PowerShellGet 3.0 - インストール方法

【連載】

PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方

【第96回】PowerShellGet 3.0 - インストール方法

[2020/05/01 15:30]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

既存のPowerShellGetとプレビュー版は同時に使える

PowerShell 7.0.0にはすでに「PowerShellGet 2.2.3」がインストールされている。このため、現在開発が進められているPowerShellGet 3.0プレビュー版を試用することは難しいと考えるかもしれないが、インストールすれば「PowerShellGet 2.2.3」と「PowerShellGet 3.0 Preview 1」を両方同時に使うことができる。前回紹介したように名称に「PSResource」という名前が含まれるように統一されているため、従来のモジュールとは別の名前で操作可能だ。

PowerShellGet 3.0 Preview 1で提供されている機能はまだ必要最小限で、これをPowerShellGet 2.3.3の代わりに使うというのは難しいが、ちょっと試してみるには良いタイミングだろう。

PowerShellGet 3.0 Preview 1のインストール方法

PowerShell 7.0.0をインストールした段階では、次のようにPowerShellGet 2.2.3がインストールされていることを確認できる。

PowerShell 7.0.0にインストールされているのはPowerShellGet 2.2.3

PowerShellGet 3.0 Preview 1は、次のようなコマンドでインストールおよび登録を行うことができる。

Install-Module PowerShellGet -Force -AllowPrerelease
Register-PSResourceRepository -PSGallery

実行すると次のようになる。

PowerShellGet 3.0 Preview 1インストール実行例

上記のように、「Install-Module PowerShellGet -Force -AllowPrerelease」でPowerShellGet 3.0 Preview 1をインストールしただけでは使うことはできない。「Register-PSResourceRepository -PSGallery」と実行することでPowerShellGet 3.0 Preview 1のコマンドレットを利用できるようになる。

PowerShellGet 3.0 Preview 1を使ってみる

PowerShellGet 3.0 Preview 1にはPowerShellGet 2.2.3に用意されているのと似たようなコマンドレットが用意されている。しかし、デフォルトの出力スタイルは違っているし、提供されているオプションも異なっている。

PowerShell 2.2.3とPowerShellGet 3.0 Preview 1は提供されている機能がちょっと違う

ただし、全く別物というところまで作り変えられているわけでもないので、ある程度はこれまでと同じように操作できる。基本的なところはこれまでと同じだと思っておいてよいと思う。

PowerShellGet 3.0 Preview 1操作サンプル

これまでにPowerShellGetを使ったことがあるなら、まずはこれまでのPowerShellGetと同じ要領でPowerShellGet 3.0 Preview 1で提供されているコマンドレットを使ってみよう。ほとんど同じようなことができる。PowerShellGetを使ったことがないのであれば、Find-PSResourceとInstall-PSResourceなどのコマンドレットを試してみてほしい。

プレビュー版ということに注意

一通り使うことはできるので全てPowerShellGet 3.0 Preview 1で扱っていきたい気持ちになるのはわかるが、いくつか注意も必要だ。まず、基本的なところは押さえられているが、いくつかの機能はまだ実装されていない。また、インストールしてもコマンドレットからはアンインストールも難しい。これはバグというよりもまだ実装されていない、または、まだ対応していないことが理由だ。

こうしたことを考えると、現段階ではプレビュー版ということであくまでも試用を目的に使ってみるというくらいがよいだろう。筆者が試してみた印象では、端々からいろいろと整理されていて扱いやすい。正式版の登場が楽しみだ。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン

AIには、ルールベース、機械学習、深層学習(ディープラーニング)の3つのレベルがあり、レベルが上がるに連れてより高度な人工知能を実現しますが、AIのスピンオフという位置付けで、Digital Labor(仮想知的労働者)によるホワイトカラー業務の自動化を実現するRPAが注目されています。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る