Windows 10でLinuxを使う (その8) - 独立して使えるsshdサーバ(未来編)

【連載】

にわか管理者のためのLinux運用入門

【第106回】Windows 10でLinuxを使う (その8) - 独立して使えるsshdサーバ(未来編)

[2017/12/26 10:00]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

いつでも使えるsshdサーバ on WSL

このところ結構頻繁にWSL(Windows Subsystem for Linux)関連の開発情報が公開されている。MicrosoftはWSLを開発対象と捉え、今後も積極的に開発リソースを投入していくようだ。WindowsでUNIX系環境を使いたい開発者にとってこれは嬉しいことだと言える。次のアップデートがいつになるのかはわからないが、今後のリリースにこうした機能が取り込まれることになれば今よりもすごく便利な状況になる。

最近では「Announcing Windows 10 Insider Preview Build 17063 for PC」において、開発段階にあるWindows 10 Insider Preview Build 17063でsshdを独立して利用できるようにしたと報告があった。これはWSLを使っていこうと考えているすべてのユーザーにとって朗報だ。

Windows 10 Fall Creators Updateの段階でもWSLのUbuntuでsshdサーバを起動させれば、外部からsshを使ってUbuntu on WSLにログインすることができる。しかし、これはUbuntuのコンソールターミナルが少なくとも1つは立ち上がっている必要があり、そこでsshdを起動させておく必要がある。起動しておかないと、次のような感じで当然ながら接続できない。

Ubuntu on WSLのコンソールターミナルを少なくとも1つは起動しておかないとsshdは動作してくれない

最近WSL関連でバックグラウンドタスク機能が実装されたことはcronを取りあげたときに紹介した。この機能を使うことでsshdを自動的に起動させておくことができるようになったようだ。こうすることでコンソールターミナルを起動していない状態でもsshdを実行させておくことができ、外部からssh経由でログインできるということだ。

知らない方も多いんじゃないかと思うが、Windows 10 Fall Creators Updateではベータ版だがWindowsネイティブなsshおよびsshdが導入できるようになっている。これを使えばWindows 10のコマンドプロンプトやPowerShellからssh接続できるのだ。これはなかなか魅力的な状況である。

Windowsネイティブなsshを有効にする方法

というわけで、Windowsネイティブなsshクライアントをインストール(有効化)する方法を紹介しておこうと思う。有効化は設定アプリケーションからできる。設定アプリケーションを起動し、「アプリと機能」を選択したら、表示されるページから「オプション機能の管理」をクリックする。

「設定アプリケーション」→「アプリと機能」→「オプション機能の管理」をクリック

「機能追加」からOpenSSH Clientを選択してインストールする。インストールが完了すると次のような感じで「OpenSSH Client (Beta)」がリストに表示される。

インストールされたOpenSSH Client (Beta)

ここでいったんシステムを再起動すると、コマンドプロンプトやPowerShellでsshコマンドが利用できるようになる。あとは通常のsshの使い方と同じだ。

Windowsでネイティブに使用できるsshコマンド

WSLとの関連性は不明だが、MicrosoftはUbuntuでよく使われるコマンドやAPIをWindowsにマージする取り組みを進めている。Windows 10 Insider Preview Build 17063ではbsdtarとcurlがWindowsネイティブなコマンドとして移植されたし、UNIXソケットもAPIとしてカーネルドライバに取り込まれたようだ。macOSほどとはいかないだろうが、今後のWindows 10はネイティブに使えるコマンドが増えることにもなりそうだ。今後の展開が楽しみだ。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3358
2
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [106] Windows 10でLinuxを使う (その8) - 独立して使えるsshdサーバ(未来編)
WSL関連でバックグラウンドタスク機能が実装されたことはcronを取りあげたときに紹介した。この機能を使うことでsshdを自動的に起動させておくことができるようになるとMicrosoftから発表があった。コンソールターミナルを起動していない状態でもsshdを実行させておくことができ、外部からssh経由でログインできるようになる。Linux管理者には朗報と言える機能だ。
https://news.mynavi.jp/itsearch/files/mynavi20151210_linux_300-250.jpg
WSL関連でバックグラウンドタスク機能が実装されたことはcronを取りあげたときに紹介した。この機能を使うことでsshdを自動的に起動させておくことができるようになるとMicrosoftから発表があった。コンソールターミナルを起動していない状態でもsshdを実行させておくことができ、外部からssh経由でログインできるようになる。Linux管理者には朗報と言える機能だ。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
エイプリルフールの舞台裏
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る