Windows 10でLinuxを使う (その40) - ファイルエクスプローラからLinuxを起動(未来編)

【連載】

にわか管理者のためのLinux運用入門

【第153回】Windows 10でLinuxを使う (その40) - ファイルエクスプローラからLinuxを起動(未来編)

[2018/11/20 07:00]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

Microsoftは「What’s New for WSL in the Windows 10 October 2018 Update」において、今後のアップデートでWindows 10に取り込まれる予定になっているWSL関連の新機能について伝えた。今回は、ここからファイルエクスプローラの新機能について取り上げようと思う。

現在の機能ではファイルエクスプローラからPowerShellが起動できるようになっている。次のように、ファイルエクスプローラで表示しているフォルダからPowerShellを起動するためのコンテキストメニューを表示させることができる。

ファイルエクスプローラからPowerShellを起動

この方法で起動すると、起動するPowerShellのカレントディレクトリ(カレントフォルダ)がファイルエクスプローラで表示していたパスになる。例えば、「C:\Users\」を閲覧している状態でコンテキストメニューからPowerShellを起動すると、次のように最初のパスが「C:\Users\」になる。

ファイルエクスプローラの閲覧していたパスでPowerShellが起動してくる

ファイルエクスプローラで閲覧する場所を「C:\Users\daich\Documents\」に変更した状態で、同じようにコンテキストメニューからPowerShellを起動すると、次のように「C:\Users\daich\Documents\」をカレントディレクトリ(カレントフォルダ)として起動する。

別の場所を閲覧中に起動すれば、そのとき起動していたパスでPowerShellが起動する

今後のアップデートで、この機能がWSLで動作するLinuxにも適用されるようになるとされている。次のように、コンテキストメニューに「Open Linux shell here」という項目が表示されるようになり、ここからLinuxが起動できるようになるわけだ。

ファイルエクスプローラのコンテキストメニューにLinux起動項目が追加される見通し - 資料: Microsoft提供

ちょっとした変化なのだが、これはとても重要だ。Linuxが動作するようになったとは言え、Windowsにおけるファイル操作はファイルエクスプローラが基本である。このアップデートで、Linux環境をWindowsのツールとしてよりシームレスに利用できるようになるわけだ。

デフォルトLinuxディストリビューションを設定する方法

最終的にどういったUI/UXが提供されるのかはわからないが、Microsoftの記事が投稿された段階では、コンテキストメニューから起動できるLinuxディストリビューションはデフォルトのLinuxディストリビューションだとされている。複数のLinuxディストリビューションをインストールして使っている場合には、扱いやすいようにデフォルトのLinuxディストリビューションを変更する必要があるだろう。

デフォルトLinuxディストリビューションの変更はwslconfigコマンドで実施できる。主に次の使い方を知っておけばよいと思う。

コマンド 内容
wslconfig /list インストールされているLinuxディストリビューションを一覧表示
wslconfig /setdefault ディストリビューション名 デフォルトのLinuxディストリビューションを設定

例えば次のようにwslconfigコマンドに/listパラメータを指定すると、Windows 10にインストールされているLinuxディストリビューションを一覧表示させることができる。

インストールされているLinuxディストリビューションを一覧表示

一覧表示される名前がそのままディストリビューション名になっているので、デフォルトのLinuxディストリビューションを変更した場合には、この名前を使ってwslconfigコマンドを次のように使用すればよい。

wslconfigコマンドでデフォルトのLinuxディストリビューションを変更

wslconfigコマンドでは/setdefaultパラメータでデフォルトのLinuxディストリビューションを設定できる。この方法を使えば、ファイルエクスプローラから起動されるLinuxディストリビューションを変更することが可能だ。

ただし、最終的にはコンテキストメニューから複数のLinuxディストリビューションが選択できるようになるかもしれないし、細かいところは今後変わる可能性もある。知っておいて損はしない方法なので、どこかにメモしておいてもらえればと思う。

細かいけれど大切な変更が続くWSL

WSL関連の機能追加は、ビルダーリリースごとに少しずつ取り込まれている。一つ一つはそれほど目を引くような改善や新機能ではないのだが、動かないとストレスが溜まるような部分がピンポイントで改善されている。普段使いする際にはこうした細かい改善が効いてくるので、今後のアップデートが楽しみだ。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
4175
2
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [153] Windows 10でLinuxを使う (その40) - ファイルエクスプローラからLinuxを起動(未来編)
Microsoftは「What's New for WSL in the Windows 10 October 2018 Update」において、今後のアップデートでWindows 10に取り込まれる予定になっているWSL関連の新機能について伝えた。今回はここからファイルエクスプローラの新機能について取り上げようと思う。
https://news.mynavi.jp/itsearch/files/mynavi20151210_linux_300-250.jpg
Microsoftは「What's New for WSL in the Windows 10 October 2018 Update」において、今後のアップデートでWindows 10に取り込まれる予定になっているWSL関連の新機能について伝えた。今回はここからファイルエクスプローラの新機能について取り上げようと思う。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る