したり、新しい取り組みの際の参考にしたりという行為が日常的に行われるようになった。動画には、テキストデータとはまた違った良さがある。複数の資料を使って、効率良く学習をしていきたいところだ。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン

AIには、ルールベース、機械学習、深層学習(ディープラーニング)の3つのレベルがあり、レベルが上がるに連れてより高度な人工知能を実現しますが、AIのスピンオフという位置付けで、Digital Labor(仮想知的労働者)によるホワイトカラー業務の自動化を実現するRPAが注目されています。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る